ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2020.04.08 Wednesday

クライミングジム十勝の課題セット

私の仕事場にしてホームジム、クライミングジム十勝ですが、北海道で非常事態宣言もあり3月いっぱいは臨時休業となっておりました。

 

臨時休業中、私は課題セットの依頼を受け、こちらのエリアのセットをさせていただきました。

画像中の全面。

 

1級から7級まで76本作りました。

 

一ヶ月休業でクライミングジム十勝クライマーも身体が鈍った事と思います。まずはワングレード下げて初めて徐々に取り戻していってください。

 

それからこの度のパンデミック、オーナーも非常に危惧しており、対策の一環としてジム内の全面消毒も行われました。

 

伴い、まさかの新しい課題のテープが消毒薬によって浮いてしまい複数枚脱落する事件がありました。貼り直しはしたのですが、もしかしたらブランクになってしまっている箇所があるかもしれません。その場合、確認し直しますのでオーナーかバイトの子に言伝お願い致します。

 

また、ご存知のように警戒態勢は続いており、

 

・マスク着用

・入店時のアルコール消毒

・上裸の自粛

・風邪の症状のある方の入店をご遠慮いただく場合がある

・場合によっては検温させて頂く場合がある

 

など、施設利用に際して協力が求められております。ご協力お願い致します。

 

 

さて、さらに課題セット続きます。

今月はこちらのエリアをば!

 

2020.04.08 Wednesday

旧小林寫真館の思ひ出

北海道最古の写真館といえば・・・旧小林寫真館。

 

知る人ぞ知る、そして私が結婚写真を撮影していただいた写真館。惜しまれつつ先日閉館となりました。

 

 

私の思い出話になってしまうのですが、私は2011年の1月後半に入籍し、3月11日をきっかけに直線距離にしてだいたい50キロの原発が爆発を始めまして半年間の新婚逃避行の末に北海道に移り住んだのです。

 

移り住んだ当時は疲労困憊。将来の見通し濃霧警報。朧気な意識で日々を過ごしておりました。

 

入籍はしたものの、新婚旅行、披露宴、結婚写真、何もしていなかったので、義理の母よりせめて結婚写真を撮って見せて欲しいと頼まれ、正直あまり乗り気ではなかったのですが、撮影スタジオを探して出会ったのが旧小林寫真館だったのです。

 

レトロ&モダン。人生初のシルクハットを被れる。私は俄然やる気が出てきて函館へと赴いたのでした。

 

そして、私達夫婦を待ったいてくれたのはレトロ&モダンな建物にシルクハット、そしてシルクハットに金髪長髪でマシンガントークの館主にしてカメラマンの谷杉アキラ氏という人物だったのです。

 

当時、朧気に生きていた私は、突如としてはチャーリーとチョコレート工場的なファンタジーの世界に踏み込み、夢現に気づけば被写体として顔を作っていたのです。

 

今でも鮮明に蘇るこの記憶、現実だったのか夢だったのか・・・手元にあるアルバムが現実と言っておりますが、夢の線も捨てきれない私がいるのです・・・。

 

 

 

思い出話が長くなりましたが、4月13日のどさんこワイドでこの旧小林寫真館の閉館が特集され、館主の谷杉アキラ氏の印象深かった客人として私達夫婦が取材を受けたのです。

実は、今でも谷杉アキラ氏とは交流があり、非常に懇意にしていただいているのですが、この度、そこまで思いに残していただけていると存じ上げていなかったので、取材の話を頂いた時分には「なんで私なんかが?」と思いました。

 

しかしながら、非常にありがたいことであり、閉館に際して少しでも餞になればと思い了承させていただきました。

 

放送はSTVどさんこワイド(北海道内)で4月13日の18時台と聞いています。

 

取材はVOCKのギャラリーで受けております。また、使用されるかは不明ですが工房での撮影も少しありました。ほんの少しの出演ですが、よければ見てみてくださいませ。

 

2020.04.08 Wednesday

別れとワークショップ

ちょっと前、3月末の話です。

 

私のクライミング教室の生徒から、小学校の先生が異動するので贈り物をしたい。個人的にワークショップをさせてもらえないかと相談を受けました。

 

もちろんOK。(すみませんが通常は駄目です。あくまで気持ちを汲んでの了承)

 

というわけで、工房にやって来た彼。

私が木工の指導をして、彼は私にYou Tubeの有用性を説いてくれました。噂には聞いていたけれど、今の子供はYou Tubeをすごい見るのね、と実感した。

 

