ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2020.10.05 Monday

ブログ休止について

今月より、システムの変更があった事に気が付かず、設定の変更をしていなかったためブログが休止になっておりましました。すみません😅

 

 

2020.10.01 Thursday

13周年

本日でVOCKは13周年を迎えました。

 

一重に支えてくださる皆様のおかげと感謝です。ありがとうございます。

 

13年間、木を切っては削り日々を送り続けております。

 

最近ではクライミングに寄せる比重がすっかり減ってしまいましたが、子供がもう少し大きくなるまでは一緒にいたいのでそれはそれで楽しんでいます。

 

クライミングの課題作りの仕事やインストラクションの仕事をいただき、精一杯やらせてもらっています。最近ではワークショップにも励んでおります。

 

歳を重ねるごとに充実している次第で本当に感謝の気持ちがいっぱいです。

 

ついに私も40代となります。私はサラリーマンの父が40歳になった日の事をよく憶えています。ホワイトボードに「40歳おめでとう」と書いて祝ったものです。

 

その頃感じだた40歳という年齢に差し掛かり、私も年を経たものだと深く感じ入ります。子供から見た40歳がすごく大人なのを知っているので、私も大人然としていようと心に誓いました。

 

私は不摂生ではありません。酒タバコに縁がなく、睡眠も十分です。摂生という努力をしているというわけではなくて、たまたまそのようなライフスタイルなわけで、人によってはつまらない人間と思うことでしょう。

 

おかげでか、下腹が出ることもなく、健康上の問題は無いと言えます。

 

時に若者から私のライフスタイルを理想だの憧れだの言われる事もあります。すごく自由に生きていると。

 

実は自由に生きているわけではなくて、たまたまこのようにしか生きれなかった結果が現在であって、自由に対する強い思いがあって努力したり頑張った結果ではありません。それでも羨んでいただける事もあるが非常に照れくさいです。

 

今後もたまたまなライフスタイルを続けていくことが出来たら幸いと願い、VOCKは14年目に突入です。

 

クライミングは力んだら落ちます。力を抜くと次のムーブが生まれます。力を抜いて一生懸命物事に取り組み、最高のクライミングホールド・面白い課題・素敵なアクセサリー・感動の体験などなどお届けしたいです。

 

どうぞよろしくお願いたします!!

2020.06.29 Monday

北海道の情報誌HOに掲載

時折購読していた北海道の情報誌HOに私自身が登場させていただきました。

 

こちらの最新号です。

 

19ページ【あなたの鞄の中身見せて下さい】にて。

 

この手は、テレビでモデルさんがカバンの中身拝見コーナー的なので、視聴者が「ああ、こんなおしゃれな美容グッズ使ってるんだ〜」とか「小物も可愛いなぁ~」と思うのが筋でしょう。

 

「こんなオジサンでいいのかい?」が取材オファーを頂いた時の気持ちでしたが、なんとか説得いただき記事にしていただいた次第です。結果素敵な記事をありがとうございました。

2020.03.04 Wednesday

ここ最近

新型コロナウィルスによる騒動で気の滅入る日々が続いております。

 

一日も早く収束することを願うばかり。

 

ここまでの騒動になる直前の先月25日にトマム地区保育所のボルダリング教室を開催しておりました。

大人たちの教室と違ってほとんど付きっきりで世話を見るため写真を撮れず。最後の方にギリギリ撮った一枚。

 

他の子供らはそのへんを走り回っています😅

 

この保育所クライミング教室は第二回ですが、初回ではイケイケで登っていた子が、今回、親が見に来たら泣いちゃって泣いちゃって・・・親で甘えん坊スイッチが入ったみたい。終始泣きながら登っていました。泣きつつも登るは登るんだなぁ〜と感心した。

 

それから、みんなで着地の練習もしました。登りと着地を合わせてボルダリング。着地が下手だと思い切った動きが出来ません。

 

まだまだ上手とは言い難いけれど、一つ一つ出来るようにまた教えていきたいと思います。

 

と、思った矢先に新型コロナウィルス騒動で3月いっぱいボルダリングウォールも利用休止となりました。役場建物内の施設なので順当な判断かと思いますが・・・寂しい限り。

 


 

私としても、まだまだ雪の中とはいえ、北海道にも春に近づきつつあり、クライミングに精を出す気になっていた時分。

 

ホームジムのクライミングジム十勝も念の為の臨時休業となり、気持ちを持て余していたところ隣町の友人のプライベートムーンボードに誘われ、VOCKホールドを携え登りに行ってきました。

ムーンボードの基本が指先系のホールドなので、せっかくなので変化のため大きめのホールドを持っていき、友人はスローパーやラップに喜んでくれました。しばしここで課題を作って身体作りです。世話になる!

