ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2017.05.20 Saturday

【芋虫】コケムシたコケムシ

先日岩場にいた虫。

木の葉に苔・・・みたいな芋虫。

 

岩の中にいると全然わかんない。

↑微妙に苔が動いているのが分かるでしょうか!?

 

家に帰って調べたらシラホシコヤガという蛾の幼虫だと思われ。ミノムシみたいに苔を身にまとうだってさぁ~。

 

苔むした苔虫なんだわ。今までにどれだけ間違ってクライマーにブラシでゴシられていることか!!

 

凄い擬態なんだわ。

 

2016.09.10 Saturday

【キノコ】タマゴタケモドキ!?

今日、タマゴタケモドキらしきをめっけました。

 

 

 

タマゴタケならいいのだけど、タマゴタケモドキは猛毒。

 

でも可愛いので朝から夕まで定点撮影してみました。

にょにょにょにょにょにょ。

 

もうちょっと出るとこまで見たかったなぁ~。

 

追記:本物の方みたいです。でも「みたい」なのでやめとく~。

2016.05.22 Sunday

【リス注意】エゾリスに会う

【リス注意】していると書きましたが、注意していたおかげで先日、会えました。

エゾリスさんです。
IMG_5322.JPG

IMG_5326.JPG

IMG_5328.JPG

IMG_5339.JPG

おっぱいの感じから♀なのかな?と。
IMG_5334.JPG
かわいいっすなー。

枝すごーなリスの住む森。
IMG_5296.JPG

関係ないけど、こちらは明日で6ヶ月になる息子くんと専務ちゃん。
IMG_5282.JPG
モザイク加工?

ではなく、水面に写っている写真を逆さまにしたのでした。
2016.04.14 Thursday

【情報提供願い】占冠村、幻の七福岩

次回予告がアクセサリーの話でしが、ちょっとお休みをしてシーズン突入間近の岩の話をさせて下さい。

何年か前に、占冠村に七福岩という岩があると教えてもらった。なんでも昔は占冠村の小学校の遠足コースの目的地でそこでランチをしたとか。

「その岩、祀られてないんですか?登っても怒られないんですか?」

「えー、大丈夫だと思うよ」

とはいえ、その方は行ったことがなく、おおまかな位置だけ教えてくれた。それを僕は頼りに山の中を歩き回った。が、流石に大雑把すぎて見つからず。

一昨年、ついに行ったことがあるというご老人と知り合う。

「その岩、祀られていなんですか?登っても良いもんなんですか?」

「全然問題ないでしょ」

というわけで、今度はかなりピンポイントで場所を教えてもらう。

辿り着いてみればそこは植林地。整然と針葉樹が並び背丈を超える熊笹地帯。

三回アタックしたけど、やっぱり見つからない。岩らしさが全然ない。それよか、毎度遭難しそうになる。植林した森は前後不覚になるんだよ。そして熊笹の中を走る鹿に熊か!?と心底震えた。

不発が続けば続くほど会いたいさ募る、七福岩。


登れる岩なのかどうかすら分からないけど、このブログを読んでくださってる村民の方、幻の七福岩の情報を持っていたらどうかご一報いただきたいとお願い申し上げます。

 
2016.02.16 Tuesday

小川道

暖冬です。

こないだも2日ほど雨が降り、道路が凍ってしまって大変。

ここトマムといえば自慢は寒さです。「うわー寒いなぁ~」と感嘆するのが楽しみでもあるので、外気温が分かる温度計を設置し、いつも気温観察をしている。しっかし今年はとにかく下がらんです。寒いのは辛いけど、寒くないのは物足りないというもやけた気分。

この時期は近所の小川が凍って、小川道を歩くという風情のある楽しみがあるのだけど今年はこの有様。
IMG_0395.JPG
どこで川落ちするか分からん。例年の安心感が全然ない。

薄氷を踏んだらさようなら、な危険を犯して写真を撮ってきたのです。
IMG_0420.JPG
春先みたい その1

IMG_0416.JPG
春先みたい その2

IMG_0404.JPG
時が止まったみたいな苔からの氷柱

IMG_0400.JPG
氷柱ゾーン

IMG_0393.JPG
重し その1

IMG_0388.JPG
重し その2

IMG_0367.JPG
トンネル その1

IMG_0377.JPG
トンネル その2

無事生還です。

今年は岩開きがちょっと早いかもね~。

 
2015.12.13 Sunday

勘太郎と勘太郎 ・ ハデハデ眠り地蔵

ここのとこ、お父さんになってはしゃいでいるわけですが、まだ専務ちゃんが妊婦さんだった夏頃に友人のとこで生まれた息子くんの名前がなんと同名の「勘太郎」。

今日はその勘太郎くんと今日は2ショット写真を撮らせてもらったのです。
IMG_1007.JPG
0歳の勘太郎くんと35歳の勘太郎です。

実は、勘太郎という人に会ったのは生まれて初めて。決してマイナーな名前じゃないはずなんだけど、今日の今日まで同名人に会ったことがなかったので会いたかったのよ勘太郎くん。