ちなみに、私は実はホラー大好き人間なので仕事中にYou Tubeで怪談の朗読とか聞いてます。自称ホラー上級者の私は怖がらせようとする意志が強いと冷めます。淡々としている中にゾッと瞬間があるのがいいんだよね〜。あと恐怖の正体の説明とかも駄目。意味不明なのがいいのよね〜。

 

だんだんオネエ化して来ちゃうので止めておきますが、1対1のワークショップの魅力は雑談でした。

 

はい、そんなわけで必要以上に時間がかかって出来たのがこちら。

ペアペンダントです。

 

これ、素敵な意味合いが込められております。

 

異動する先生は結婚して、旦那さんと住むため別天地へと移る事になったのです。そこで、彼としてはおそらく近い将来子供を授かるだろうということも考え3つの埋木をしました。

 

グレーが旦那さん・紫が先生・橙色が子供とのことです。そしてペアで作って、木の重ね方のパターンを旦那さん先生で少し変えています。

 

私は粋な計らいだと思いました。

 

後日先生の引っ越しの日に渡し、喜んでいただけたとのことです。偉いぞ!

2020.04.08 Wednesday

入園と受注生産

先日、娘が保育所に入園し、今週から兄妹揃って通園。

微笑ましい!

 

世界的にコロナ騒動で大人は戦々恐々の心持ちですが、子供たちには窮屈な思いをさせず日々を過ごして欲しいものです。

 


 

これらのホールド、受注生産で作らせていただきました。ご自宅の子供用にとの事でした。

 

 

 

子供たちは遊ぶことが学びであり、お仕事。たくさん遊んで素敵なな大人になりますように。

 

ご注文いただきありがとうございました。

2020.03.19 Thursday

【新商品】天然石丸玉と木のペンダント8点

ここのところ、すっかり作っておりませんでしたこのシリーズ。

天然石丸玉と木のペンダント売り場リンク

 

復活です!!

 

別に封印はしていなかったのですが・・・。あっちへふらり、こっちへふらりと仕事千鳥足でなかなか辿り着けない酔っぱらいみたいな感じです、私は。

 

ちなみに私生活ではお酒は嗜みません。なぜなら前述の通り、素面で酔い状態だからです。

 

 

今回は木はエンジュ。病魔を払い寿命を延ばすという延寿です。

 

石は左上から 

ターコイズ→ターコイズ→ローズクォーツ→アメジスト

アメジスト→アメジスト→ブラウンルチルクォーツ→ブラウンルチルクォーツ

 

 

デザインは8点中7点がホールデザインとなりました。

2020.03.19 Thursday

クライミングウォール&木のクライミングホールド 受注

ボルダリング歴が数回というお客様より、仕事場で運動できるように2700ミリ×910ミリで壁を作りたいという相談を受けました。

 

時々壁自体も発注くださるお客様がおります。一度送料を調べてみたところ、トラックをチャーターしなくてはならず、送料だけで10万円とかで、材料自体はどこでも手に入るものなので作り方を教えて上げるに留めておりました。

 

しかしながら、今回の大きさならば分割すればチャーター無しでも行ける、と考え壁ごと承りました。

 

枠。

 

板。

 

木のクライミングホールド。

 

木と枠はバラしますが、ご希望でホールドはこの設定を保持してそのままお送りさせていただきました。

 

また、ホールド配置案を他に2パターン画像でお送りしました。

 

仕事場でちょっと肩が凝ったらばクライミングウォールでストレッチ&息抜き。・・・いつの間にか強くなる。理想的!!

 

ありがとうございました。

2020.03.19 Thursday

【新商品】木のクライミングホールド4セット

木のクライミングホールド4セット品出しいたしました。

 

120°前後で真価を発揮しそうなセット。悪くてイイってのが良い人に。垂壁ならまずまず持てます。

 

これはガバ。クライマーじゃない人も安心なセット。

 

これはフラット以下のジブス。

 

インカットジブス。インカットとはいえクライマー向けです。

 

さてさて、ここ北海道では今日で緊急事態宣言解除とのこと。私の暮らす村では感染者は発生しませんでした。というのも東京23区ほどの広さに1200人だか1300人だったかしか住んでいない。ほとんど森です。こういう時は強み。

 

とはいえ、有名なリゾートホテルがあり、国内外の往来も多いので心配ではありました。夜、ホテルを見上げるもいつも満室のホテルのタワーは1割程度の明かり。今をピークにまた煌々と光るタワーが戻る事を星に願った次第です。

2020.03.12 Thursday

【お客様ウォール】収納に至る

 

お客さまウォール紹介です。

 

この度はちょっと変わり種です。

 

こちらを御覧ください。

 

 

 

階段の側面に点々と散らばる指先系ホールド。

 

今まで階段の手摺としてのホールド依頼などありましたが、この階段というリスキーな場に指先系のホールドとは!?

