ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2016.12.02 Friday

【オーダーメイド】フォトフレーム一体型置き時計

夏頃にオーダーメイドで作った置き時計があるんですよ。

 

11月に結婚されるご友人にプレゼントするとの事だったのでブログに出すのを控えておりましたが、12月現在ご友人の手元にあるかと思うので記事にさせていただきます。

 

【フォトフレームと時計が一体になっている置き時計】というご希望をいただきました。

 

ポイントが「一体になっている」点で、そこにすごく悩みました。

 

フォトフレームをどこに配すればいいものか~。別々だったら簡単なんだけどな~。

 

あーでもこーでもそーでもないっ!!の日々を過ごした夏の思い出。

 

結果、こうなりました。

 

 

木はイチイ。北海道ではオンコと言われる木。

 

文字盤は

埋木です。

 

7年くらい前に僕がまだまだ尖っていた頃に作った時計が

これなのです。

 

「文字盤なんていらねーぜ」と思ってたけど、今は「いる・・・かな」と答えたい。

 

どっちもいいんだけどね。

 

裏面はこんな感じ。

壁掛けにもなります。

 

ご注文主様のご友人、おめでとうございました。夫婦で素敵時間を刻んでくださいね。

2014.06.17 Tuesday

時計ペンダント

時計ペンダント出来たよ~。

黒檀


ウォールナット


ナラ(杢)


ローズウッド


パープルハート


パープルハート

こんな感じ。ペンダント仕様です。懐中時計にしたければ紐を変えてね、です。

HPへのアップロードはふらのクリエーターズマーケット以降となります。

時刻合わせは3時の位置にあるツマミを精密ドライバーのマイナスを使って出来ます。精密ドライバーは商品に同封してのお渡しです。

電池交換も裏面(写真撮ればよかった)の電池交換する部位だけ木に穴を開けてあるのでそこから出来ます。

まあ、こんな感じ

これはずっと以前に作ったやつです。



それにしてもな話。

以前に作っていた時計ペンダントの商品紹介の写真がひどいのよ。商品を伝える気が希薄としか思えない。どうした?当時の自分、と問いただしたい。・・・むしろそれでよくやれていたものだと褒めてもいいのかも。

いやさ、最近VOCKさんの商品画像まともになったなーと感じてくれているVOCKウォッチャーな方おります?・・・そんな変化を感じ取ってくれている方がいたら嬉しいんですけど。

まあね、もう何年もネットショップ経営しているんだけど、最近やっとネットショップの商品撮影のやり方みたいなの調べたの。

これまでは太陽光に勝る光源なしという持論で天気の良い日に屋外で撮影だったの。

それが間違っているとも思ってないんだけど屋外撮影ってさ風が吹くとそれはもう大変なのよ。ペンダントぶらんぶらん揺れちゃってさ。あと、急に雲が被ったり無くなったりで条件が変わる。

それから時間帯。朝か夕でないと太陽が斜めから差さないくて美味い具体撮れない。

大変だな~と思っていたのですよ。

それで一回ちゃんと調べようと思って調べたらさ、「やられたー」って感じね。

接写は像がが歪むとか知ってた?接写の方がいいっしょと思ってずーっとやってたんですけど・・・。

いろんなテクニックを知ってしまい、目から鱗(大量)でメガネ傷だらけですよ。

そんなこんなで最近撮り方に変化がおとずれたんですね。まだまだ商品撮影に関しては深く、これからも研鑽していかねばならないんだけど、なにはともあれいろんな事を知るのは楽しいね。

あ、メガネ傷だらけは嘘なんだけどさ、それとは全然関係なく先日メガネを新調しました。2本買うと1本半額につられて2本。1本は家メガネ、1本は外メガネで度数違いです。

で、外メガネを半額だからって始めてスポーツメガネ買ってみたのよ。すげー楽だよ。クライミングもうまくなりそうなくらい。圧巻の鼻へのフィット感だね。メガネクライマーの方々、スポーツメガネはいいですよ。まだクライミングで試してないけども!!



↑クリックでVOCKのウェブショップへ
2013.11.19 Tuesday

壁掛時計

自転車旅の途中、ラフティング屋で働き出して、仕事の合間に見つけたガレガレの岩に開拓の可能性を感じ、僕をその岩に連れて行ってくれた若者を以前ブログの記事で紹介したのをおぼえてますか?

岩は一見して登ったらいけないとわかる代物だった話よ。

そんないい意味でピュアと馬鹿の狭間に漂う好青年、そのお方こそ昨日の記事内でクライミング部の部員として紹介したタクちゃんです。

そんなタクちゃんがなんと旅人を中断を継続して僕の家から歩いて5分のところに家を借りて住み始めた。

タクちゃんはイイ奴なので、僕が使い込んでロープの通り道が擦れて薄くなっていた初代ルベルソを「そろそろ買い替えようと思う」とこぼしたら、ある日4代目ルベルソをプレゼントしてくれました。

タクちゃんはイイ奴なので、僕が12年使ったヌンチャク一式を「そろそろ買い替えようと思う」とこぼしたら、お古で良ければとタクちゃんの昔使っていたヌンチャクを10本くれました。(もちろん貰った方のが僕のから見たら全然お古じゃない)

