ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
2018.02.19 Monday

【ミルフィーユホールド】着色

ミルフィーユホールド製作の日々です。

 

これ、超デカイ。VOCK史上最大サイズになります。置いてあるスケールは30センチ。

種別的にはガバ。しかも超ガバ。ルーフでダブルトゥーフック蝙蝠が出来そう。超強傾斜以外では存在意義が危うい。

 

他には

スローパーガバ

 

まあまあスローパー

スローパーガバ

 

赤シリーズはちょっと血生臭い気も・・・。

 

紺色系。

スローパーピンチ

 

スローパーピンチ

 

緑系。

甘々スローパー

 

スローパー

 

という感じ。

 

いずれもロゴにワッシャーも入っていないし、柿渋も塗っていない。仕上がるまではもう少し頑張らねばなりません。

 

では最後に、近所で見つけたホールドだったらナイスシェイプを紹介。

ガバなんだなぁ〜。

2018.02.17 Saturday

【ピラコニムウォール】躾

昨晩はピラコニムウォール講習会。

 

こちらはだいぶナイスなムーブが出来るようになってきました。

強引さのない良いひねり込みだね。

 

こちらは

ビーーーンっ!!

 

ナイスゴールでした。ほぼダンクが決まった感じです。成長著しいです。

 

他はイケイケエースの21歳君に気持ち悪い課題を与え、良い意味で凹ましたった。気持ち悪さこそパワーで制御できない部分。優秀なのですぐに理解するでしょう。

 

初めての参加してくださった女性は手厚く最上部までエスコートいたしました。肩こりが酷いそうなので今回の完登で多少なりとも緩和するといいですね〜。

 

んで、いつもの集合写真。

先生の圧倒的浮遊感を見習って欲しいのと・・・

 

左下の既視感がヤバイ。

この講習ではこういうのも躾の対象になりますのであしからず。 

 

それからボルダリングは登っていない時の与太話8割なわけですが、この度のウォールサイドトークの恋話。無責任な感じが先生的にGOODでした。

 

さて、来週22日の講習でとりあえずこのピラコニムウォール講習は二ヶ月ほど休眠予定です。再開の再会は4月下旬を予定しています。最近はメンバーがほぼ固定されてきていますが初めての人もどうぞ気軽にご参加下さい。躾とか嘘なので安心していただいて大丈夫です!!

2018.02.14 Wednesday

【塗装準備】マスキングテープのミルフィーユホールド

ミルフィーユホールドの塗装準備です。

今回からオレンジ色のマスキングテープを使用。品質がよく、作業性アップ&見た目が良い。まあ見た目に関しては結局剥がすんだけどね。

 

北海道、トマムではこの時期いつだって−10℃前後。塗装の硬化には寒すぎるので暖房の効かせ、密閉した部屋での作業。すると頭痛が・・・。

 

つまり、本来トマムでこの時期は塗装に向かないのでしょう。

 

そんなわけで命を削りながらやってんだか殺られてんだか〜。

2018.02.11 Sunday

【重大発表】WHISKEY'S 36 The Final Roundにホールド&セッターで参戦!!

重大発表でやんす!!

 

ほれ〜っ

WHISKEY'S 36 The Final Roundに参戦!!

 

選手じゃないですよ。

 

VOCKにはVOCKの参戦があるのです。

 

ひとつはホールド屋VOCKとしてミルフィーユホールド大量投入!!

 

ひとつはセッターとして課題セットさせていただきます!!

 

セッター陣、GEN Hirashima, Kantaro Hasegawa,asaki,PAX

 

平嶋元氏と亜咲ちゃんとPAX君に挟まれて長谷川勘太郎としては膝が笑うんですけど。

 

ま、笑い膝でビートを刻みつつ、まるで十代かのように「自分らしく」なんつー青臭さを心に秘め、強すぎる人々からのプレッシャーをいなし、何気に最年長者をいい事に求められた同意に全て「だなー」なんて解ってる風に応えて逆にプレッシャーを与えつつ・・・というリハーサルがもう始まってるぜ。

 

つまるところ、すごいセッター陣と仕事が嬉しくはしゃいでるとこです。

 

ホールドは全然ブログに書いてないけど日々製作が続いています。その辺もそろそろ記事にしたいと考えております。

 

WHISKEY'S 36 The Final Roundの概要・申込みは→こちら

 

札幌近郊の皆様3月18日、どうぞよろしくお願いいたします。

 

そして十勝の皆様、僕が寂しがります。是が非でも参加して下さい!!

2018.02.09 Friday

【ピラコニムウォール】腕は鉤縄だぜ講習

昨晩はピラコニムウォールクライミング講習を開催いたしました。

!?

