ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2017.09.16 Saturday

【開拓】七福岩封印

占冠村に七福岩と名の付いた岩群があります。噂を聞き、数年探し回り、昨冬の終わりに案内人を得て初めてたどり着いた岩場です。

 

その後多忙になりすぎて放置。多忙だけではなく、一人で行ったら遭難したり熊に襲われそうだったので同行者を待って放置していた側面もあります。

 

やっと、先日友人と二人で冬の間にマーキングしたGPSの情報を頼りに雪のない七福岩にたどり着きました。

 

改めて分かったことは熊笹の海に浮かぶような岩だって事。しかも背丈超えの熊笹。

 

林道からわずか200メートル弱なのに遠い。GPSが電池切れで使えなくなったら遭難する気しかしない方向感覚を失う360°同じ景色の森。

 

熊笹をかき分け、かき分け、かき分け、やっとたどり着いた七福岩。確かに登れるラインがいくつかあるんだけど、この緑の海を超え、掃除をしに来てまで登りたいと思えるほどのラインかといえば・・・微妙。そしてボルダリングに高し、ロープに短しの微妙な高さ。

 

そんなわけで・・・この岩々は・・・封印!!

 

期待していた方々、ごめんなさい。冬は雪に覆われ幻想的ですごくいい雰囲気だったのだけど、無雪期は熊笹に覆われ現実的ではありませんでした。

 

ここ数年の苦労は水の泡となったわけだけど、すげースッキリしているよ。

 

(画像を交えてお伝えしたかったのですが、あまりに大変だったのでカメラは持っていきませんでした)

 

2017.05.08 Monday

【開拓】命名:スリップストーン

ご無沙汰でっす。

 

いまさらながら、なんかGW終わっちゃいましたね。僕は最近なんか多忙でブログに書きたいこともいくつもあるんですが、その余力が無い日々です。なんか、なんか、なんか・・・と思っているこの頃です。

 

そんな感じですが、GW最終日は岩にパワーを貰いに行ってきました。

すげー疲れたけど元気出た!!

 

この現在開拓中の岩です。

掃除してから三週間ほど寝かしたら雪はなくなっていました。

 

名無しのボルダーだったけど、【スリップストーンボルダー】と命名。ツルツルで滑る岩ってわけじゃないんです。ちょっと個人的に面白い事件があって、その事件由来。事件の詳細は、かっこ悪い思いをする人がいるので内緒だよ。

 

なんやらかんやら友人と共に試登です。

 

 

 

ホールドがもげて早くも幻となってしまったラインもあったり、ハラハラドキドキのボルダリングでした。

 

それと、ショックだったのは雪が溶け切って平らっぽいと思っていた下地が最終的になかなかの段差だったこと。もう少しなんとかなだらかにしたい・・・と思ってるとこ。

 

前日が雨だったこともあり右半分は濡れていて、左半分を登って2~3級のが二本出来ました。

 

その内の一本。

上部が赤岩青巌峡の人気課題『にんじん』に似ている雰囲気なので課題名は【にんぢん】です。木が張り出していて最後にマントル出来るスペースが無いのでリップマッチで木の根を使ってトップアウトしています。

 

色々プロジェクトもあり、早くまた行きたいのだけど「なんか、なんかの日々」はまだ続きそうです。あと七福岩も見に行きたい。あ~なんか、なんか。

 

なんか綺麗だった花。

群生していましたよ。

 

なんか気になる

猿の腰掛け。

 

今日は材料を買いに行ってきました。がんばろーっと。

2017.04.16 Sunday

【開拓】いい仕事

今日は友人の石野氏と連れ立ってボルダー掃除。

 

ハーネス付けて

 

ロープ垂らして

 

ゴシゴシ、ゴシゴシ

 

ちょっと試登。上半分ヌレヌレで敗退。

 

またゴシゴシ

 

石野氏、登れそうなラインを考え中。たぶんこんな感じ。真ん中が一番ムズい。・・・かなりムズい。

 

 

何はともあれ今回は雪解けでビショビショ。2週間前に初めて訪れた時はまだ寒くてほとんど乾いていたのに~。

 

