ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2020.07.13 Monday

保育所ボルダリング

今日は私の暮らすトマムの保育所の子供たちのボルダリング遊び会でした。

今年の2月に試しでやって、4月から毎月の定例開催の予定が新型コロナ騒動で延期となり、今月より始まりました。

 

一応、子供たちの顔が映らない写真を使用です。

 

でもこの人は我が子なのでOK。

 

今年度より定例開催になるのが分かっていたので垂壁面は保育所の子供たちに寄せて構成した。

 

なので2月に登れなかった子も今回は随分と登れて楽しめたように感じました。垂壁面に5課題、保育所の子供たちに向けた設定しています。

 

その5つを攻略できたら115°壁に突入となります。頑張れ子供たち・・・嫌にならない程度に頑張れ!!

 


 

今朝、ボルダリングでお父さんにあったら「勘太郎先生」て呼んでみて、と息子に言っておいた。ちゃんと憶えてて偉かった😁

 

 

 

2020.07.01 Wednesday

クライミングジム十勝子供スクール

週末にクライミングジム十勝で子供スクールインストラクターを務めてまいりました。

 

経緯としてはオーナーが半年前から始めたというスクールにレベルアップを目指すためお呼ばれ致しました。

 

生徒の皆様とはほとんど初対面。

ちょい固い面持ちから始まりました。(私は写真を撮る暇が殆ど無かったのですが、生徒さんのお母様より写真を送ってもらえました。ありがとうございます)

 

固い面持ちな上にマスクで、非常に個々を把握するのが難しい。

 

とか思いつつ、みんなの緊張を解きほぐしつつ、即席課題セッションだ。

 

&アドバイス。

 

ここで腕は引かずに身体を・・・

 

ひねって肩の位置を移動するんだよ。

 

そうだ!!もう少し〜!!!

 

この子は頭一つ抜けてレベルが高かったので、個別課題を設定。

(レーザーでホールド指してんのね)

 

ココとココとで

 

スローパーは全体で優しく持つのよ、とかね。

2時間ほど、最終的には和やかに出来たんじゃないかな、たぶん。

 

筋力だけでは最後までたどり着けないのがクライミング。理屈を当てはめながら身体で理解していくように指導させてもらっています。多少なりとも上達の取っ掛かりになれば御の字。

 

私のスクールインストラクションは、とりあえず月イチくらいでやるとかなんとか。コロナの状況次第という事で未定な話だけど、またみんなに会えたら幸いです!

2020.06.03 Wednesday

トマムボルダリングサークル始動

6月になり、ついに緊急事態宣言解除を受けて、すっかりご無沙汰していたトマムボルダリングウォールとの再会。

 

このホールに入ることすら禁じられていからね。

 

今年度よりトマムボルダリングサークルが発足し、4月より始動予定でしたが、延び延びで6月よりとなりました。活動を毎週火曜日と定めたため、6月2日が第一回サークル活動。というわけで、急遽ホールド替え。一日しかない!!

 

全部外します。

 

ちょっと付き始めたところ。

友達が登りに来てくれた。

 

夕方、ほぼ初級課題を作り終わった頃に第二の友達。

辛々セッションとなりました。

 

翌2日、第一回目のサークル活動は無事開催されました。

三ヶ月ほど間が空いてしまった割に15人くらい来てくださいました。みんな運動に飢えているのかな。

 

手の皮膚が戻ってしまって辛そうでしたが、今後また頑張っていきましょう。

 

 

 

今年度は保育所ボルダリング会もあるので、垂壁は園児向けラインを引きました。

 

他、4級から8級まで作ってあります。それ以上の課題は今後作り足していきます。

 

 

 

サークル活動は基本火曜日の18:30~20:30。第一と第三に私が呼ばれて教室。第二と第四が自由にセッションの日。

 

いずれも村民は無料ですが、村外の方は教室は500円、フリーセッションは300円と利用料金が発生します。

 

昨年度までは国の助成事業だったのですが、本年度より村の事業になりまして村の税金を得て活動しているので村民とそれ以外の方を区別する必要があるためです。

 

おいおいフライヤー的なものも作って周知したいと思います。

2020.05.20 Wednesday

【告知】24日クライミングジム十勝にてスクールやります

3/24日からだいたい週2でクライミングジム十勝に通い、約2ヶ月。

 

雨とも戦わず、風とも戦わず、新型コロナから逃げ逃げ、ただひたすらに一人でテープ課題を作ること多分170本!!

 

昨日、とりあえずの完成と相成りました。

「最初の方の課題はもう忘れたよね」の笑顔😄

 

そんな有様ですが、24日(日)に課題質疑応答と初心者クライマースクールを開催することとなりました。

忘れた課題は一緒に考えるから大丈夫!!何でも聞いてください。文句はマイルドに、称賛は大げさに、でOKです。

 

それから14:00〜スクールです。私は、かれこれクライミングスクール歴が10年以上。それも子供を中心に教えていたので難しい言葉を使わずに分かりやすく伝える努力を続けてまいりました。是非、この機会にご参加ください。飛び込み歓迎です。(無料とありますが、施設利用料は別途必要です)

 

また、初心者の定義とは・・・ですが、自身の心に問い合わせて、心が「初心者です」と応えた謙虚な皆様の事です。グレード、年数関係ありません。

 

十勝クライマーの皆様、24日はクライミングジム十勝でお会いしましょう!

 

 

※現在、自粛中であり、クライミングジム十勝では新規登録を停止中との事。その点ご注意ください。

 

 

2020.03.11 Wednesday

地方創生事業のクライミング教室終了!!

