ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.03.23 Thursday

【有珠ボルダー】初有珠

先週末に初有珠ボルダーにいってきました、よ。

 

この人に「俺を連れて行け~」とワガママ言ってみたら迎えに来てくれた。

聖人です。

 

この岩には弥勒と阿弥陀と言う課題があって弥勒が初段、阿弥陀が二段。弥勒はすぐ出来て、阿弥陀は最初いい感じだったけど、登れば登るだけ到達高度が下がるヨレ敗け課題でした。ちなみに写真のラインは阿弥陀です。

 

そうそうに諦めて人が集まっているという噂の栗岩に。

申し合わせるでもなく半分以上は知っている人。

 

クライミングあるある&安堵ですね。

 

で、楽しくなっちゃってもうカメラを放棄してもう写真がありません。

 

〈イーガー〉だかと〈クーリー〉だかと〈栗ご飯〉を登りました。課題名は聞いただけなので多分です。

 

いよいよ北海道にも岩の季節が来たようですな。

 

そして

 

そして

 

そして

 

遂に今週末、伝説の七福岩探訪なのです!!

 

誰も知らないと思いますが、占冠村にその昔、遠足コースとして七福岩コースというのがあったのです。現在は誰も行かないので知る人ぞ知る岩に成り果てており、その姿は謎に包まれています。

 

僕は、この岩を探し数年、数回に渡り山を徘徊したのですが発見に至らず。(この頃から僕の中で『伝説』の冠が付き始める)

 

で、遂に行った事がある人に連れて行ってもらえることになったのです。

 

果たして、七福岩とはどんな岩なのか。ボルダリングに適しているのかいないのか!?

 

確認してまいるのでお楽しみに~。

2016.07.09 Saturday

【パンケボルダー】熊の糞

息子くんです。

岩を触らせて父さん大喜び。お父さん、息子がこんなにテンションが低い顔をしているなんて思っていません、よ!!

 

今日はパンケに登りに行ってきたんです。

 

泳ぎにも行ったのです。

短い北海道の夏。泳げそうな時は泳いでおきたい。

 

悔しかったのはクラリティの核心を超えて落ちたこと。それ以後ヨレて登れなくなったっす。それがいいんじゃない!!

 

という事でまた来よっと。

 

それから、岩場から400~500メートルくらいの距離に熊と思われる糞がありました。

 

やっぱし熊鈴・熊スプレーなどの準備があったほうが良いと思います。

 

それらに加え、僕は最悪の事態に備え、ナタも携帯しています。鼻先を叩くらしい。片腕くれてやるつもりで!!やだ~。

 

基本は臆病らしいので熊鈴で存在を常時アピールですね。ボルダリング中も時々思いついたら鳴らしています。お互いに会いたくないもんね。

 

熊の糞(だと思う)写真を見たい人だけスクロールしてね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む >>
2016.07.01 Friday

【雄冬ボルダー】限定だって!?

6月はすごく忙しかったのです。

 

忙しかったので何が忙しかったのか今はあまり覚えていないのだけど、ね。

 

このままじゃいかん。そう思い立って家族旅行に行ってきました。

 

この度は増毛。コテージを借りて二泊三日、のんびり旅行。

 

とはいえ増毛を選んでいるあたり・・・やっぱり岩恋しいわけです。旅行の間隙をついて雄冬ボルダー(←トポ)に行ってきた。

 

我が子を背負って岩の品定めです。

IMG_6646.JPG

 

0歳児連れとしてはあまり時間もなく、これだと思った課題だけを触る作戦。

IMG_6601.JPG

Yang's Puppet 兇箸いΣ歛蝓初段です。

 

で、登ったんです。登ったと思っていたんです。とにかく急いでいたんです。子が泣く前にと思って猛ダッシュで登ったのです。

 

家に帰って意気揚々と動画編集して課題名を確認していたら・・・限定が・・・あった。げ~。最後左抜け・・・。げ~。

 

そんなわけで失敗動画なので大々的に公開できませぬ。

 

限定公開(リンクをクリックしないと見れない設定)です。失敗してますが、登れた気になってますが・・・。もし、興味がありましたら以下です、よ。

 

Yang's Puppet 供仝堕衙困^^;

 

よくトポ見なかった自分が悪い。いずれまた行きたい。これは良い禍根。

 

というのも、実は子供クライミング教室の為の下見も兼ねていたのです!!初級・中級者向けで下地も良い。だから今度はクライミング教室で行けたらと思います。

 

 

それから、専務ちゃんは一年五ヶ月ぶりにクライミングシューズを履きます。

IMG_6697.JPG

 

IMG_6714.JPG

 

IMG_6690.JPG

復活!!