とりあえずそこそこ掃除はしたので雪が解け切るまでもう少し寝かせる必要があると判断。

 

それにランディングが凍結によりかなり盛り上がっている様子。岩のたもと1メートルちょいは分厚い氷で、解けたら30センチ位沈むのでは?・・・という感じ。

 

雪解けに伴い前回なかった小さな沢が岩横を流れてたり、アプローチ途中の沢も増水して濁っていたりで季節の過渡期を感じる一日でした。

 

岩の名前をお互いに一日中考えていたんだけど、形態系命名(天狗岩とかロウソク岩とか系)を検討し、最終的に「イワ岩でいいんじゃね」という煮詰まりっぷりを発揮。それは思考のトップアウト。されどトップアウト。あー、いい仕事した。

 

泥々で男二人、笑顔を土産に帰りました。

2017.04.01 Saturday

【開拓】すんげーボルダー

エイプリルフールなので嘘かと思われてしまうかもしれないけど、

すんげーボルダーあった!!

 

先日、七福岩探訪の際に一緒に行った村の自然写真家の方に「そう言えばいい岩あるよ」と教えていただいたのです。

 

見に行ってみたら想像を絶する三ツ星ボルダーだった。七福岩に続き、ローカル情報恐るべし。

 

下地も良い感じなんです。

 

掃除は木から懸垂下降で行えるでしょう。

 

下がハングしていて、上ほどマイルドになるという良い感じ。

岩の状態的に登られた形跡はないように思います。まあ、ニニウボルダーの時もそう思ったので絶対じゃないですけど・・・。

 

場所は村内で、アプローチは20分位かなぁ。

 

今年は忙しくなるの~。

 

それから、もう一個エイプリルフールっぽい話。

 

本日放送されたBSのクライミング番組、【Let's!クライミング】の一瞬のワンシーン

これ、僕と専務ちゃんだよ。

 

7年くらい前に取材を受けた時の映像でした。開拓した岩場のひとつですよ。

 

以上、どっちもホントです。ホントという嘘じゃなくてホントです。ホントの・・・ホントです。

 

あ、ちなみに尾川とも子さんは僕のジムスタッフ時代の先輩スタッフです。色々教えていただきました。これもホントのホントです。お子さんの写真を見てホッコリしました。

2017.03.26 Sunday

【開拓】七福岩

占冠村の地図に載っていない(国土地理院の地図にも岩マーク無し)岩、七福岩に遂にたどり着きました!!

どーん!!

 

ちょっと登ってみた。やったーっ!!

 

では順を追って報告致します。

 

ボルダーマットを背負い、スノーシューを持って

見上げるのは

 

この辺。

言われてみれば岩があるような~、無いような~。

 

雪原を抜け

 

踏み入った山の中は

熊の引っかき傷に覆われた樹木の森。ちなみに木に山葡萄のツタが絡んでおり、熊は山葡萄を食べるために登るんだって。

 

そんな山の中にも幾何学的人工物。

送電線までやって来た。

 

かと思えば自然の奇妙な造形ウバユリ。

 

ちょっと触れると種が溢れ落ちてきます。

雪面の種は可愛らしい。

 

などなど、自然を楽しみつつ・・・三時間弱。

 

七福岩に到着。

 

とにかく

思ってたより全然でかい。

 

例えば

これに人が立つと

 

高っ!!

 

更に言うと、積雪が150センチ前後あるので雪解けで下地が出ればもっと高い。

 

これなんかも

 

やばーい!!

 

あ、でもこれはナチュラルプロテクションで登れそうでした。

 

とはいえ、探せば許容範囲のものも(写真じゃ分かりにくいけど)

初心者向け?

 

フェイス

 

ちょっとハング

 

なんか面白そう?

 

フェイス

 

いい感じのハング?