 

気になるよね。

 

他の皆様

 

 

 

 

最近教えているのは

 

「自分の腕を鉤縄だと思って登って下さーい」の巻

忍者が城壁を登るときとかに使っている、これ、『鉤縄(かぎなわ)』です。

 

指先がフック、腕が縄です。

 

論理はフックを掛け、下に引くことでフックが効きます。つまりホールドに指先を掛け、力を抜き指先に体重を預けるとホールドに対して指先が効いてくるのです。

 

ホールドに体重を預けるという感覚があれば最小限の力で留まることが出来ます。その間に足を移動するなりし先を行く体勢を整える事が可能になるわけです。

 

僕なんかは課題セットで一日7時間〜8時間登り続ける必要があるわけですが、この小手先の技でこなしている部分が大いにあるわけです。いちいち身体を引きつけていたらせいぜい3時間でしょう。 

 

「ホールドを持つ」ではなく「引っ掛けて効かせる」と考えてみると良いかもしれません。それをイメージしやすく言うと「自分の腕は鉤縄だ!!」と思えという話なのです。参考までに。

 

最後に、張り切りすぎて見切れた先生とその生徒達

ちゃんちゃん。

 

次回予定

2月16日(金) 18:00〜20:00
2月22日(木) 18:00〜20:00
申込みは占冠村役場企画商工課地域振興対策室0167-56-2124
2018.02.06 Tuesday

【課題セット】クライミングジム十勝と脱力系クライミングのススメ

昨日は元気いっぱいクライミングジム十勝で課題を作ってきましたよ〜。

1級から4級までを20課題設定してきたぜよ〜。昨日はイケイケ、今日は朝から死んでるぜ〜。

 

さて、この度はこの肩甲骨の開き具合を御覧ください。

最近インストラクションをしていて分かったんだけどクライミングに肩甲骨の柔軟性が大事。

 

力む人ほど硬い傾向。ちょっと試しに頭の後ろで手の平と肘をくっつけてみて下さい。それが出来ないとクライミング的に硬いのかも。

 

肩甲骨が柔いと素直に肩が耳脇に来て脱力が状態に入れる(のだと思う)

 

肩甲骨が硬いと肩から力を抜くのが苦手で腕がプルってくる・・・(のように見える)

 

そんなわけで肩甲骨回りを柔らかくすることを推奨しているこの頃。

 

たぶんリーチも伸びるしね〜。

 

関連して、僕はハイステップ得意なのですが、今回の課題も「ハイステップが決まれば楽なんだけどな〜」な課題多い。そこでハイステップ対策をお伝えします。

 

じつはハイステップのコツは脱力状態にあると思う。ハイステップが苦手な人は

 

.魯ぅ好謄奪廚靴茲Δ半綢里鮖ち上げる

 

⊂綢里鮠紊欧襪里墨咾念きつけているのでプルってくる

 

0きつけているので懐が狭く足が上がらない

 

ぢがあっても腕で引きつけているので足に体重が乗らない

 

ジ続Δ来て落ちる

 

という感じが多い。

 

実は

 

|ξ肋態で足ちょい押しで懐を空ける

 

懐が空くので高い位置に足が上がる

 

9發ぢに下半身から引きつけて足に乗り込む

 

っ戮譴鴇緘梢箸追随する

 

ゥ魯ぅ好謄奪彑功

 

という感じでやると良いかと。

 

だから足の柔軟性も必要っちゃ必要だけど、要には脱力にあると思う。ということはやっぱり肩甲骨回りの柔軟性かな!?

 

詳しくはそんな脱力系クライミングを教えさせていただいておりますトマムのピラコニムウォール講習会へ。

 

今月の予定は

 

2月 8日(木) 18:00〜20:00
2月16日(金) 18:00〜20:00
2月22日(木) 18:00〜20:00

 

ですよ。

 

申込みは占冠村役場企画商工課地域振興対策室0167-56-2124(野村・小林)

 

村内外誰でも参加可能で無料です。よろしければどーぞ。

 

最後にオーナーと僕のシンクロクライミングな一枚。

お見事。

2018.02.04 Sunday

【ミルフィーユホールド】ボルダリングジム『レッドポイント』課題セット

北海道の池田町のボルダリングジム『レッドポイント』さんに行ってきました。

 

この度はVOCKの新しいホールドシリーズ「ミルフィーユホールド」をご購入いただき、使用感や見た感じの取材です。

 

で、せっかくなのでホールドセットに合わせてやってきました。

ミルフィーユホールドをセットしてもらいました。

 

 

早速この2つを使った課題を設定。

「わる〜」の一体感!!

 

つまりいい感じということだ。

 

こっちは強傾斜。

 

んまー良くも悪くもフリクションが軽い。誤魔化しが効き辛いのでテクニカルになってきます。だだし、フリクションが軽いと言っても時々あるやたらヌメるプラスチックホールドなどとは違い、木らしい吸い付き感があるのが特徴かと思います。吸い付かせて持つという独特さが木のホールドにはあるように思います。これが「優しさ」とか「温もり」などと表現されるのかもしれません。

 

見た目はポップで可愛らしいのが今までのVOCKらしくなくて良かったです。

 

ピタッと止めてバシッと登って欲しい・・・そんな課題を幾つか作ったのでやってみて下さいませ。

 

惜しむらくは明日からクライミングジム十勝で課題セットのお仕事だったので明日に備え午前中のみのセッションで先に帰らせていただきました。。

本日は短い時間ではありましたがたくさん楽しませてもらいありがとうございました。また遊びに行きます。

 

さて、明日からはクライミングジム十勝で全力だ!!