 

 

2016.05.18 Wednesday

【140度壁課題セット】クライミングジム十勝 三日目

セット最終日の3日目。朝から汁手。

手汗ってのは回復のための保護膜なのかね。ともあれ汁々しているが鞭打つ如くチョークをすり込み登るのです。

今日もオーナー廣瀬氏と二人打ち込みました。
IMG_5099.JPG
時に弱音を吐き、時に励まし合い、主に褒め合い・・・この3日で6級から初段まで全48課題作ったよ~。うち35課題がVOCKさん課題でスタートに「VO」と署名が入っております。

最後に記念撮影。
IMG_5128.JPG
「よく頑張った手がこちらです」な二人。

いや~、最高にハードで楽しい3日間でした。クライミングジム十勝を訪れる皆様にもハードで楽しい時間が過ごせるといいな。どうぞ触ってやって下さい。よろしくお願いいたします。

そして月末にはまた奥の部屋の強傾斜のセット予定だよーん。
 
2016.05.17 Tuesday

【140度壁課題セット】クライミングジム十勝 二日目

本日セット二日目。
IMG_5063.JPG
ジブス系を付けたりなんだり。

それにしても140°、されど140°、いやはや140°・・・見上げ過ぎて僕もオーナーも首がいかれた。

課題作りでは吠えまくりです。「有我~」だが「無我~」だかって、そう唱えているのです。

自信が無い時は「うがーっ!!」。自分を信じろ~、我思う故に我有り~の略。

気持ちが先行してしまう時は「むがーっ!!」色即是空、心よ無になれ~の略。

と、僕は使い分けています・・・嘘だけど。

この嘘吐き、今回は初段・一級クラスも少し作らせてもらっています。むしろ優しい課題を作るのが難しいこの傾斜で繰り返される試登という死闘!?

手がボロボロ。
IMG_5067.JPG
って写真を撮ったつもりだったんだけど、あんまし分かんないね。テカってるのはハンドクリームを塗ったのです。

甲の側も撮ってみた。
IMG_5068.JPG
なんかくたびれてる感じしない?

今日の最後の方はヨレ過ぎてグレーディングが分からなくなってテープ貼るの保留しました。

画像で手前の3月にセットした壁はもうチョークで真っ白け。
IMG_5070.JPG
相対的に奥の現在セット中の壁はまだビビットですなー。

実は、140度壁はセットの途中ですが今日から開放しているそうですよ。明日行ったらいい感じにチョークがのっているかもね。

明日がセット最終日だぜ。

そんな僕が一番気をつけているのは行き帰りの道のこれ。
IMG_5073.JPG
リスに注意しながら明日も頑張る~。
2016.05.16 Monday

【140度壁課題セット】クライミングジム十勝 一日目

140度壁、セット一日目。


それはこんな感じ(GIF)。


オーナーと二人、相談をしながらハリボテを付け、ホールドを付け、課題を作り、課題を作り、課題を作り・・・。

140度という傾斜にやられまくりの二人です。

傾斜がきつく、ゆえにゴールまでも遠い。よれる~。

足技で傾斜を殺すべくヒールフック多用課題多しです。

そして事件は帰宅時に起きました。

車から降りようとする→腿裏つる→もがき苦しむ→治る

→車から降りようとする→また腿裏つる→もがき苦しむ→腹筋もつる→もがき苦しむ→治る

→車から降りようとする→三度腿裏つる→もがき苦しむ→治る

→足を棒にして車から降りてみる→やっと家に帰れる。

引っ掛け筋が悲鳴をあげていますが、明日も頑張りまーす!!

 
2016.05.13 Friday

【ボルダリング】其処にボルダー!?

本日は快晴。

で、専務ちゃんと義母がニニウに山菜を採りに行くと。

仕事しようと思ったけど~、そんなら午前中はニニウ手前の赤岩青巖峡に捨ててってもらって一人ボルダリングしよ~。

狙いは侵略戦争(二段)だ!!

というわけで、AMボルダリングで赤岩青巖峡を訪れました。

初めて触る侵略戦争は指に厳しく、一時間ほどで指皮ズルムケ黄色信号が灯る。

気分転換に散歩をしていたら・・・「こんな近くにいい感じのボルダーがあったんだ」と驚く。

こんな近くとは駐車場からニニウ方面にほんの20~30メートル下った道路っぷちです。ちけー。

駐車場から上がるばかりで下がった事がなかったので気が付かなかった。灯台下暗し、死角だったぜ。

というか、ニニウに下る際に見てるはずなんだけど・・・。

予定を変更してそのボルダーを触ってみる事に。あまり登られていないようで上部ガバとリップは苔まみれ。でもガバは苔があっても持てるでしょう。リップはなんとかなりそうな形状。

苔を落とそうにも苔掃除セット持ってきてねーのです。

ところで、先に断っておきますが、この岩は以前に吉田和正氏の発行したトポに記載があるらしい。僕はその幻のトポを未見なので岩の名前も課題名も分からないので便宜上死角のボルダーと呼ばせてもらいますが、本当の名前は別にあるので知っている方がおりましたらお手数ですが教えて下さい。訂正したいと思います。


追記:早速情報頂きました。ありがとうございます。

岩の名前はゲートボルダーでした。



動画と解説ありますが、ネタバレなので見たくない人はここより先を見ないように!!