 

全体的に強傾斜のものはなく、そんなに難しいタイプの岩場ではなさそう。

 

っても、正直積雪が150センチ前後あるので解けて全貌が現れなければよく分からないという感じ。

 

それと雪が解けないと下地の状態もよく分からないけれど、基本的に酷い斜面だったりはしない。

 

「ロープに短しボルダーに高し」な感じは拭えないけれど、雪解けを待って改めて可能性を探ぐるだけの価値はあると思いました。なにせ、その昔小学生の遠足コースの目的地だっただけの事はある良い場所なんだわ。

 

ちなみに、今回は3時間弱かけて来ていますが、雪が溶けて林道が使えるとアプローチは10分弱だと思われ。

 

場所は、とりあえずまだ内緒です。機が熟したらお伝えしたいです。

 

何はともあれ雪よ、早く解けてくれ~!!

5月後半頃にまた来てみようと思います。

 

案内してくださったY氏にBIG感謝です!!

 

ちなみに最初の写真の課題らしき。小ハング超えが核心。

その前に掃除ですなー。途中までだけど、3級くらいの感じがした。

 

しっかし今日はマットを背負って長い時間歩いたから肩いたーい。

2017.03.23 Thursday

【有珠ボルダー】初有珠

先週末に初有珠ボルダーにいってきました、よ。

 

この人に「俺を連れて行け~」とワガママ言ってみたら迎えに来てくれた。

聖人です。

 

この岩には弥勒と阿弥陀と言う課題があって弥勒が初段、阿弥陀が二段。弥勒はすぐ出来て、阿弥陀は最初いい感じだったけど、登れば登るだけ到達高度が下がるヨレ敗け課題でした。ちなみに写真のラインは阿弥陀です。

 

そうそうに諦めて人が集まっているという噂の栗岩に。

申し合わせるでもなく半分以上は知っている人。

 

クライミングあるある&安堵ですね。

 

で、楽しくなっちゃってもうカメラを放棄してもう写真がありません。

 

〈イーガー〉だかと〈クーリー〉だかと〈栗ご飯〉を登りました。課題名は聞いただけなので多分です。

 

いよいよ北海道にも岩の季節が来たようですな。

 

そして

 

そして

 

そして

 

遂に今週末、伝説の七福岩探訪なのです!!

 

誰も知らないと思いますが、占冠村にその昔、遠足コースとして七福岩コースというのがあったのです。現在は誰も行かないので知る人ぞ知る岩に成り果てており、その姿は謎に包まれています。

 

僕は、この岩を探し数年、数回に渡り山を徘徊したのですが発見に至らず。(この頃から僕の中で『伝説』の冠が付き始める)

 

で、遂に行った事がある人に連れて行ってもらえることになったのです。

 

果たして、七福岩とはどんな岩なのか。ボルダリングに適しているのかいないのか!?

 

確認してまいるのでお楽しみに~。

2016.07.09 Saturday

【パンケボルダー】熊の糞

息子くんです。

岩を触らせて父さん大喜び。お父さん、息子がこんなにテンションが低い顔をしているなんて思っていません、よ!!

 

今日はパンケに登りに行ってきたんです。

 

泳ぎにも行ったのです。

短い北海道の夏。泳げそうな時は泳いでおきたい。

 

悔しかったのはクラリティの核心を超えて落ちたこと。それ以後ヨレて登れなくなったっす。それがいいんじゃない!!

 

という事でまた来よっと。

 

それから、岩場から400~500メートルくらいの距離に熊と思われる糞がありました。

 

やっぱし熊鈴・熊スプレーなどの準備があったほうが良いと思います。

 

それらに加え、僕は最悪の事態に備え、ナタも携帯しています。鼻先を叩くらしい。片腕くれてやるつもりで!!やだ~。

 

基本は臆病らしいので熊鈴で存在を常時アピールですね。ボルダリング中も時々思いついたら鳴らしています。お互いに会いたくないもんね。

 

熊の糞(だと思う)写真を見たい人だけスクロールしてね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む >>
2016.07.01 Friday

【雄冬ボルダー】限定だって!?

