ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2018.10.21 Sunday

【お知らせ】22日〜30日発送業務お休みさせていただきます

お知らせさせていただきます。

 

 

諸事情により、22〜30日まで受注のみとなります。ご迷惑おかけします。

 

 

2018.10.21 Sunday

【クライミング講習】村民自主創造プログラム

トマムボルダリング教室を始め、2年目となりました。

 

そろそろ岩場に行きたいなぁ〜と先生は思いました。

 

そもそも占冠村とは全国区である赤岩青巌峡の所在地であり、村の特色であるクライミングを活かす為にボルダリングウォールを作ったのです。

 

つまり、赤岩青巌峡に行きたくなってしかるべき・・・かと。

 

というわけで、占冠村自主創造プログラムという事業を利用し、この度ボルダリング教室の生徒を引き連れ赤岩青巌峡へ行ってまいりました。

 

参加者は三名。全員岩場デビュー。もちろんトップロープ。

 

 

子供クライミング教室では絶対に全部ビレーするんだけど、今日は大人。トップロープのビレーなのでオートロックのビレー器を使用の上、しっかり教え込んでビレーも担当してもらいました。

 

ロープを介した絆を育んでいたく非常に大切な役割だと思います。

 

更に声を小にしていいたいのが、「ビレーしないでので超楽だった〜」という本音もちょっと。

 

しかしながら、実際、ビレーをしながらの指示出しは難しいく、フリーになって様々な角度から指示を出せたのは双方にとって良い事でした。

 

美談で締めますと、なぜ登るのか!?

 

それは同じルートをやって

 

お互いにビレーして

苦しみも喜びも世代を超えて共感できる事こと、それが登るを通した素敵だからです。

 

ちなみに今日の僕のメインはこれでした。

生徒さんの一人が重箱スペシャルランチを作ってきてくれた。運動会ご飯みたいで美味しい&楽しい&懐かしいのトリプルコンボ!!

 

 

来年度以後はこの自主創造プログラムを年に数回やりたいと考えております。

2018.10.21 Sunday

【取材】WAKUDOKI FURANO

トマムのボルダリング教室を開催。

 

いつも通り・・・と思いきやこの度は取材が入りました。

黒い服の方が記者・・・と思いきや白シャツの方が記者さんです。ちなみに黒服の方は役場職員さんです。

 

この度、わたくし、富良野広域(上富良野・中富良野・富良野・南富良野・占冠)で展開しているフリーペーパー【WAKUDOKI FURANO】

に取材していただきました。

 

出るのは11月中頃と言っていたような・・・

 

北海道新聞の折り込み及びに富良野広域の様々なところに置かれるそうです。

 

楽しみだなぁ〜。

 

日に日に寒くなって参りますが、ボルダリング教室は暖房のきいた広い場所でのびのびやらせていただいております!!

来月の開催予定は5日と21日です。いずれも18:30〜20:30となっております。

2018.10.17 Wednesday

原石っていいものよ

磨けば光る原石だ・・・なんてメガネっ子。

 

メガネっ子、メガネを外して化粧をすると・・・これが私!?

 

的な展開ありますよね。

 

それって、もしかしたら余計なお世話なのかもしれません!!

 

だって原石も綺麗なんだものー。

 

僕もアラフォーになって気がついたんです。近眼極まり審美眼開眼ですよ。(そんで早けりゃ老眼が始まるらしいし)

 

というわけで原石、おしゃれに言うとラフストーンを扱ったアクセサリー作りを最近やっております。

 

 

 

 

同時に、VOCKの野望・・・女性に支持を得る計画が始動しているのです。

 

ある程度数をまとめたところでminnneに出店する計画!!