ゲートボルダー ヤラセ6C+
 
サイドガバからのシットダウンでスタートしてみた。スタートガバにヒールフックをして出す三手目が面白かった。それからトゥーフックに変えて四手目と五手目は程よいカチ。そしてガバ帯に行って、リップです。

ゲートボルダー 秋晴れ7a
 
こっちのが俄然難しい。ガバスタートから激悪のカチに右手が一手目。そしてガバを浅く持ち直してヒールスペースを作りヒールフック。これがとても狭い。で、頑張って左手をサイドの舐めた縦ホールドに。この一連が面白かった。で、サイドを持てたら右面の薄カチにデット。これも悪いっちゃ悪い。足を踏み変えて右手をガバ帯に送れれば勝ちですな。

右の課題はスタートは下地が良いけれど、左に進むにつれ段差の下地帯へ。左の課題は最初から段差の下地なので注意です。

にしても、駐車場から最も近く、課題的にも面白かったので未見の人は行ってみてはどうでしょうか?・・・あ、上部が苔苔だからね。その点は留意して。


両課題を登ったところで山菜組が戻ってきて丁度終了。侵略戦争はまた今度だね。
2016.03.20 Sunday

【イベント出店】クライミングジム十勝 15周年記念イベント

日のイベントとは、クライミングジム十勝の15周年記念イベントだったのです!!

ネット非告知はオーナーの意向でジム内のみで告知するとの事だったので僕の口からは出せなかったのでした。

それもそのはず、無料開放な上に無料で食事が振る舞われ、豪華賞品の貰える抽選会まであり、ネット告知しては人が殺到してオーバーユースの危険を孕んだ大盤振る舞いイベントだったのです。こんなクライミングジムイベントがいまだかつて有ったでしょうか!?

そして、僕の課題設定はこの無料開放イベントに向けた取り組みの一つだったんだよね。

で、蓋を開けてみて課題に対して皆様がどんな反応を示すのかドキドキしてたわけです。

新しい壁は傾斜があるので猛者系の人々が集まっておりました。
IMG_2794.JPG

IMG_2807.JPG



IMG_2835.JPG

IMG_2782.JPG
やっぱりさ、狙い通りに落ちてくれたりするとそれはそれで嬉しいのね。仕掛けた技が綺麗に決まったみたいな感じで。その後、抜け道に気がついてくれて登ってくれたら尚嬉しです。

雰囲気的に楽しんでいただけていたようで胸を撫で下ろした次第です。

さて、VOCKの出展ブースでは
IMG_2844.JPG

なにやら椅子に書き置きが・・・
IMG_2843.JPG
いまだかつてこんなにゆるい店主がいたでしょうか!?

専務ちゃんが子育ての為、数年ぶりに一人出店。その顛末はほぼ遊んでいるという始末ですよ。そんな状態でも買い物に来て下った皆様、本当にどうもありがとうござました。

そしてセッションしてくれた皆もどうもありがとう。ボロボロにボロボロを重ねてボッソボソのガッサガサになるまで楽しんだよ。もう駄目という充実感。また登りましょう。

そして何よりクライミングジム十勝15周年おめでとうございます。これからも道東のクライミング文化の起点として輝き続けてくださいませ!!

 
2016.03.17 Thursday

【課題セット】クライミングジム十勝 最終三日目

今日は札幌のグラビティーよりツヨツヨクライマーのトーマ君が合流し、セット最終日。

とにかく彼の保持力が凄いんだ。そんなトーマ君の担当は一級・初段です。足を切りまくってふわらふわら登ってた。

僕は今日も2級・3級・4級を作らせてもらってこの3日間で2級/12本・3級/12本・4級/10本を作らせて貰いました。

もはや、ヘロヘロ。にしても楽しかったなー。楽しんで作ったのできっと皆さんにも楽しいはずよ。

 
2016.03.16 Wednesday

【課題セット】クライミングジム十勝 二日目

昨日に続き課題作り~。

2級を7本と4級を5本作りました。

いよいよ明日が大詰めです、な。
Powered by
30days Album