ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2017.04.17 Monday

【クライマー写真】CLIMBING joy 癸隠

CLIMBING joyの最新号。

 

全国の岩場紹介のページに

(中身は買ってみてね)

 

写真=VOCK長谷川勘太郎

でした~。

 

この

地面と岩とクライマーの関係が複雑な写真。・・・見れば見るほどよく分からない!!

 

あと、もう一枚すげ~何気ない写真も「長谷川勘太郎」の記名がなされています。それは探してみてね。

 

山と渓谷社様、どうもありがとうございました。その他の記事も楽しく拝見いたしました。ふたばちゃんカワイイな~。

2016.12.11 Sunday

【ロクスノ】フォトコンテスト掲載

ROCK&SNOW最新号に先日CLIMBING-netにて賞を頂いたフォトコンテストの掲載がありましたのでご報告させていただきます。

大変ありがたい事だわ~。

 

2016.10.20 Thursday

クライミングフォトコンテスト2016 入賞!?

山と渓谷社が開催しているクライミングフォトコンテスト2016の入賞作品が発表されました!!

 

応募していたんですよ、僕。

 

結果発表が→こちら

 

 

見た?見てくれちゃった?

 

最優秀作品に選んでいただきました!!

 

勝井クライミングスクール主催者で友人の勝井さんを写した一枚です。

 

クライマーを撮影するのってほんと楽しいんだよ。懸垂下降で位置取りして宙ぶらりんでカメラを構えるってそれだけで興奮すんだ。

 

そんでDVDや写真ではよくあるけど、生でクライマーを上から見てるってスゲー面白いんだよ。熱気そのものとなったクライマーが迫ってくるのを感じられる。そして終了点ではその熱気が抜けて良い顔になるのです。

 

苦労するのは自分の足が写り込まないように足の置き場に気を使うとこ。

 

そんなクライマー撮影の日々がこの度、賞をいただくという形になってくれました。大変光栄なことで嬉しく思います。ありがとうございました!!

 

 

次号のロクスノに写真が掲載されるとの事。お楽しみに。

2015.09.18 Friday

NACキッズコンペの子供たち

9.6NAC札幌店で開催されたキッズクライミングコンペティション。

写真撮影をばさせていただきました。

その時の様子をご両親様から掲載の了解をいただいたお子様の写真スライドショーで振り返りたいと思います。

真剣で鋭い眼差しに心を射抜かれ注意です、よ。


子供たちの真剣な眼差しに射抜かれていたのは・・・僕ですが。

全課題トップロープなのでシャッターチャンスに顔にロープがかかっていたりして焦れたな〜。念力でロープを寄せたい気分でした。

すごく良い経験になりました。

それからまだお問い合わせいただいていない方、データは仕分けてありますのでどうぞご連絡下さい。

 
2015.09.17 Thursday

エッシャーな一枚

昨日、勝井クライミングスクールの勝井さんの登りを撮影する機会がありまして、エッシャーな一枚が撮れたのです!!
IMG_0522.JPG
頭がこんがらがりそうだぜぃ。もちろん無加工。答えは以前に書いたこの記事の中に。

ちなみにエッシャーって

こういう絵を描いていた人ね。

リアルエッシャーな一枚でした。ちなみに課題は「MOVE ON」。撮影ポイントは「神威」の終了点。

それから・・・

↓これ日本100岩場のMOVE ONを登る山村学氏の写真と同じ一枚。
IMG_0253.JPG

↓の上からバージョン。
IMG_0372.JPG

その他いろいろ


IMG_0449.JPG

IMG_0541.JPG



IMG_0708.JPG

かっちーですね。

そして、なにげに、なにげによ、着ているTシャツがVOCKのキノコTシャツだかんね。

最後に回収で振られる勝井さん↓


いいもん見させてもらったなぁ。

それでは、最後に地味な動画を紹介したいと思います。
 
岩落としの岩のマラガビルゲン・12cをRPするワタクシです。

地味だけど、この課題はインターネット上に極端に情報が少ないんだよね〜。そういう意味で貴重・・・と思いたい、な。

ルート解説としては、全体的に悪い感じだけど、トポにあるように上部に大レストポイントがある。核心は最後の最後。リップからリップ奥の見えないホールドにデットするとこかと(動画2分13秒のとこ)。肝心のデット先のホールドには落ち葉が溜まっている事が多いみたいなので、登る前に掃除した方がいいかもよ。
2015.09.08 Tuesday

業務連絡:写真データ受け渡しに関して

NACキッズコンペの写真データに関して、9/8 21:00以前にメールを頂いた方には全てデータをお送りしました。

もし、届いていない方おりましたらお手数ですがもう一度連絡下さい。

お使いのメールによって、うまく受け取れない事が2件ありました。(解決済み)

