ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.11.10 Friday

【息抜き】子供カート

我が家の回りはまだまだ砂利道が多く、幼児用の乗り物の多くがアスファルト用のタイヤなのでガタガタ揺れて酷い。

 

だもんでカートを作ってみました。

箱を作って一輪車(ネコ)のタイヤとハンドル付けて出来上がり〜。総額5000円位かな。

 

おもちゃも乗せとります。

今はおもちゃと相乗りだけどタンデム用に長くしました。

 

来月出産予定の専務ちゃん。

ハヒハヒ息を吐きながら押して歩いています。

 

来春には二人乗せたいね〜。

2017.10.02 Monday

【お遊び】スケボーハンドル

「おほ〜」

な息子。

 

我が家には犬の散歩用スケボーが二台あって、一台はスティック付きなのです。

 

そのスティックにハンドルを付けたら快適に息子とタンデム出来るかも!?

 

と思って作ったのがこれです。

 

ご丁寧にVOCKのロゴまで入っています。

 

タンデムで坂の上まで行って

 

おほ〜

だぜ。

 

『もう一回行こうぜぇ〜、父ちゃん』の図。

 

ちなみに、思ったより快適じゃなかったけど 楽しそうだからいいか。何回もやってる〜。

2017.08.01 Tuesday

【LoCoTAble】専務ちゃん登場

こちら、LoCoTAbleという冊子の裏表紙です。

この人は・・・通称VOCKの専務ちゃん、こと愛妻です。

 

で、LoCoTAbleって何?

 

詳しくはLoCoTAbleのホームページを閲覧していただきたいのですが、LoCoTAbleとは

Loco  ロコ、ローカル、地域のこと、田舎のこと、地元民のこと
Co  協働、共
Table  テーブル、食卓、話し合う時も、共に食べる時も
Able  できる!

なのです。みんなで楽しんでやれば出来る、ってか出来ちゃう、みたいな感じです。

 

相通ずるところがありまして、VOCKの関わりはこちらの過去記事より

 

テッラ・マードレ 若者のプレゼンテーション

 

 

【プレゼン】スローワークに過ごす個人作家業のすすめ

 

 

【プレゼンテーション】地域力ネットワーク研修会 in しむかっぷ

 

 

というわけで、僕にお話をする機会を与えてくれるありがたい組織なのです。

 

その冊子の裏表紙に専務ちゃんが採用されていて大変光栄。

 

中には

クライマーの僕もいます。

 

僕はここのとこニュース情報の遮断というのを意識しているんです。あまりニュースを見ないようにしています。(知りたいことは頑張って調るからいいのです)

 

垂れ流されニュースを見て政治を考え、国際情勢を鑑み、世を憂う・・・のはもう疲れたわい。いろんな事を知れるようで実は限定的だし。

 

それに虐待された、殺された、死んだなんて話も聞けば聞くほど鬱々としてくる。

 

意識を外に向けるの良いけれど、現代はそれが半強制的で過剰。その結果足元は疎かになるのはいかんともしがたい。

 

ネガティブパワーは溜まるし、下手すりゃ手の平で転がされる始末にうんざり。


足元にある自身周辺の生活の質を考えたり変えたりする事のが大事。そういうパワーが集まると世の憂いも変わっていくのでしょうよ。

 

つまりそれってLCoTAbleなのだと改めて感じた次第なのです。

2017.07.04 Tuesday

【体験プログラム】男鹿現る

見たらわかると思うけど、住宅街に現れた男鹿です。

立派な角がにょーんと伸びています。

 

うちの子も見に行っていました。

男鹿が微笑んでいるように見えます、ね。

 

・・・みんな騙されたと思いますが、鹿の正体は・・・実は僕です。それこそ冒頭に戻って「見たらわかると思うけど」なんですけど。

 

なぜこんなヘルメットを製作したかというと、僕の住む村で修学旅行生に向けた体験学習プログラムがあり、僕はエゾジカのプログラムを担当しているのです。メインテーマは【エゾジカの保護管理を通して学ぶ生命の尊さ】で、様々な体験を実施しています。

 

その一環として、「頭にこんなに長い角が生えてたらどんな感じがするんだろう?」を実体験できるヘルメットを作ってみたのです。何がどうして命の尊さのテーマに絡むのか!?

 

こんなのが頭から生えて生活しているんだなぁ~、全ては男の戦いのために、そしてハーレムゲットのために!!

 

まさに生命!!

 

実際にこのヘルメットを被ってみると、人間の首では角の遠心力でかなり辛いものがあります。(無論鹿のぶっ太い首では大丈夫だけど)

 

先日、プログラムで高校生たちに貸し出したらすげーは楽しそうだったよ。

 

製作者としては「なにより」の一言です。シェイパーのしての能力を発揮し、ヘルメットのアールに合わせて頭蓋骨を削ったのがポイントだったな。

 

楽しかったこととして記憶に残ったらいいなぁ~、と思います。

2017.05.20 Saturday

【芋虫】コケムシたコケムシ

先日岩場にいた虫。

木の葉に苔・・・みたいな芋虫。

 

岩の中にいると全然わかんない。

↑微妙に苔が動いているのが分かるでしょうか!?

