ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2020.10.30 Friday

【新商品】喜怒哀楽クライミングホールド

日々寒くなっております。今朝は子供たちが水たまりの氷で遊んで、手がかじかんだとの事でストライダー乗車拒否。持たされつつ登園いたしました。

 

岩も冷えるとクライミングも辛くなってきますね。

 

来週にはここいらでは積雪しそうです。

 

さて、ホールドの新作を紹介いたします。

 

ボルト仕様3セット

 

子供向け木の顔クライミングホールド5セットです。

愛着が湧くように色んな表情をつけてみています。

 

喜怒哀楽のあるクライミングホールドとなっております。

 

画像クリックで売り場へのリンクとなっております。

2020.10.23 Friday

日高高校アウトドアコース ボルダリング講習

隣町にある日高高校アウトドアコースの生徒たちがクライミングを習いに来てくれました。

16歳・17歳です。私がクライミング20年生なので、彼らが生まれた頃はというとボルダリングジムでアルバイトしてましたね〜。いやはやなんとも。

 

みんなとても素直&実直な良い生徒で一生懸命学び取ってくれました。

一生懸命故に、最終的には体力が枯渇して笑うしかない状況に突入してしまった生徒もおりました。初心者あるあるで良くわかります。

 

今晩は絶対に熱いマグカップを持ってはいけないと教えました。(分からない人の為に説明すると、手の平が超敏感になって熱さを強烈に感じるから)

 

みんなで自撮り。

でも顔は一応出さないという事で。

 

日高高校は面白い高校でアウトドアコースとスキーコースがあるんだって。若いうちに方向性を定めて学校を選んでいるという点だけでも尊敬。みんなカッコいいアウトドアマンになって欲しいものです。

2020.10.19 Monday

ありがとう!!クラブメッドトマムワークショップ

最近、VOCKインスタグラムがワークショップで埋め尽くされておりましたが、先日の週末にホテルがクローズし、最終回を迎えました。

 

 

土日のお客様の作品を紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どれも素晴らしい作品ばかりです。

 

夏からワークショップをやらせていただいておりましたが、非常にリピーターが多く、最高で4つ制作した人が複数人います😁

 

1つ目が試作、2つ目は挑戦、3つ目は変化、4つ目は熟練・・・そんな感じで私も成長するお客様を間近で感じながら楽しんだ参加者の一人です。

 

大人が考え始めると深いし、子供が適当に作ってもそれなりに可愛らしくなります。それぞれの楽しみ方があって本当に感心することが多かったです。

 

冬シーズンはホテル側の体制が変わり、ワークショップを担当くださった部署自体がなくなるので開催は全くの未定ですが、呼ばれれば喜んで開催したいと考えております。

 

また、他のイベントにも・・・と思いますが世相がなかなか難しいですね。

 

 

2020.10.19 Monday

【新商品】ペンダント各種

アクセサリー制作いたしました。

 

合わせてると実は♡が現れるペアペンダント。

 

木と天然石ペンダント。石は10〜12ミリ。

 

そして、これは本当に久しぶりに制作した20ミリ前後の大型の石が入っている木と天然石ペンダント。

 

それぞれ画像クリックで売り場へリンクしております。よろしければウェブショップへ訪問ください。

 

 

2020.10.06 Tuesday

占冠村保育所のボルダリングウォール

今年の1月ごろに施工させていただいた占冠村保育所のボルダリングウォール。

 

内覧会があって我が家の子供達も見せてもらいました。

 

 

村の子供達もみんな楽しく遊んでくれてるかなー😁

 

 

2020.10.05 Monday

ブログ休止について

今月より、システムの変更があった事に気が付かず、設定の変更をしていなかったためブログが休止になっておりましました。すみません😅

 

 

2020.10.01 Thursday

13周年

本日でVOCKは13周年を迎えました。

 

一重に支えてくださる皆様のおかげと感謝です。ありがとうございます。

 

13年間、木を切っては削り日々を送り続けております。

 

最近ではクライミングに寄せる比重がすっかり減ってしまいましたが、子供がもう少し大きくなるまでは一緒にいたいのでそれはそれで楽しんでいます。

 

クライミングの課題作りの仕事やインストラクションの仕事をいただき、精一杯やらせてもらっています。最近ではワークショップにも励んでおります。

 