 

もっとこれからはこのブログでもオシャレなことを書かなくてはいけなくなるかもしれませんね。

 

蜂に刺されたとかじゃなくて・・・ガガンボの切なさでも語ろうか。

 

一見大きい蚊のようで、初めて会った時は驚いてしまい払い除けてしまった君。それだけで死ぬなんて思わなかった。想像を絶する貧弱さ。それから僕は君を見つけると優しく外へと追いやるようになりました。

 

・・・違うな。

 

ところで、妻の話なんだけど、まだ結婚前で僕が暇でよくブログを書いていた頃に次のような事を書いたのです。

 

「鼻かみたいと独り言を喋ったら、鼻が詰まっていて「裸見たい」って言っちゃって、まあ、それも嘘ではないから独り言だけど訂正はしない」的なゲスなこの記事をいまだに時々褒められます。

 

これが正解なのか!?これでいいのか!?妻に聞いてくる!!

 

@vock108

2018.10.14 Sunday

【ボルダリング動画】4年ぶりのカネジコバヤシボルダー

4年ぶりにカネジコバヤシボルダーに行ってきました。

ギターをたしなみに!!

 

ではなくて

岩と対峙すべく!!

 

子育てと対峙しすぎて岩離れ著しい昨今、恐ろしい目にあわせておーくーれー。

※以下動画を貼りますが、オンサイト狙いの方は誤って見てしまわないように気をつけてください。

トポ未記載のラインを登っている動画もあります。登ってみたいと思うラインを登るという原点的な純粋なボルダリング好奇心です。

トポ未記載=初登とも考えておらず、発表後何年も経過したエリアなので誰かしらかが登っていると考えるのが自然だとおもいます。

もちろん、トポ作成者でもある開拓者に対する感謝と尊敬の念を持っております。岩という自然の舞台で仲間と難しさや楽しさを共有させていただいているのは開拓者あっての事と思います。僕自身も開拓の経験が多数あり、大変さなど身をもって理解しているつもりです。

仲間内であれば動画で発表しなければいいのではないかと意見をいただきそうですが、このブログを見てくださっている方にも機会があればこの日の楽しさを共有できたら何よりだと思う次第です。

吉田氏亡き現在、トポの管理をされている方がいるのであればご報告したいと思います。当方にそのような情報が無いので、もしあれば教えてくださいませ。報告させていただきました。情報ありがとうございます!!

長文失礼いたしました。

続きを読む >>
2018.10.09 Tuesday

【子供らはクライミング教室】岩石公園ボルダリング

3連休、終わっちゃいましたね。

 

この3連休はゆっく子供クライミング教室の合宿で増毛に行く予定だったんです。

 

んが、台風が接近に伴い日帰りに変更。

 

3時台に起きて行ったんだよ〜。超眠かったよ〜。運転しないからいいんだけど助手席で運転手の眠気を監視するお仕事をしておりました。助手席で寝ない事に定評がある僕です。

 

そんな強行軍、眠気は添えずテンポよく2分まとめました。

今年で増毛は二年目。子供たち、去年登れなかった課題も登れるようになっておりましたよ。

 

インドアでは良くも悪くも課題が消失するけれど、岩場ではいつまでも課題が待っていてくれて成長を実感させてくれる。そんな素敵な瞬間に立ち会えるのも僕の楽しみです。

 

ちなみにこの登ってる子は

まだクライミング歴1ヶ月で初めての岩場。

 

子供らはこんなにわちゃわちゃいて

 

生徒・親御さん・先生を合わせると30人。つまりひとクラスなんだわ。

僕の暮らすトマムでは小学校と中学校が合併たにも関わらず全校生徒数が一桁。そんな地域的背景を踏まえるとこれだけの大人数で遠出して遊んで・・・そりゃもう最高でしょう!!

 

来年は合宿したい。

 

@vock108

2018.10.04 Thursday

【houzz】ページ開設

皆様、houzzというサイトはご存知でしょうか?

 

サイトには

Houzz は、「住む人」と「住まいの専門家」をつなぐ、家づくりのためのプラットフォームです。住宅デザイン、インテリア写真、アイデア、アドバイスなど、住まいに関するあらゆる情報やサービスを提供しています。

という説明がなされております。

 

この度、VOCKもhouzz様より勧誘いただき、houzz内にページを開設させていただきました。

 

VOCKのページは

勇払郡占冠村, 北海道, JPのHouzz登録専門家Kantaro Hasegawa

↑こちらより!!