よろしくお願い致します。
2015.09.07 Monday

NAC・キッズクライミングコンペのカメラマン

昨日は札幌のクライミングジムNACにてキッズコンペが開催されました。

そして、この度はNACさんに特別協賛企画としてカメラマンをやらせていただきました。

これです↓


朝10時の準備から夕方5時前までのほとんどをクライミングウォール最上部にぶら下がっていたのです。そして撮った枚数6000枚弱!!連写の鬼と化していたのです。

特別協賛企画,写真データ無料プレゼントなので本日は6000枚弱のデータ整理に明け暮れました。やっとこさ終わったのでまだメールを送って頂いてない親御さんはどうぞメールを下さい。一人15枚くらい〜40枚くらいあります。

メールにて、お子様の写真を当ブログで写真掲載可能かどうかなどのお聞きしています。そちらの回答が集まってから後日大会の様子の写真を掲載したいと考えています。

今回はその点について既に了承を得ているゆっく子供クライミング教室子供だけお見せします。

オブザベタイム。

真ん中の赤とピンクの4人組がゆっくチーム。

いざ!!
IMG_8652.JPG

IMG_8673.JPG

IMG_8805.JPG

IMG_8967.JPG
みんなよく頑張った。思わず撮りながらも応援に熱が入ってしまいました。

もちろんゆっくチーム以外の子供達もすごく良かったです。真剣な眼差しは子供らしからぬものが見え隠れして、心震わされました。

NACスタッフの皆様、選手のみんなと親御様、大変貴重な経験をありがとうございました。




 
2015.06.05 Friday

クライマー撮影PV


クライマー撮影のPVを作ってみました。

ほんの24秒。是非HDにして見て下さい。

 
2015.05.27 Wednesday

赤岩青巌峡クライマー写真撮影始まります


やっとポスターが出来上がりました。各所に貼らせていただく予定です。

《概要》
・赤岩青巖峡にて同行し、一眼レフでクライマー写真撮影を行います。通常の撮影とは違い、撮影者は岩の上部より覗きこむ形で撮影を致します。もちろんクライミング写真だけでなく様々な写真を撮影します。基本6hですが、クライミングの性質上厳密にではありません。
・基本料金が1~2人で¥25,000 3人では¥36,000です。4人以上はキャパオーバーですが、場合によりますのでご相談下さい。
・撮影は平日のみ。祝祭日(お盆も含む)の赤岩青巖峡はクライマーで大変混み合います。他のクライマーに迷惑をかけるばかりか、危険に晒す可能性があるので申し訳ありませんが実施できません。
・撮影データは厳選し、後日DVD-Rとプリントしたもの(A4サイズ)二枚とをお送りします。撮影データはA3サイズまでプリント可能なものです。

という感じです。

値段設定迷いました。他のスポーツ撮影サービスなどは3hで25,000円くらい(機材が超高価だと思う)。僕の場合はクライミング撮影という特殊性もあり、どうせ3hでは終わらないし6hで25,000円でどーだ!!という設定です。決して安くはないのですが、交通費、プリント代金(業者に頼みます)、配送費を含み、更に売上の3%を赤岩青巖峡基金に充てますので決して高くない!?と思っていただければ幸いです。

雨天の中止はお客様と相談してですね。前日夜までに決めたいと思います。

また、僕が占冠村村民(岩場の近く)なので予約がなくても当日に申し込みいただいてもOKです。もちろん基本的に予約して欲しいんですけど。
その日に特別な用事が無ければ行きます。その場合は早くて準備を含め1時間位で到着します。

僕の知るかぎりですが、一般のクライマーに向けたこのようなサービスは無いのではないのではと思います。(あったらごめん)

これは僕が占冠村在住の時間の自由が効く個人の木工作家である事と長らくクライミング写真撮影に情熱を注いでいた事とが重なり可能となったサービスなのではないかと思います。どれだけ仕事になるのか分かりませんが「せっかくだから」始めてみます。

ちなみに~、ポスターに書かれている過去の仕事がこれ。

フリーファンの63号の表紙

このクライマー、専務ちゃんだから。

関連してこの時撮った新田龍海君のスライドショーもあります。


それからこれがロクスノ66号の連載写真

ですね~。これらはちゃんとお金貰ったんだよ。


赤岩青巖峡という恵まれた岩場と切り開いた先人に感謝を込め、良い仕事が出来たらと思います。よろしくお願いいたします。
2015.05.26 Tuesday

赤岩青巖峡クライマー写真ギャラリー

赤岩青巖峡の管理人室の隣にクライマー写真ギャラリーを作らせてもらいました。
IMG_4750.JPG

IMG_4752.JPG
A4サイズでご勇姿をば並べさせて頂いております。

赤岩青巖峡クライマー写真撮影サービス、思ったより準備に時間がかかってしまい始られていませんが、そろそろ整いそうです。

雨や風の強い日以外は9:00~14:45くらいまで出してもらえることになっています。

この台はネジなど使うこと無く簡単に組み立てられて簡単に分解できるのです!!
Powered by
30days Album