 


 

もちろん、木のクライミングホールド作りも日々続けております。

 

ただただ日常が戻ることを祈りつつ、出来る事を手掛ける日々です。

2020.01.03 Friday

新年のご挨拶

午年じゃないんだけど、

お正月の散歩です。

 

皆様あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いたします。

 

年末年始は例年通り雪に埋もれ、子供たちの冬休みに付き合って過ごしております。下の子も喋るようになってきて益々生意気で面白いわ〜。上の子には日々説教されてます。

 

さて、日々進化を続けるこの世界。今年はVOCKでもレーザーやろうと思ってます。ハイテクだよね〜。面白そう。

 

去年の事は忘年会で全部忘れてしまったので、2020年は忘れないように物事はレーザー刻印しようかと考えております。

 

今年は、とりあえず私が消防団10周年で明後日表彰されるらしいのと、私が40代に突入です。それとオリンピック。一心不乱に応援しよう。

 

皆様の2020年が素敵な年でありますように!!

2019.11.30 Saturday

ワークショップINトマム

かねてより、ワークショップをやりたいなぁ〜と考えていたんです。

 

以前紐編みのワークショップをやったことがあるんですけど、私としてはやはり木でやりたい。

 

とはいえ、刃物や危ない系工具は使いたくない。となると・・・浮かんでは消え、浮かんでは消えを繰り返してやらずじまいだったワークショップ計画。

 

超熟成の上、始動です。

 

機械は使いますが、危険性が許容範囲。子供などは危ない部分一緒にやってあげる。あと好みの女性とかも・・・。

 

ベースの木と埋める用の木は事前に用意します。なので体験者は好きな箇所に穴を空けて木を埋め込む作業を楽しんでもらえればと思います。

 

今回は村の事業として認可されたので1個無料です。2個目以降は有料となります。

 

村人以外もOKなので興味がありましたらご参加ください。ミナトマムとはトマム唯一の信号機の交差点のとこにある白い建物です。駐車スペースあります。全然あります。万が一足りなかったら隣のトマムコミュニティーセンターにいくらでも停まります。

2019.10.16 Wednesday

北海道新聞掲載

北海道新聞に取材いただき、この度掲載していただきましたのでご報告します。

 

先日のテレビ放送が12日で、当新聞の発刊日も12日だったので、この日は新聞とテレビで私のコンボにあった人が少なからずいるかも知れません。

 

私にとってはありがたい事この上ないです。

 

テレビ放送の方、番組のHPに写真と文章が掲載されておりました。↓クリックでリンク

もう少しいい写真はなかったのか!?とも思いますが、これはこれで面白いのでいいね。

 

 

@vock_climbing_hold

2019.10.06 Sunday

NHKと北海道新聞から取材を受けました

私が講師を務めるボルダリング教室にNHKより取材が来ました。

 

全道放送の

です。

 

教室の子供達と番組ホームページ用に撮影した写真。私の左側の女性が松田アナウンサー。明るく素敵な女性でした。

 

インタビューなども受けたのですが、何度も受けているんだけど慣れません。

 

「えっ、別に何も考えてないけど・・・」とは言えないので、なんとか絞り出して答える事にしていますが、カスしか出ないので途中で何を言っているのか自分でもわからなくなる。

 

そういうのを上手につなぐのがディレクターの手腕でしょうから、オンエアを楽しみに待ちたいと思います。

 

また、工房での撮影もあり、事前に必死で掃除しました。私はきれい好き(神経質)だと思われがちなのですが、ズボラなのです。そのズボラな事を私は「集中力が高すぎて周りが見えなくなってしまうタイプ」と妻には説明しています。・・・睨まれます😅

