ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2018.07.19 Thursday

【新商品】ケヤキの色違いティアドロップペンダント

売り切れておりましたティアドロップを6点作りましたよ~。

 

今回はね、前後で色違いにしてみたんです。2つの画像は同じ商品の裏表。

 

 

横並べ版。

 

で、この色違いのミソはですね、色は違うのだけど木は同じという点です。

 

橙色が通常ケヤキ。灰褐色が埋もれ木ケヤキ。・・なのです!

 

通常ケヤキってのは伐採、乾燥を経て材になった普通のケヤキ材。埋もれ木は何らかの理由で地中に埋まり、条件的に腐らないでいたため、長い年月をかけて炭化し始めて灰褐色に変化したケヤキです。

 

それを張り合わせるってなんか、なんか、なんか・・・ケヤキ先輩と後輩の邂逅なんじゃない。とか思いを馳せながら作りました。

 

石は右からアクアマリン・ブラウンルチルクォーツ・シトリン・ブルーレースアゲート・ターコイズ・アベンチュリンです。

 

売り場はこちらです→VOCKティアドロップペンダント

 

@vock108

 

2018.07.18 Wednesday

【新商品】カラーリング木製クライミングホールド

カラーリング木製クライミングホールド発売になりました。

 

ボルトオン

 

スクリューオン

 

ポジティブの部分を従来どおり柿渋塗装を行っており、ネガティブな部分をカラーリングしています。カラーリング部分はフリクションがほとんど死んでいるので、プラスチックホールドのデュアルテクスチャーのような感じです。

 

画像クリックで売り場へ移動します。よろしければネットショップの方もご覧くださいませ。

 

 

@vock108

2018.07.11 Wednesday

【クライミングホールド】親方と左官の坊っちゃん

ホールド製作やってます。先日柿渋塗装を終えて仮セット組をしました。

 

スクリューオンホールド

 

ボルトオンホールド

これから着彩をするのでこの時点でセットを組んでおく必要があります。

 

関係ないんですけど、現場に左官の坊っちゃんもおりまして、トロ舟(コンクリを混ぜたりするのに使う箱)で砂場を作ってあげたら大喜びです。

気が乗ってしまい仕事を手伝うと言って近づいてきます。

 

断ると・・・泣きます。

↑注文を受けて作ったキャンパスラングを柿渋塗装中。

 

だって、坊っちゃんまだチョキが親指と人差指レベルなんだもん。親方としては見習い以前の要注意人物扱いです。

 

さて、親方は坊っちゃんが保育所に行っている間に一日かけてマスキング作業をせねばなりませぬよ。

2018.07.11 Wednesday

【インストラクション】女性率増!

先日のピラコニムウォールの無料ボルダリング教室は女性5名・男性3名でした。

 

女性が多いのは華やいでいいよね〜。

 

15年以上前はクライミングジムには野郎臭が充満していたわけです。熱気&狂気without色気。

 

その蒸れ蒸れ空間を女性がマイルドに換気してくれたからクライミングはメジャーになれたのかもしれない・・・。

 

というわけで女性が増えるというのはこの教室にしても良い傾向だと考えておるわけです。

 

 

女性と男性の生徒の違いは

 

女性:非力ゆえにムーブを理解しようとする傾向がある

男性:筋力があるのでムーブの理解に苦しむ傾向がある

 

ボルダリングにおけるムーブとは最小限の力で最大限のパフォーマンスを得るための技術なので、ムーブの理解が深い女性にムーブを理解しないマッチョマンは勝てないわけです。

 

ボルダリングはマッチョスポーツではありません。『理解のスポーツ』ですので、どしどし女性の参加お待ちしております。

 

もちろん野郎共も待ってるぜぇ〜。

 

無料教室】

【開催日時】
7月 9日(月)18:30〜20:30 
7月18日(火)18:30〜20:30
7月26日(木)18:30〜20:30


参加料金無料!!
初心者の方はもちろんですが、リピーターの方でも大歓迎!
講師の指導を受けながらクライミング体験ができますよ!

定員は10名程度。また、事前申込が必要(各教室開催の2日前まで)となりますので、お早めにお申し込みください!
(0167-56-2124 地域振興対策室 藤田・大谷)
※「利用者証」は無料教室にて講習を受けていただいた方にのみ発行いたします。

6月29日(金)18:30〜20:30も開催します!
 お気軽に連絡してください!

 

問い合せ・担当窓口

企画商工課 地域振興対策室

電話:0167-56-2124

ファックス:0167-56-2184


 

【無料開放】

【開催日時】
7月 5日(木) 17:00〜20:00
7月31日(火) 17:00〜18:00(トマム夏祭りと同時開催!!)

