ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2020.10.06 Tuesday

占冠村保育所のボルダリングウォール

今年の1月ごろに施工させていただいた占冠村保育所のボルダリングウォール。

 

内覧会があって我が家の子供達も見せてもらいました。

 

 

村の子供達もみんな楽しく遊んでくれてるかなー😁

 

 

2020.05.28 Thursday

【お客様ウォール】ガバ玉ホールド

この度紹介させていただくのはこちらのVOCKクライミングホールドユーザーのお客様ウォールです。

どうやら二階へ抜けられるタイプのクライミングウォールです。壁に爪ナットの施工はなく、ネジ止め仕様のホールドを利用しています。針葉樹合板の木目を残す形で塗られた白がセンス抜群です。

 

ペンキを塗って乾く前に拭き取ると地の木目を残す事も出来ますよ。たぶんそのように塗ったと思われます。何はともあれ参考になりますね。

 

また、2階に抜けるだけではなくトレーニングとしても活用されています。

 

しかしながら、指先だけのキャンパシングが奥様には厳しいようで楽しめていないとの事。(キャンパスラングとペグボードはVOCKのものではありません)

 

そこで、旦那様が一計を案じてVOCKのインスタグラムに懸垂用ガバとして紹介させていただいていたホールドをご注文下さいました。

 

 

(こちら、当木材の仕入れ状況的に商品化してないのですが、材料の確保次第で商品化するかもしれません。ぶら下がっても皮膚が痛くなりにくいようにファットになっているのが特徴です)

 

そしてバージョンアップ!!

 

奥様もトレーニング可能になったとのことです😊

 

旦那様、優しい!!

 

 

この度は素敵なお写真をお送りいただき誠にありがとうございました。

 

 

2020.05.21 Thursday

【お客様ウォール】最高の笑顔

めちゃくちゃ可愛い姉弟と共にお客様ウォールの紹介です。

 

 

 

部屋の一角がこのようにクライミングスペースとなっております。

 

クライミングホールドを製作させていただいた私としては、楽しそうな姉弟の表情がとても嬉しいです。顔出しはお母様より許可を頂いておりますが、この素敵な二人を合わせて紹介できて良かった。

 

仲が良くて最高!!

 

日常にクライミングのある楽しい日々をお過ごし下さいな。

 

ちなみに、この度のセットはこちら。

 

 

この度は誠にありがとうございました。

2020.03.12 Thursday

【お客様ウォール】収納に至る

 

お客さまウォール紹介です。

 

この度はちょっと変わり種です。

 

こちらを御覧ください。

 

 

 

階段の側面に点々と散らばる指先系ホールド。

 

今まで階段の手摺としてのホールド依頼などありましたが、この階段というリスキーな場に指先系のホールドとは!?

 

実は宿泊施設で、階段の上にあるレンタル品収納に登るためのホールドで、クライマーであるスタッフさんは登れて、お客様は登れないというシステム。ゆえにお客様安全システム。なるほどアイデアでした。

 

そんな素敵な木を基調にした門構えのお宿はこちらです。

アサヒカワライド

 

北海道の旭川市のゲストハウスです。

 

私も機会を設けて泊まりに行きたいと思っております!!

2020.02.24 Monday

【お客様のクライミングウォール】出窓の猫

お客さまのクライミングウォールを紹介させていただきます。

 

こちらです。

 

 

 

 

この発想はなかった!!

 

深い出窓へと登り上がれるクライミングウォールです。ポカポカ日和に出窓で猫のように日向ぼっこして過ごす猫のような子供さんの姿が思い浮かびました。

 

ちなみに、出窓に置いてあるパワーショベルの玩具、全く同じのが我が家にもあります😄

 

なんか嬉しい。

 

暖炉の温かみが伝わってくるような素敵な写真をお送りいただきありがとうございました。

 

 

2019.08.18 Sunday

【お客様ウォールの紹介】4歳と1歳の登るプライベートウォール

お客様ウォールの紹介です。

 

この度はこちらです!!

4歳と1歳のお子様のクライミングウォールです。ワシワシ、ガシガシ元気いっぱいに登っている姿が可愛らしい。

 

食後、お風呂の後には日々登っているそうです。課題もあり、カンテも駆使して登るんだとか。クライマーの低年齢化が著しい昨今、まさか1歳でも登るものなんだと衝撃を受けた次第です。

 

我が家にも1歳の娘。まだ早いと思って全然積極的に触らせていなかったですが、もう少し近づけてあげようと思います。ありがとうございます。

 

両サイドは窓。

とても自然豊かな土地なのだとお見受けしました。

 

お父様はクライマーで長年ご愛用いただいているお客様です。この度は子供用の壁を作ったとの事でご連絡いただき次のような感想をいただきました。

 

「VOCKの商品はデザイン的にもホールドとしても本当に素晴らし いです」(抜粋)

 

大変ありがたいお言葉をいただきました。これからも日々研鑽に努めてまいります!!