 

ずーっと掃除をしていて「仕事ができない」とボヤいていたら、妻より「掃除も仕事だよ」と慧眼の一言をいただきました。集中力が高すぎて気づかなったぜ。集中力を下げる努力しよ。

 

 

放送は12日(土)です。道民の皆様よかったら見て下さいませ。

 


 

また、別件で先週に北海道新聞の取材もありました。今週に掲載予定だとか。

 

北海道新聞は4〜5回くらい取材いただいたと思う。でもだいたい「送ります」って言って送ってくれないんだよー。だから載ったら友だちが教えてくれる。

 

今回は局長さんが来てくださり、念を押して「いつも送ってくれないので送って下さい」って言ったので送ってくれるはず。

 

記事の内容もさることながら、その点にも私は注目しています!!

 

 

@vock_climbing_hold

2019.10.06 Sunday

ありがとうございます、VOCK12周年!!

今月でVOCKは12周年を迎えることができました。

誠にありがとうございます。皆様に支えていただき干支を一周する時間を過ごすことができました。

 

私はVOCKを立ち上げる際に【土に還るモノ作り】を指標にして立ち上げた次第です。

 

2007年当時を振り返りますと、地球温暖化、ダイオキシン、環境ホルモンなどなど環境問題が非常にクローズアップされていた事でアンチテーゼ的に【土に還るモノ作り】を掲げ、木製クライミングホールド製作を始めたのです。

 

2019年の今、プラスチックの海洋汚染問題がクローズアップされております。

 

しかしながら、この12年間で私も随分知識を身に着け環境汚染問題という問題に抗えるようになってきているわけです。

 

兎にも角にも環境問題の裏に利権があり、魑魅魍魎の巣である事が分かってまいりました。

 

環境問題は何一つ解決されず、莫大な予算を消費し、忘れられれば新たなトレンドを用意する。そしてそれに踊らされるのは善意ある人々というわけです。

 

2019年のトレンド、マイクロプラスチックは「プラスチックが分解されずにマイクロサイズとなり漂い、海洋汚染をしている」と言います。よく字面を見ると矛盾していて、マイクロになるまで分解されているわけです。マイクロまでは分解されるけれどマイクロ以上には分解されないって!?

 

さらに問題の行き着く先がペットボトル使用禁止とかではなくてレジ袋有料義務化。非常にきな臭いけれど、人々を不安にさせて、なんだかグダグダした後に忘れされれることでしょう。

 

プラスチックですら時間をかければ分解するというわけです。ちなみにダイオキシンの有毒性は知られていないけれどほぼ否定されています。無毒ではないけれど以前に伝えられていたように有毒性は人間に限っては無いとの事。

 

そんなわけで、当初、信念として持っていた【土に還るモノ作り】は、当初よりは霞んできてしまったのです。

 

ただ、私もアラフォーになりまして、自分の信念や思想を押し付けても他人は気持ち良くないと察するに至りまして、むしろ環境問題が詐欺みたいなもんで虚業ならばその方がいいわぁ〜と思う次第です。問題という本質が無いわけだからね。

(環境問題の嘘について書くと膨大になるので「武田邦彦」とかで検索してね)

 

そんな問題がないのなら、私はもっとのびのびと木製クライミングホールドを作って楽しいを提供したい。ギラギラしないでニコニコしてた方が人が集まってくるかもしれないし、肩の力を抜いたほうがクライミングだって人生だって楽しいじゃない。

 

希望的に考えてみよう。今後AIなどが普及して、人々は余暇を手にし、その余暇は楽しむ時間に使われるようになるだろう。その時に木製クライミングホールドを選べたら素敵じゃないっすか。遊びの選択肢に幅があるって嬉しいじゃないですか!!

 

そんな楽しいを想像をしながら13年目を始めています。

 

どうぞこれからもVOCKをよろしくお願いいたします。

@vock_climbing_hold

2019.09.30 Monday

消費税の増税に関して

増税による値上げはいたしません。お値段据え置きとなります。

 

日々研鑽しております。技術が向上しております。増税分は懸命さでカバーしていきたいと考えております!

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

Powered by
30days Album