参加料無料!!
事前申込みをしなくてもクライミング体験が可能です!
役場職員による注意事項説明をご理解の上、体験にご協力くださいますようお願いします!

 

2018.07.04 Wednesday

【ニニウボルダー】神ライズ(仮)

すごい久しぶりに岩の事なんですけど、これニニウの神の魚ボルダー。

再開拓に携わらせていただき大変思い出深いボルダリングエリアなんだけど、ここ数年は子供クライミング教室で訪れる程度だったのです。

 

実はずーっと心の隅で気になっていたラインがありまして、神の魚ボルダーを真裏からトラバースして神の激運を抜けたら充実度高そだなーと思っていたのです。

 

で、心の隅掃除に先日登ってみたのです。

誰でもやりそうなラインだけどトポに記載が無いラインなのでニニウトポを管理している旭川ボルダリングのサイトの掲示板に書き込みをし、確認待ちなのですが、とりあえずトポに記載がないので(仮)で【神ライズ】とでもしておきましょう。

 

ライズって、あの夕方頃に水面を魚が跳ねるやつのことね。

 

スタートは真裏に斜め両手ガバがあり、そこからトラバース。そんで【神の魚】であり【神の激運】に合流するだけ。

 

【神の激運】の核心である1手目(人によっては2手目)がトラバースで体力を削られているので精度が出しにくく、届くけど外しちゃう感じです。これが非常に悔しい。

 

でさ、画像と動画でパンツが違うじゃないですか。別日なのかな〜と思うでしょう。同日なのです。

 

この日はその一手に阻まれ、夜にクライミング教室があるので余裕を持って早く帰った。家に戻って着替えて・・・「あ〜っ、カメラを岩場に忘れてきたー!そして天気予報は夜から雨!?」というわけで急遽岩場にトンボ返り。

 

岩場に到着。滞在猶予5分弱。一発だけ打っておこう・・・の一発で登ったのです。そしてカメラを回収。クライミング教室に直行。慌ただしかったけど教室にも間に合った。

 

グレードなんだけど、これを登る前にイマジンブレイカーのシットダウン(初/二段)も登った。それより苦労したので、二段?・・・二段ってほどは難しくはない感じ。上手くはまればすぐにでも登れた感がある。

 

難しめの初段ってとこ?そんなとこ?

 

ま、いいか。ともあれですね、思っていた通り充実度の高いラインでしたのでオススメ。

 

 

※課題名が既にあったら教えてくださいませ。訂正いたします。

2018.07.02 Monday

【クライミングホールド】子供用ホールド

現在、ホールド製作の日々を暮らしております。

 

んまあ、疲れる。起床時の腕の状態が「死んでんなー」で、一日が始まるのかと思うと心もちょっと死ぬ。

 

先日、クライミングで故障しないためにはクライミング筋ではない筋肉も鍛えたほうが良いと聞いた。つまり、引きつけ筋だけではなく押し上げ筋も鍛えたほうがバランスが良く故障しにくいんだとか。

 

というわけで、子供の高い高いをセルフケアの一環としてやるようになった。

 

加えて、ホールド作りでは内側に捻る筋肉の使い方をします。

 

僕が何年もクライミングによる故障がないのもこれらが総合的に作用しているのかも知れません。

 

だから起床時は「腕、死んでんなー・・・いい意味で」であり、一日の始まりに今後の末永いクライミング人生を喜ぶべきなのかも知れない!

 

 

こちらは先日お客様にお送りした子供施設様ホールドセット。

分厚いガバは子供の小さい手にはスローピーになってしまうので子供の手に収まりやすいガバを想定してシェイプさせていただいております。もちろんお子様たちのこれから始まってしまうかも知れないクライミング人生に期待も寄せつつ~。

2018.06.27 Wednesday

【木製クライミングホールド】滑り込み柿渋塗装

天気予報、ここいらはずーっと雨ね。

 

ギリギリ滑り込みで最後の晴天日に柿渋塗装が出来ました。

半々に分けてんの。

 

こっちはご注文品で全柿渋塗装。

 

こちらはネットショップ用に作っているカラーリング用。

柿渋を塗っていない部分をこれからペイントします。

 

が、まだ数がまとまっていないのでこの倍以上は作ってからセット組に入るつもりなのでこの時点でしばし放置。

 

雨だしホールド作りに勤しもう~。

2018.06.23 Saturday

【クライミングホールド】修行の一環

ブログの内容が課題セットやイントラばかりで、いよいよ鞍替えしたのか!?・・・と思われていやしないかってVOCKの代表としてはドキドキっす。

 

しっかし、それらも全て良いホールド作りのための修行の一環だったのです!!