歳を重ねるごとに充実している次第で本当に感謝の気持ちがいっぱいです。

 

ついに私も40代となります。私はサラリーマンの父が40歳になった日の事をよく憶えています。ホワイトボードに「40歳おめでとう」と書いて祝ったものです。

 

その頃感じだた40歳という年齢に差し掛かり、私も年を経たものだと深く感じ入ります。子供から見た40歳がすごく大人なのを知っているので、私も大人然としていようと心に誓いました。

 

私は不摂生ではありません。酒タバコに縁がなく、睡眠も十分です。摂生という努力をしているというわけではなくて、たまたまそのようなライフスタイルなわけで、人によってはつまらない人間と思うことでしょう。

 

おかげでか、下腹が出ることもなく、健康上の問題は無いと言えます。

 

時に若者から私のライフスタイルを理想だの憧れだの言われる事もあります。すごく自由に生きていると。

 

実は自由に生きているわけではなくて、たまたまこのようにしか生きれなかった結果が現在であって、自由に対する強い思いがあって努力したり頑張った結果ではありません。それでも羨んでいただける事もあるが非常に照れくさいです。

 

今後もたまたまなライフスタイルを続けていくことが出来たら幸いと願い、VOCKは14年目に突入です。

 

クライミングは力んだら落ちます。力を抜くと次のムーブが生まれます。力を抜いて一生懸命物事に取り組み、最高のクライミングホールド・面白い課題・素敵なアクセサリー・感動の体験などなどお届けしたいです。

 

どうぞよろしくお願いたします!!

2020.09.30 Wednesday

取材動画

先日、取材に来ていただいたインスタグラムなどで活動されている独自メディアのarikiki97さんの動画が公開されたので消化いたします。

 

取材いただきありがとうございました。

 

 

2020.09.23 Wednesday

クラブメッドトマムでワークショップ

4連休・・・クライミング日和が続いておりました。

 

私はクラブメッドトマムの

で連日ワークショップを開催させていただいておりました。

 

ピーク時はこんな感じでせいきょ。

 

インスタグラムを見ていただいている方は知っていると思いますが、最近の私の活動はワークショップが中心です。

 

コロナで予定されていたクライミングスクールの仕事が流れたり、社会情勢の影響はVOCKも受けておりました。そんな折に、クラブメッドトマムよりお声掛けいただき、機会を得てこの夏より提携させていただいております。

 

観光も影響を受けているさなかですが、このようにワークショップの場を設けていただけて感謝です。

 

多忙の折に、写真を撮れていないので全てではありませんが、参加いただいたお客様の作品を紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはアルファベットがモチーフ

 

【A】

 

お客様の成長過程の一枚。

上から作った順。下のは【Y】がモチーフです。

 

このように、当ワークショップは1つ作ると2つ目も作りたくなる。ハマります。いろいろ試してみたくなります。

 

ということから、この度はリピーター率が非常に高く、毎日来てくださった方もおります。

 

所要時間はだいたい1時間前後。小さい子供からお年寄まで参加可能で、デザインは全てお客様にお任せ。熟考される方もいるし、感覚で作る人も。意外と簡単で、想像以上にキレイに完成するのが魅力かと思います。

 

参加いただいた皆様、この度は私にとっても色んな発見があり、感動があり、楽しい時間でした。ありがとうございました!!

 


 

ちなみに・・・当ワークショップVOCKオリジナル。おそらくは他では体験できないのではないかと・・・。木のパーツも既存のキットではなく、全て私が事前に製作しております。

 

 

2020.09.14 Monday

復活のロッククライミングクラブ

オリンピック同様、コロナでのびのびになっていた占冠村自主創造プログラム【ロッククライミングクラブ】がオリンピックに先駆けて再開いたしました。

 

主に、トマムボルダリングウォールで私が教えている生徒さんが参加いたします。

 

 

 

今回はアメリカ人も来た。

 

村の英会話の先生で超好青年。地頭がやたら良く、半年で会話できほどに日本語を覚えた猛者。何事も一生懸命で、クライミングもすごく熱心。普段の教室でも、登れた課題を何度も研究して無理なく登れる様になるまでにする男。

 

ロッククライミングクラブのダイジェストはインスタに動画でもあります。もしよければ見てくださいませ。

 

 

 

Powered by
30days Album