6月はすごく忙しかったのです。

 

忙しかったので何が忙しかったのか今はあまり覚えていないのだけど、ね。

 

このままじゃいかん。そう思い立って家族旅行に行ってきました。

 

この度は増毛。コテージを借りて二泊三日、のんびり旅行。

 

とはいえ増毛を選んでいるあたり・・・やっぱり岩恋しいわけです。旅行の間隙をついて雄冬ボルダー(←トポ)に行ってきた。

 

我が子を背負って岩の品定めです。

IMG_6646.JPG

 

0歳児連れとしてはあまり時間もなく、これだと思った課題だけを触る作戦。

IMG_6601.JPG

Yang's Puppet 兇箸いΣ歛蝓初段です。

 

で、登ったんです。登ったと思っていたんです。とにかく急いでいたんです。子が泣く前にと思って猛ダッシュで登ったのです。

 

家に帰って意気揚々と動画編集して課題名を確認していたら・・・限定が・・・あった。げ~。最後左抜け・・・。げ~。

 

そんなわけで失敗動画なので大々的に公開できませぬ。

 

限定公開(リンクをクリックしないと見れない設定)です。失敗してますが、登れた気になってますが・・・。もし、興味がありましたら以下です、よ。

 

Yang's Puppet 供仝堕衙困^^;

 

よくトポ見なかった自分が悪い。いずれまた行きたい。これは良い禍根。

 

というのも、実は子供クライミング教室の為の下見も兼ねていたのです!!初級・中級者向けで下地も良い。だから今度はクライミング教室で行けたらと思います。

 

 

それから、専務ちゃんは一年五ヶ月ぶりにクライミングシューズを履きます。

IMG_6697.JPG

 

IMG_6714.JPG

 

IMG_6690.JPG

復活!!

 

 

2016.05.18 Wednesday

【140度壁課題セット】クライミングジム十勝 三日目

セット最終日の3日目。朝から汁手。

手汗ってのは回復のための保護膜なのかね。ともあれ汁々しているが鞭打つ如くチョークをすり込み登るのです。

今日もオーナー廣瀬氏と二人打ち込みました。
IMG_5099.JPG
時に弱音を吐き、時に励まし合い、主に褒め合い・・・この3日で6級から初段まで全48課題作ったよ~。うち35課題がVOCKさん課題でスタートに「VO」と署名が入っております。

最後に記念撮影。
IMG_5128.JPG
「よく頑張った手がこちらです」な二人。

いや~、最高にハードで楽しい3日間でした。クライミングジム十勝を訪れる皆様にもハードで楽しい時間が過ごせるといいな。どうぞ触ってやって下さい。よろしくお願いいたします。

そして月末にはまた奥の部屋の強傾斜のセット予定だよーん。
 
2016.05.17 Tuesday

【140度壁課題セット】クライミングジム十勝 二日目

本日セット二日目。
IMG_5063.JPG
ジブス系を付けたりなんだり。

それにしても140°、されど140°、いやはや140°・・・見上げ過ぎて僕もオーナーも首がいかれた。

課題作りでは吠えまくりです。「有我~」だが「無我~」だかって、そう唱えているのです。

自信が無い時は「うがーっ!!」。自分を信じろ~、我思う故に我有り~の略。

気持ちが先行してしまう時は「むがーっ!!」色即是空、心よ無になれ~の略。

と、僕は使い分けています・・・嘘だけど。

この嘘吐き、今回は初段・一級クラスも少し作らせてもらっています。むしろ優しい課題を作るのが難しいこの傾斜で繰り返される試登という死闘!?

手がボロボロ。
IMG_5067.JPG
って写真を撮ったつもりだったんだけど、あんまし分かんないね。テカってるのはハンドクリームを塗ったのです。

甲の側も撮ってみた。
IMG_5068.JPG
なんかくたびれてる感じしない?

今日の最後の方はヨレ過ぎてグレーディングが分からなくなってテープ貼るの保留しました。

画像で手前の3月にセットした壁はもうチョークで真っ白け。
IMG_5070.JPG
相対的に奥の現在セット中の壁はまだビビットですなー。

実は、140度壁はセットの途中ですが今日から開放しているそうですよ。明日行ったらいい感じにチョークがのっているかもね。

明日がセット最終日だぜ。

そんな僕が一番気をつけているのは行き帰りの道のこれ。
IMG_5073.JPG
リスに注意しながら明日も頑張る~。
Powered by
30days Album