ところで我が家の良門くん、マイナーネームゆえに「キラキラネーム?」と早くも何度か指摘されてしまった。門って太郎を越える日本の伝統的な名前の一部なんだぜ、と一応反論。まあ、いいけどね。

その良門くん、まだ頭が小さすぎて調度良い帽子がない!!こっちのが問題。

お父さん・・・編みました。
IMG_1020.JPG
これをかぶっている時はハデハデ眠り地蔵って呼んでます。
 
2015.12.01 Tuesday

赤子モード

ちょっと、お仕事がスローモードです。

というのも赤子と父として専務ちゃんの旦那として忙しい日々を過ごさせてもらっています。

産後、21日間は僕は主夫でもあるのです。(産後21日間、お母さんは動かないほうが良いらしい)

そして、赤子の世話というオモシロ体験を楽しんでいます。もちろん、一日の内少しは工房で過ごしているんですが・・・。

そんな主夫に本日司令が届きました。

「髭剃って」

ちょちょちょ、髭は作家である僕にとってのアイデンティティー・・・・・・・・・・・・でもなんでもない!!OKちゃん。

IMG_9917.JPG
ハーフです。特に意味はありませぬが半々にしてみてください。清潔感と年齢がぜんぜん違う!!気がする。

そして
IMG_9920.JPG
オールです。これだけで5歳ぐらいは若返れます。ちなみに髭は剃るのが面倒なので伸ばしていただけなのです。

そして明日は髪を切られます。長髪は作家である僕にとってのアイデンティティ・・・・でもなんでもない!!ただ面倒なので(略)。

僕にとってのカッスカスのアイデンティティよりも赤子。今は赤子モード。(もちVOCKの仕事もしますよ!!)
IMG_9981.JPG
そんな息子くんの名前が先日決まりました。良門(らもん)くんです。

良いことがたくさん入って来る門であり、良いことをたくさん放つ門。そんな素敵な人物になりますようにと願い名付けました。

どうぞ良門くんをひとつよろしくね。
 

VOCKのお仕事情報も載せておきます。今月はネジ止め仕様の木製クライミングホールド作りがメインです。頑張ります。
2015.11.24 Tuesday

父になる

この度はごくごく個人的な報告をさせていただきます。

じゃーん。

お父さんになりました。

陣痛が来てからこの子が生まれてくるまでのお父さんレポをここに記しておきます。
 
続きを読む >>
2015.11.05 Thursday

テッラ・マードレ 若者のプレゼンテーション

テッラ・マードレというイベントでは若者のプレゼンテーションというコーナーがありまして、招待いただきプレゼンテーションしてきたんですよ~。

今回このためにパワーポイント覚えたからね。

テーマは「各々の取り組み事例をもとに将来に向けた意見や主張」です。

どんなプレゼンをしたのか・・・せっかくなのでパワーポイント資料と共にちょっち紹介させてね。

以下

スライド1.JPG
VOCKのテーマは「土から生まれ土に還るという価値」についてお話いたします。

と、まずは自己紹介です。
スライド2.JPG
東京に生まれ、クライミングと出会い、クライミング業界を覗いて、ニュージーランドへクライミングトリップ。

このニュージーランドの旅がターニングポイントで、旅を通して「あっ、なんでもありなんだな」と気づいちゃった。あーしなさいとかこーしなさいとか、こうあるべきだとか、あれが正しいとか・・・固定概念・既成概念の枠決壊。それまでの教育で溜まった澱を一掃。

帰国後、若さに任せて東京脱出。半年後にVOCKを立ち上げる。

その後、放射能汚染に押し出されれるように北海道へ。

ちなみに・・・
スライド3.JPG
というのが名前の由来。

そもそもは木製クライミングホールドメーカーとして始まり、自然素材アクセサリー・子供クライミング教室の先生、クライミング写真撮影・・・と思うまま感じるままに~。

ロゴマークに隠されたピースマークは手旗信号のNとDを合わせたものでNuclear Disarmament=核軍縮を表している。3.11以降このロゴマークで反核アピール。

さてさて、肝心の木製クライミングホールドとはなんでしょう。
スライド4.JPG
クライミングのインドア施設にて使用される持ち手の事です。左側がVOCKの木製クライミングホールド。右側がプラスチックホールドで一般的にクライミングホールドといわれるのはこちらです。