 

今までにVOCK木製クライミングホールドを私用いただいたお客様よりいただいたお写真(掲載許可済み)をまとめております。

 

それと別に、houzzサイト内でご紹介いただいVOCK木製クライミングホールドを使用した施工の画像を埋め込ませていただきます。

VOCKの木製クライミングはこのようなプライベート空間に溶け込むように馴染みます。それはやはり木と人間の関わりの深さなのだと思います。
これらのホールドは通常のボルト仕様ではなく、ネジ仕様で壁に特殊な施工を必要とせず強度さえあれば設置可能です。
2018.10.02 Tuesday

【再販売】垂壁用キャンパスラング3本組

垂壁用キャンパスラング70センチと50センチが各2セットづつ在庫復活です。【売り場

他注文分など有りまして少量ですみません。

 

何が垂壁用なのかという利点は次の過去記事にまとめあります→【利点】

 

また、僕が三段を登るために実際に行ったトレーニング方法は次にまとめてあります→【トレーニング方法】

 

ご参考下さい。

 

※1:いずれも、現在のキャンパスラングとは多少デザインが違うのは改良前だからです。また、僕が異様な長髪なのは断髪前だからなのです。

 

※2:最近Instagramに力を注いでおります。フォローいただけると幸いです。

@vock108

2018.10.01 Monday

【ピラコニムウォール】小さい子供用課題を設定

トマムのピラコニムウォールですが、ボルダリングウォールとして子供用にしないというテーマがあります。

 

つまり、初心者や子供に重きを置きすぎてクライマーからそっぽを向かれるような壁であってはならない・・・の妥協点が115°という傾斜だったわけです。

 

おかげで初心者はそこそこ苦しんでいるのですが・・・それでも頑張ってついて来て下さり課題をクリアしております。

 

生徒さんには小さな子ども連れてくる人も多く、最近では園児たちも興味津々です。

 

そこで、この度は園児から小学生低学年を想定したほぼハシゴラインを設定足しました。

ミルフィーユホールドスタートで黄色ラインを通ってミルフィーユキノコがゴール。

 

ゴールがちょっと子供にはファットなんだけど、黄色ホールドは子供の手にしっくり来る系のガバ連続です。

 

ホヤホヤの3才児

 

2才児。

補助は必要だけど、取り組めれば登れそう。

 

まあ、核心は『取り組む』ってとこなわけで、そのへんは園児に求めてもね〜。やりたくなったらやって、やりたくなきゃ走り回ってていいよー、っすね。

 

そうそう、子供らが走り回り、それは可愛らしいのだけど、喧騒の為に僕が声をはるのに苦労しておりました。最近インストラクションの仕事多いし、この際なのでハンズフリー拡声器ってのを買いました。

 

もうね、めちゃくちゃ楽。もともと声が通らないタイプなのでもっと早く買えばよかったよ!!

 

さて、今月の無料教室は3日と17日です。ピラコニムウォールは園児から登れるようにパワーアップしております。どうぞご参加下さい。(ゴメンだけど誰でも絶対登れるんじゃなくて、努力は必須よ)

 

ところで、真ん中で座っているのが僕なんですけど、子供らに髭を引っ張られすぎるせいか、この写真で髭が寄っちゃってるよね。

2018.09.27 Thursday

【蜂】痛い!

朝、温度計を見ると外気温が一桁。どおりで寒いわけ。

 

冷える前にと、いそいそと靴下を履いたら・・・イターっ!!

海馬の引き出しがスパーンっと開いて、「コレは蜂よ」と告げる。

 

靴下を脱いで叩いて

やっぱし蜂。

 

たぶんクロスズメバチ。

 

中指の爪の脇を刺された。痛みの強い場所じゃないの?

 

痛いよ〜、痛いよ〜。脂汗出るよ〜。

 

調べたらクロスズメバチの毒性そんなに強くないらしい。アナフィラキシーショックはないので我慢するしか無い!!

 

なわけで足に熱と痛みを感じながらブログ書いてる。

 

今朝の件で今後の人生が靴下に警戒する人生になりそうなのが一番イヤ。

Powered by
30days Album