 

【セッター業を受ける事でセッターが欲するホールドを身をもって知れるの巻】

シェイパー一辺倒だとシェイプしていて楽しい方向、つまり作り込みがち。しかしながらセッターは幾通りもの持ち方ができちゃうようなホールドは迷惑だったりします。なぜなら行動を制限させることで特定のムーブに導き面白さを演出したいからです。なわけで、基本的にシンプルな方が良い。

 

【インストラクション業を受ける事で初心に返れるの巻】

悲しいかなありがたいかな、クライミング歴が20年近くなり8級〜4級あたりに苦慮する感覚が喪失しています。通常触りすらしないグレードとなってしまっておりますが、実はクライマーとして大半の人は4級以下のグレードを楽しんでいるわけです。インストラクションとして初心者に教えたり一緒に登ることで初心を取り戻せます。つまり初心者の気持ちに寄り添ってシェイプ出来るのです。

 


 

とまあ、理由を後付けしてみましたがホントです。

 

シェイプもセットもイントラもひとつの環であります。その環を巡回しながらそこかしこで学べる機会を得られている現在は非常に恵まれた環境であるのです。感謝。

 

最近はスクリューオンホールド製作。お子様施設からのご注文でお作りしております。

 

多めに作っているのでネットショップの方にもまわしたいと考えています。

2018.06.22 Friday

【インストラクション】身体ごと!

先日はトマムのボルダリング教室でした。

 

すこぶる仲良くやっています。今回は5人。(ほんとはもう一人いた)

髪を切ったので「何かあったの?」とか「失恋か!?」などと聞かれます。が、今年38になる男がそんな事では髪を切ったりしませんよ。

 

真相はもっと酷くて、全然髪のケアをしないでいたら枝毛だらけになって、元理容師の妻に指摘されるまで枝毛に気づきすらせず、じゃあってんで妻にお任せコースで切ってもらった次第です。むしろボサボサカッケーくらいに思っていましたが切ったら楽。

 

閑話休題、ボルダリングだぜ。

今回のお題は【身体ごと】でした。

 

初心者たる者、一生懸命手を伸ばしたがる。しかしながら届かぬ事、多々あるでしょう。

 

クライミング的には身体がホールドに近づいてから手を出せばいいのだけど、なかなか身体が、つまり軸が動くという事ができません。・・・本人は動いている気満々な事多しですが、ギャラリー目線ではピタリと止まってます。

 

というわけで、身体ごと近づいて手を出す練習をしました。

 

1.重心である腰が先行

2.足に体重が移る

3.足の上に重心があると足の屈伸による押し上げ準備OK

4.足の屈伸で身体を押し上げ切ったタイミングで手が出る

 

とまあ、基本はこんな感じ。身体が押し上がらず、手だけ伸ばしても遠いホールドは遠いままなのです。

 

言われても感覚として理解するのには時間がかかるでしょうが意識にとどめておけば理解も速いと。

 

これを留意せず、リーチ問題に逃げてしまうと著しく成長を妨げる可能性があります。

 

別にやっている子供のクライミング教室でも顕著で、リーチで出来ないと決めつてしまう子と、試行錯誤をする子で圧倒的に伸びが違います。後者はどんどん足技のレパートリー増し、上達します。

 

【身体ごと!】を意識して登ってくださいまし。

2018.06.15 Friday

【課題セット】クライミングジム十勝 マントラ壁 2日目 3日目

勝手に通称ですがマントラ壁の3・4級の設定終わりました。

 

4級の一番変な課題はコレ。

昨晩より開放されておりますが、人気課題らしいよ。短いし力はいらない。ぐるっと回るて立つだけ〜。何通りかやりようがあるらしいです。

 

これ、3級の好課題だと思う。

GIF時はちょっと難し過ぎて、現在の5手目のホールドを変更しており、足は切れないと思う。

 

それと最後の最後に時間が余ったので1級を設定しました。

今月末に転勤になるカチツヨクライマーK君に送るカチ系課題。難しめの1級だと思う。どうだろう?

 

さて、3週間にわたり課題セット2・3・4級の中級ラインを主に担当させていただき、69本設定いたしました。

 

これまではホールドがついた状態から設定をしておりましたが、この度よりホールドの色を分けてホールドを付けながらの設定(全てではない)となりました。制約がある中での設定は頭を使い学びの機会となりました。

 

今回は短期間に大量だったので脳も身体もクタクタっす。それにしても皆様に楽しんでいただければ幸いです。

 

頑張って登ってね〜!

Powered by
30days Album