簡単な特徴としてはそれぞれ、
木製クライミングホールド:量産不可、手間がかかる、一点もの
プラスチックホールド:量産可、カラフル、量産品
などなど。

では、何故にVOCKではマイナーな木製クライミングホールドへのこだわりがあるのか。
スライド5.JPG
生命は全て土から生まれ、土に還る有機体だと思っております。

って、「動物は土から生まれてないじゃん」と思われるかもしれないけど土から生まれた生命を得ずに生きている生命はなく、この循環の一部分だと考えるわけです。

生命の循環の輪と和を感じながら仕事がしたかったのです。

そして、経済優先社会への反発もございました。
スライド6.JPG

諦めの同調圧を受けたことありますか?実はあれ、上の者の都合ですぜ。(僕が思うにだけど)

社会は本来不定形で難しくも易しくもなる・・・はず!!

難しく、いや難しそうに見せておきたい輩がおり、普通に考えればそんなに難しくないのがバレちゃうから忙殺を強い、考える間を与えず同調圧をかける。

そんなスットコドッコイに付き合ってられんから自分で仕事を作る!!と考えたのです。

そして、そんな諦めと忙殺の経済優先社会。こいつを変えるには経済優先を逆に利用すればいいと考えています。
スライド7.JPG
というわけです。

忙殺の枠組みから離れ、考える消費者になれば主権が消費者に移る。(もちろんそれを阻止したい輩がいるんだけどさ)

政治家のマニフェストは反故にしても良いみたいだし、確実に反映される日々の投票「お買い物」にもっと気合を!!

でもさ、投票したくたって候補がなくちゃ無理なのです。
スライド8.JPG
提示できる選択肢のヒトツとしてVOCKはありたいと考えています。

勘違いしている人もいるんだけど、僕は石油製品に対して排他的な考えを持っているわけじゃない。必要なのは柔軟性とバランス。もしも石油がなければ木材消費で世界中の山がツルピカハゲ山だ。

何かに偏重し過ぎるのがヤバイ。だから選択肢はたくさんあったほうが良い。

でないと
スライド9.JPG
企業側が「儲からないからやらない」と淘汰され続ければいつか諦めの一択となる。理想理念を持ち、踏ん張っている企業は本当はたくさんあるのです。

選択肢のない社会は良い社会ではないと思うのね。

VOCKが価値を見出し踏ん張れれるのは
スライド10.JPG
前述したように生命にとっての基本を守る事に重心を置いているからです。

さて、最後にとても良い言葉があるので紹介します。
スライド11.JPG
しばしば「スローライフを実践しており素敵ですね」的な事を言っていただくんですよ。

その方々が考えているスローライフって言葉は「時間をゆったり使い、オシャレに生きている」意味であったりする。

でもスローライフってそんなじゃなくて、僕は次のように考えています。
 
今を節約せずに未来を浪費しないこと

昔の何倍も何十倍も早く仕事ができるようになった。今がどんどん節約できるんだって人々は狂喜した。今を節約して未来を浪費しているとは考えずに大量生産し大量消費し大量廃棄した。

そしてせっかく節約して手に入れた時間で仕事をするし、節約して不要になった人々は失業者と呼ぶ。なんか変じゃないすか?

『7世代先の子供達の為に生きよ』。今を謙虚に生き、未来を継いでいく。その事が土台でなければ進化も進歩も砂上の楼閣ごとく危ういものと主張させていただきます。
 

以上

という話をですね、シドロモドロさせていただいたのです。

今回、若者プレゼンテーションに招待された5人のうちの一人だったんですけど、その中で僕も最年長ですよ。えっ、35歳って若者なの!?と親しい人に指摘されつつ、20代に混じってかましてきたのです。

メッセージカードやジャガイモをたくさんもらってホクホクでした。(右から三番目のオンチャンは講評してくださった北大教授)

どうもありがとうございました。
2015.09.28 Monday

ご無沙汰

23日

両親を連れて日帰り旅行。

子鹿ちゃんを見る。



24日

赤岩青巖峡にて「わっせ・むっせ・じゅごんす」をワンテンに持ち込む。

秋の深まりを感じつつなんとか今シーズン中に・・・と思う。いや、願う。
IMG_1271.JPG

25日

厚別川をカヌーで川下り。

鮭が遡上していて感動する。
IMGP9952.JPG

微妙な動画を13秒にまとめてみたよ。


それから雲がきれいだった。
IMGP9984.JPG

26日

第三回ボルダリング祭りに参加。楽しすぎてほとんど写真撮れず。
IMG_1283.JPG


27日

バキバキの身体を引きずり、専務ちゃんのフラダンスの発表会で旭川へ。

28日

お仕事。注文のペンダント作りでした。



という感じで、ご無沙汰でした。




 
Powered by
30days Album