なんか、タクちゃんにねだってるみたい。決してそんな気はないのだけども〜。

タクちゃんは僕よりおよそ10歳も年下なのに・・・「これじゃいけねー」と僕の心に一陣の兄貴風が吹きまして、引越し祝いとを兼ねて壁掛時計を作って差し上げました。



ナラをベースに12・3・6・9は黒檀、その他はウォールナット。

そしたらタクちゃん、「あっ数字描き込まなきゃ」だって・・・アナログ時計が苦手みたいだ。

もしくは使ってないキーボードの数字キーを剥がして貼り付けるとか○の部分を麻雀牌の

これにしたいとか・・・意味はわかるけど理解はしたくない、そんな香ばしい提案をしてきた。

いいんだよ。いいんだよ。貰ったんだから好きにしたらいいんだよ〜。君に幸あれ。

何かと注目の若者だ。



今回の作家の頭の中は「時計はいくつか作ったけど、これは今まで一番オードソックスな時計」でした。
2012.11.16 Friday

置時計

特注でペア置時計作りました。







チクタクチクタク。僕は寝室でチクタク音があると気になるタイプです。でも全然寝れます。

壁掛けも出来ます。
2012.04.30 Monday

振り子時計

壁掛け時計を頼まれたので振り子時計を作ってみました。

しかも石入り。

12時にアマゾナイト

3時にアベンチュリン

6時にフローライト

9時にネフライト

です。







石の意味的には

希望の12時

癒しの3時

記憶の6時

シャーマニックな9時

といったとこ。

振り子時計ってなんかいいよね〜。振り子に写り込んじゃったよ〜。
2010.09.02 Thursday

置き時計 兼 壁掛け時計

お客さんからの注文で時計を作った。しかもペア時計。



右が雄で左が雌というつもり。

最初から置き時計でと言われていたにもかかわらず全然壁掛け時計のつもりで作り出してしまい、途中経過を報告したところで気づく。

だったら壁掛けにもなる置き時計にしたらよかですよ、と台を作る。



完成形を見た友人の卍氏は

「オランダを思い出すね〜」と言われたが彼はオランダ人ではないし、オランダに行ったこともない。「風車を思い起こさせるねー」と言いたかった卍氏であったが脳の回線がショートカットしているのであった。

さておき思いがけずオランダを思い出す形になったのでした。行ったことないけどね。





VOCKらしいうねうねぐにゃぐにゃ感が出て僕としては満足したのでありました。

そして後ろから見るとなにやら怪しい。





雑貨情報サイト- モノラボにほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ クライミングへにほんブログ村人気ブログランキングへ
2008.12.06 Saturday

懐中時計スタンド

懐中時計を嗜みたい。

それも懐中時計スタンドまで含めて嗜みたい。

そんな時代が来るね。きっと。

「腕時計?そんなのをまいていた時代がありました、私にも」・・・きっと?

静かなブームって時々指摘されているけどブームじゃないよね。僕が目指してるのは上記の様なやつ。価値観が一度壊れ再構築される。そこまでになるともはや文化と呼んでもいい!!

その頃には(株)VOCKになっていることと思います。木枠の懐中時計は通称VOCKと呼ばれしまう。(接着剤全般をセメダインという人がいるように)

でもよ、野望はタダなんだけど努力はタダじゃないから頑張れなさそうです。そう、VOCKはアングラでいいのです。

ところで知る人ぞ知るってのも要はあまり知られてないって事だよね。

静かなブームを巻き起こして知る人ぞ知るアングラのヒット商品を作りたい!!

<裏直訳>ブームは起こせず、ほとんどの人が知らず、存在自体は隠れていて時々売れる商品を作りたい。

なんだかなぁ〜。なぁ〜なぁ〜なぁ〜。

Let it be.

今出来ることをしましょ。でも、妄想って楽しいよね。









↑これが今日の妄想の素。

デスクワークする時に使います。セールスポイントはこのスタンドはひとつの木から削りだしたというところ。パーツごとに作った方が楽なのにあえて棘の道を進む、それを男気と僕は呼んだ。

これはもうちょっと色々作ってみて商品化しよう。



にほんブログ村 雑貨ブログ ナチュラル雑貨へ

にほんブログ村 アウトドアブログ クライミングへ
2008.11.01 Saturday

VOCK懐中時計

最近ちょくちょく真野川エリアにクライミングに行っている。

ここは一日中日が差さない良いんだか悪いんだかな場所。

今日は風があって寒かった。



んで、だいたい触りたいなぁと思ってる課題がいつも染み出しで濡れているもんで。

今日はそんなわけで「かめ」という星無し課題をやってみたんだけど意外と面白かった。核心は下部でクリップホールドが分からないといやらしい箇所がある。グレードの割には優しいような気がしたけど人それぞれだろうな。


↑これは別の課題



話が全然変わるけど懐中時計ブーム来ないかな。



ちょっと作ってみたのだ。



クライマーって腕時計つけたまま登らないでしょ(登る人もいるけど)。

それだからこそ休憩中におもむろに懐中時計出したら…もてる!!しかも木枠だとなおもてる。なんてねぇ、無いねぇ。

でもきっと周囲の人が抱く紳士指数がほんのちょっぴり上がるとは思うんだ。


にほんブログ村 雑貨ブログ ナチュラル雑貨へ

にほんブログ村 アウトドアブログ クライミングへ
Powered by
30days Album