 

 
 

2018.02.03 Saturday

【新商品】クライミングホールドペンダント

VOCKブログ、クライミングインストラクターさんのブログ状態だったけど、久しぶりにアクセサリーを作ってみましたよ。                               

 

 

 

 

 

 

各3500円です。売り場はコチラ

 

最近はミルフィーユホールド製作の日々です。切って貼って削って磨いて・・・。地味だぜぇ〜。

 

そんなわけで分かりやすいインストラクションの記事が多くなっている感じ。

 

来週は早々にクライミングジム十勝の課題設定のお仕事です。

 

【教える】【課題を作る】【ホールドを作る】混ざり合ってそれぞれに良い刺激をいただいております。この雑食感がVOCKの魅力、と最近思ってる。

 

そうそう、最近モーツァルトを聴けるようになりました。ほぼロックばかりだったけれど中年になり、クラシックを聴けるようになる。食べられるものが増えたような感じが嬉しいなー。

2018.01.30 Tuesday

【ピラコニムウォール】成長と未熟

昨晩はピラコニムウォールで講習会でした。

 

こちらの女性が苦心の末やっとこの画像のホールドに到達。

腰からひねりながら右腕を引きつながらの足プッシュ。これを繰り返しの練習で体得。やはり男性人と違い、なまじ力でねじ伏せない文ムーブ的にキレイで伸びしろを感じます。

 

こちらは初めてのクライミング。

出来なくて笑い出す。誰もが通るその道を無事通過。

 

最初は誰しもがこんな事出来るわけないと思うわけです。僕も思いました。

 

が、現実的に目の前でやっている人がいるわけで・・・。

 

そんな理解のために、今回は個別に課題の解説をする合間に適当に考えた難しめの課題を登ってみせるデモンストレーションを交えました。「出来るわけがない」の心の枷を外して下さいませ。

 

最後に「集合写真を撮るよ〜」と声をかけると指示したわけでもないのに

ワラワラ壁に取り付く面々。

 

先生はそいういう自然さに

皆様の成長を感じている次第です。

 

ただ、ちょっと取り付くのが早くて限界になるのもの早い皆様に未熟を感じてもいるのです。ははは。

 

 
 

2018.01.23 Tuesday

【スクリューオンホールド】行き先それぞれ

歯が痛いです。痛みが奥に移動して奥歯とエラが痛い。不本意ながら痛み止め薬生活です。

 

そんな折に昨日図書館で見つけた【悪魔とのおしゃべり】という本。

まだ最初の方しか読んでいないんだけど、今の自身にオススメな感じがする。

 

正しいを知っているから苦悩するんだってさ。

 

つまり、何某かを正しと規定すると逸脱した時に苦しむ。それってほんとに正しいのだろうか?正しいという「善」によって苦しむくらいなら「悪」に染まった方がよっぽど快適!?

 

期待をするから怒るんだってさ。

 

もっと良くなる、とか、もっとやれる、とか期待するから期待がはずる事に怒るんだってさ。最初から期待しなければ怒らないのに。正義はいつも期待しては怒り、悪は期待していないからいつも笑ってられる!?

 

ん〜、悪になろう。悪になってこの謎の歯痛を倒そう・・・と思っているのです。僕は以後悪なのでお気をつけ下さいませ。

 

日頃より、勧善懲悪劇に対して悪はなぜ世界を支配したいのだろうと疑問に思っておりました。支配したら始まる管理という仕事が面倒だし、下克上に怯え続ける生活も嫌だし、支配ってほんと謎、と思っておりましたが、あれは悪役にとっては理想郷創りであり、理想郷に期待し、自身の考える正しいを実行したいという一方的善意であるわけで、つまり本当の悪ではない、と。

 

現実の戦争がお互いの善をかけた殺し合いでる事からも分かるように、昨晩から僕が目指している悪はもっと謙虚なのよ〜。

 

というわけで、【ロキソニン】を対処療法の薬とし、【悪魔とのおしゃべり】を根本治療の薬とし歯痛を治す計画です。

 

さて、僕の治療方針はさておき最近のお仕事の紹介です。

 

こちらはプライベートウォールに使用される予定のホールドセットです。

強々お子様クライマーがトレーニングするそうなので悪いホールドも入れました。最近の強々お子様クライマーにはほんと勝てる気がしない、というか戦いたくないですね。マジで。どんどん将来が楽しみな子供が増えて観戦するには楽しいばかりですね。

 

こちらは2セットは札幌のボルダラー御用達の一番コアなあのジム、ウィップス様に納品される予定です。

 

特に強々ボルダラーが集まるイメージが強いウィップス。VOCKありがたき幸せ。

 

それから1セットVOCKウェブショップにアップロードさせていただきました。

(画像クリックで売り場へ移動)

 

ガバあり、ピンチあり、スローピーな感じもありな大きめミックスです。

 

大きさの比較対象から大体のサイズ感を感じ取って下さいませ。

Powered by
30days Album