 

 

デザインに関して、10年以上ホールドのシェイプを続け、年々シンプル化してきています。それはセッターの仕事をするようになってからより顕著なのですが、シェイプする方からするといろんな持ち方が出来るシェイプがしたくなります。しかし、セッター側ではいろんな持ち方が出来るホールドは厄介で、動きを限定して面白くしていきたいのに、ケースバイケースですが使いにくい場合が多いと感じています。

 

作り手としては作るのが面白いので凝りたくなり、しかしそこを堪える事でクライマーが面白くと考え取り組んでいる次第です。

 

これからも日々を積み重ねてより良いホールドを!!

 

お写真ありがとうございました。モチベーションアップです😊

@vock_climbing_hold

2019.06.30 Sunday

【お客様ウォール】木の温もりと楽しい小窓

お客様ウォールの紹介です。

 

こちら板を並べて作ったウォールにVOCKの木製クライミングホールドを採用いただきました。

小窓が2つあって、大きいほうがインターホンモニターで小さい方がコンセントだという事です。

 

遊び心が感じられてすごくいいですね。

 

上部は少々前傾。

ライティングも効果的でホールドから伸びる影がより立体的に感じさせてくれます。

 

木のぬくもりをふんだんに感じさせてくれる素敵なプライベートウォールでした。ありがとうございました!

@vock_climbing_hold

2019.04.26 Friday

【お客様ウォール紹介】子供の遊び場

お客様のプライベートウォールを紹介いたします。

 

こちらです。

 

 

 

 

 

部屋の一面がボルダリング空間となっております。

 

通常、カレンダーやポスターなどがあるのが壁だけど、クライミングホールドをつけるとこんなに楽しい。

 

以下、お父様よりの感想の抜粋。

 

毎日、子供達が遊んでます。

課題は僕が作るのですが、子供部屋から「次は○○やろーぜ!」 とか聞こえると、設置して本当に良かったと、

そして、木製ホールドを選んで心底良かったと思ってます。

 

写真を見ても木を基調にされて部屋作りしているのがよく分かります。VOCK木製クライミングホールドを選んでいただけ本当に嬉しく思います。

 

お父さんの課題をクリアし、いずれ逆にお父さんに課題をだすのかな?年齢の差を超えて楽しめるのもボルダリングの魅力かと思います。お父さんも息子さんも友達もガンバ!!

 

この度制作させていただいたホールドは

このセットでした。

 

誠にありがとうございました。

 

 

@vock_climbing_hold

2019.03.30 Saturday

【お客様ウォール】カネハチウォール

お客様ウォールの紹介です。

 

こちらお客様より届いた写真です。

白い壁に木製クライミングホールドが映えます。(白いのと黒いのは他メーカー製品)

 

 

カンテにあるのが特注のカネハチホールド。ホールドとして使い勝手はまあまあですけど・・・。

 

あと、他メーカーの製品なので販売はできないけど、穴に棒のやつ、自分用に欲しくなってしまった。作ろうかな。

それから、この壁は横穴にトップアウト出来るみたい。子供ならずとも絶対に気になる、カーテンの向こう側・・・。

 

木製クライミングホールド、お客様に気に入っていただけました。

白を基調に木の温もりも感じる本当に素敵な家です。

 

この度は誠にありがとうございました。

 

2019.02.21 Thursday

聖クリストファ幼稚園ボルダリングウォールにVOCK採用

仙台市の聖クリストファ幼稚園に新設されたボルダリングウォールが素敵です!!

 

壁のデザイン&施工は佐藤優哉氏。流石の一言。

 

そしてホールドはもちろんVOCK木製クライミングホールドです。

ホールド数100個、子供達が素足でも楽しめるようなボリュームのあるガバホールド主体で、というご依頼を頂き製作させていただきました。

 

この壁の特に素晴らしいところはトップアウト出来る事じゃないでしょうか。

インドアのボルダリングでは終着がゴールホールドを両手保持な場合がほとんど。仕方ないとはいえ、やっぱりボルダリングの魅力はトップアウトして俯瞰で見渡す景色と達成感。その原点的楽しさがある。

 

そして折口にがちゃんとハシゴが設置されているのも優しい。

近年、多くの保育所、幼稚園にクライミングウォールが設置される傾向が続いているようです。

 

クライミングの面白さと知育的要素がある事が世間に認知されての事と思います。

 

競技として若いクライマーの活躍も続き、以前クライマーの印象として間違われていたゴリゴリのマッチョではなく、しなやかな肉体に知性にあふれる容貌。クライミングの裾野が広がるワケだと思います。

 

聖クリストファ幼稚園では3歳からここでクライマーが生まれます。先人たちのようにしなやかな肉体と知性を携えすくすくと育つ場となる事と思います。楽しんで遊んで喜んで悔しがって・・・ワクワクするね。

 

そんな子供達にとって素晴らしい場にVOCK木製クライミングホールドを採用いただき誠に光栄であり、感謝いたしました。どうもありがとうございます。

 


 

あー、うちの子の保育所にも作ってほしーなー。

 

Powered by
30days Album