 

実は宿泊施設で、階段の上にあるレンタル品収納に登るためのホールドで、クライマーであるスタッフさんは登れて、お客様は登れないというシステム。ゆえにお客様安全システム。なるほどアイデアでした。

 

そんな素敵な木を基調にした門構えのお宿はこちらです。

アサヒカワライド

 

北海道の旭川市のゲストハウスです。

 

私も機会を設けて泊まりに行きたいと思っております!!

2020.03.11 Wednesday

地方創生事業のクライミング教室終了!!

ついに3年間の地方創生事業としてのクライミング教室が最終回を迎えました。

いぇーい。

 

思えば手探りで

この状態から始まりました。

 

とりあえずホールドをつけたあの感動。

誰にも言っていなかったかけど、この時、楽しくなっちゃってキャンパシングして遊んでたら仮止めホールドが回って盛大に背中から落ちたのです、私。

 

マットもなかったものだから、衝撃がすごすぎて翌日に声が出なくなっちゃったんだよね。落ちた衝撃で声帯がダメージ。そんな事があるのだって我が身で学んだ思い出。

 

そんな秘密の無声期を越えて課題も完成。

 

地区の夏祭りでお披露目体験会が催されました。もちろんこの頃は声は治ってます。

 

そして二年目はカラーリングホールドを採用。

 

3年目には垂壁面完成。

 

このトマム地区という人口300名ほどの僻地にありながら、近隣の市町村からも多くの人が訪ねてくれる場所になりました。

 

3年間に大きな怪我をした人はおりませんでした。強いて言えば声が出なくなった人がいたとか・・・。まあ、それは別枠という事で。

 

参加下さった多くの方々、どうもありがとうございました。

 

 

 

今後についてですが、村のサークル活動として継続する予定となっております。「村の」と銘打っていますが村外の人も参加可能なサークルになります。

 

現在、書類とルール作りをしているところで、決まったらお知らせいたします。

 

 

2020.03.04 Wednesday

ここ最近

新型コロナウィルスによる騒動で気の滅入る日々が続いております。

 

一日も早く収束することを願うばかり。

 

ここまでの騒動になる直前の先月25日にトマム地区保育所のボルダリング教室を開催しておりました。

大人たちの教室と違ってほとんど付きっきりで世話を見るため写真を撮れず。最後の方にギリギリ撮った一枚。

 

他の子供らはそのへんを走り回っています😅

 

この保育所クライミング教室は第二回ですが、初回ではイケイケで登っていた子が、今回、親が見に来たら泣いちゃって泣いちゃって・・・親で甘えん坊スイッチが入ったみたい。終始泣きながら登っていました。泣きつつも登るは登るんだなぁ〜と感心した。

 

それから、みんなで着地の練習もしました。登りと着地を合わせてボルダリング。着地が下手だと思い切った動きが出来ません。

 

まだまだ上手とは言い難いけれど、一つ一つ出来るようにまた教えていきたいと思います。

 

と、思った矢先に新型コロナウィルス騒動で3月いっぱいボルダリングウォールも利用休止となりました。役場建物内の施設なので順当な判断かと思いますが・・・寂しい限り。

 


 

私としても、まだまだ雪の中とはいえ、北海道にも春に近づきつつあり、クライミングに精を出す気になっていた時分。

 

ホームジムのクライミングジム十勝も念の為の臨時休業となり、気持ちを持て余していたところ隣町の友人のプライベートムーンボードに誘われ、VOCKホールドを携え登りに行ってきました。

ムーンボードの基本が指先系のホールドなので、せっかくなので変化のため大きめのホールドを持っていき、友人はスローパーやラップに喜んでくれました。しばしここで課題を作って身体作りです。世話になる!

 


 

もちろん、木のクライミングホールド作りも日々続けております。

 

ただただ日常が戻ることを祈りつつ、出来る事を手掛ける日々です。

Powered by
30days Album