 

家に帰って調べたらシラホシコヤガという蛾の幼虫だと思われ。ミノムシみたいに苔を身にまとうだってさぁ~。

 

苔むした苔虫なんだわ。今までにどれだけ間違ってクライマーにブラシでゴシられていることか!!

 

凄い擬態なんだわ。

 

2016.09.10 Saturday

【キノコ】タマゴタケモドキ!?

今日、タマゴタケモドキらしきをめっけました。

 

 

 

タマゴタケならいいのだけど、タマゴタケモドキは猛毒。

 

でも可愛いので朝から夕まで定点撮影してみました。

にょにょにょにょにょにょ。

 

もうちょっと出るとこまで見たかったなぁ~。

 

追記:本物の方みたいです。でも「みたい」なのでやめとく~。

2016.05.22 Sunday

【リス注意】エゾリスに会う

【リス注意】していると書きましたが、注意していたおかげで先日、会えました。

エゾリスさんです。
IMG_5322.JPG

IMG_5326.JPG

IMG_5328.JPG

IMG_5339.JPG

おっぱいの感じから♀なのかな?と。
IMG_5334.JPG
かわいいっすなー。

枝すごーなリスの住む森。
IMG_5296.JPG

関係ないけど、こちらは明日で6ヶ月になる息子くんと専務ちゃん。
IMG_5282.JPG
モザイク加工?

ではなく、水面に写っている写真を逆さまにしたのでした。
2016.04.14 Thursday

【情報提供願い】占冠村、幻の七福岩

次回予告がアクセサリーの話でしが、ちょっとお休みをしてシーズン突入間近の岩の話をさせて下さい。

何年か前に、占冠村に七福岩という岩があると教えてもらった。なんでも昔は占冠村の小学校の遠足コースの目的地でそこでランチをしたとか。

「その岩、祀られてないんですか?登っても怒られないんですか?」

「えー、大丈夫だと思うよ」

とはいえ、その方は行ったことがなく、おおまかな位置だけ教えてくれた。それを僕は頼りに山の中を歩き回った。が、流石に大雑把すぎて見つからず。

一昨年、ついに行ったことがあるというご老人と知り合う。

「その岩、祀られていなんですか?登っても良いもんなんですか?」

「全然問題ないでしょ」

というわけで、今度はかなりピンポイントで場所を教えてもらう。

辿り着いてみればそこは植林地。整然と針葉樹が並び背丈を超える熊笹地帯。

三回アタックしたけど、やっぱり見つからない。岩らしさが全然ない。それよか、毎度遭難しそうになる。植林した森は前後不覚になるんだよ。そして熊笹の中を走る鹿に熊か!?と心底震えた。

不発が続けば続くほど会いたいさ募る、七福岩。


登れる岩なのかどうかすら分からないけど、このブログを読んでくださってる村民の方、幻の七福岩の情報を持っていたらどうかご一報いただきたいとお願い申し上げます。

 
2016.02.16 Tuesday

小川道

暖冬です。

こないだも2日ほど雨が降り、道路が凍ってしまって大変。

ここトマムといえば自慢は寒さです。「うわー寒いなぁ~」と感嘆するのが楽しみでもあるので、外気温が分かる温度計を設置し、いつも気温観察をしている。しっかし今年はとにかく下がらんです。寒いのは辛いけど、寒くないのは物足りないというもやけた気分。

この時期は近所の小川が凍って、小川道を歩くという風情のある楽しみがあるのだけど今年はこの有様。
IMG_0395.JPG
どこで川落ちするか分からん。例年の安心感が全然ない。

薄氷を踏んだらさようなら、な危険を犯して写真を撮ってきたのです。
IMG_0420.JPG
春先みたい その1

IMG_0416.JPG
春先みたい その2

IMG_0404.JPG
時が止まったみたいな苔からの氷柱

IMG_0400.JPG
氷柱ゾーン

IMG_0393.JPG
重し その1

IMG_0388.JPG
重し その2

IMG_0367.JPG
トンネル その1

IMG_0377.JPG
トンネル その2

無事生還です。

今年は岩開きがちょっと早いかもね~。

 
2015.12.13 Sunday

勘太郎と勘太郎 ・ ハデハデ眠り地蔵

ここのとこ、お父さんになってはしゃいでいるわけですが、まだ専務ちゃんが妊婦さんだった夏頃に友人のとこで生まれた息子くんの名前がなんと同名の「勘太郎」。

今日はその勘太郎くんと今日は2ショット写真を撮らせてもらったのです。
IMG_1007.JPG
0歳の勘太郎くんと35歳の勘太郎です。

実は、勘太郎という人に会ったのは生まれて初めて。決してマイナーな名前じゃないはずなんだけど、今日の今日まで同名人に会ったことがなかったので会いたかったのよ勘太郎くん。

ところで我が家の良門くん、マイナーネームゆえに「キラキラネーム?」と早くも何度か指摘されてしまった。門って太郎を越える日本の伝統的な名前の一部なんだぜ、と一応反論。まあ、いいけどね。

その良門くん、まだ頭が小さすぎて調度良い帽子がない!!こっちのが問題。

お父さん・・・編みました。
IMG_1020.JPG
これをかぶっている時はハデハデ眠り地蔵って呼んでます。
 
Powered by
30days Album