ついに3年間の地方創生事業としてのクライミング教室が最終回を迎えました。

いぇーい。

 

思えば手探りで

この状態から始まりました。

 

とりあえずホールドをつけたあの感動。

誰にも言っていなかったかけど、この時、楽しくなっちゃってキャンパシングして遊んでたら仮止めホールドが回って盛大に背中から落ちたのです、私。

 

マットもなかったものだから、衝撃がすごすぎて翌日に声が出なくなっちゃったんだよね。落ちた衝撃で声帯がダメージ。そんな事があるのだって我が身で学んだ思い出。

 

そんな秘密の無声期を越えて課題も完成。

 

地区の夏祭りでお披露目体験会が催されました。もちろんこの頃は声は治ってます。

 

そして二年目はカラーリングホールドを採用。

 

3年目には垂壁面完成。

 

このトマム地区という人口300名ほどの僻地にありながら、近隣の市町村からも多くの人が訪ねてくれる場所になりました。

 

3年間に大きな怪我をした人はおりませんでした。強いて言えば声が出なくなった人がいたとか・・・。まあ、それは別枠という事で。

 

参加下さった多くの方々、どうもありがとうございました。

 

 

 

今後についてですが、村のサークル活動として継続する予定となっております。「村の」と銘打っていますが村外の人も参加可能なサークルになります。

 

現在、書類とルール作りをしているところで、決まったらお知らせいたします。

 

 

2020.02.20 Thursday

地方創生事業のクライミング教室終了!!

ついに3年間の地方創生事業としてのクライミング教室が最終回を迎えました。

いぇーい。

 

思えば手探りで

この状態から始まりました。

 

とりあえずホールドをつけたあの感動。

誰にも言っていなかったかけど、この時、楽しくなっちゃってキャンパシングして遊んでたら仮止めホールドが回って盛大に背中から落ちたのです、私。

 

マットもなかったものだから、衝撃がすごすぎて翌日に声が出なくなっちゃったんだよね。落ちた衝撃で声帯がダメージ。そんな事があるのだって我が身で学んだ思い出。

 

そんな秘密の無声期を越えて課題も完成。

 

地区の夏祭りでお披露目体験会が催されました。もちろんこの頃は声は治ってます。

 

そして二年目はカラーリングホールドを採用。

 

3年目には垂壁面完成。

 

このトマム地区という人口300名ほどの僻地にありながら、近隣の市町村からも多くの人が訪ねてくれる場所になりました。

 

3年間に大きな怪我をした人はおりませんでした。強いて言えば声が出なくなった人がいたとか・・・。まあ、それは別枠という事で。

 

参加下さった多くの方々、どうもありがとうございました。

 

 

 

今後についてですが、村のサークル活動として継続する予定となっております。「村の」と銘打っていますが村外の人も参加可能なサークルになります。

 

現在、書類とルール作りをしているところで、決まったらお知らせいたします。

 

 

2020.01.29 Wednesday

これから・・・

先日は私が受け持っているボルダリング教室がありました。

 

国から助成を受ける地方創生事業として月に2〜3回のペースで3年間請け負ったこの教室も次回の2月で終了です。

 

にもかかわらず冬季の路面の悪い夜分にこんなに沢山の人が来てくださっております。

それなりに地域活性に貢献しているのではないかと思います。

 

大人も子供も混ざってそれぞれのレベルで楽しめるのがボルダリングの良いところです。

 


 

また、少し前には中富良野のスポーツクラブが遠征でボルダリングを習いに来てくださいました。

ほぼ全員未経験の中大人も子供時間いっぱい登りました。

 

全員が初心者の場合、参加者は焦れるだろうけど、長めに登り方の論理を説明します。でないと、腕力頼みの登り方になり、結局体力を使い果たし時間だけが余ることとなります。

 

クライミングを続ける上で、最初に腕力頼みのスポーツではないのを理解することは重要で、その点を理解していれば上達も早く長く続けられるように思います。怪我もしないし。

中富良野スポーツクラブの皆様、いずれはぜひ赤岩青巌峡へ。

 


 

そして来年度以降この教室はどうなるのか・・・!?

 

村のサークル活動として母体が占冠村になって続いて行きそう感じです。まだ本決ではないので適当なことは言えないのですが・・・。

 

近々協議の場にも出席する予定で良い形で存続するように働きかけられたらと思います。

 

 

2020.01.23 Thursday

豊頃町クライミング教室

昨日は豊頃町総合体育館でクライミング教室を開催させていただきました。

 

豊頃町での教室も最初の頃は全くクライミングが初めてという方が多く、オートビレイ機の使い方などに重点を置いておりましたが、何度かは登っているという方が来てくれるようになりました。

 

ですのでこの度は即興ボルダリングセッションとさせていただき、ムーブの要をお伝えするような形になりました。

 

なるべく一般的な言葉を使い、小難しくならないように心がけております。

 

また、レベルの高いクライマーの方々も参加してくださったので2班に別れ、セッションとなりました。基本的にガバ中心なので課題を難しくするのに少々苦労。

 

この度はみんなで楽しくできたように思います。私もセッション楽しかったです。

 

来年度も続くそうなのでどうぞよろしくお願いいたします。

2019.11.18 Monday

トマムボルダリング軍団遠征

最近、色々せわしなくてなかなかブログにたどり着けていなかったので実に半月ほど前の事なんですけど・・・我々占冠村トマムボルダリング軍団がついに登別の地に降臨。

 

山の中に暮らしているので何度きても海に感激する。

 

あとはひたすらボルダリング。

 

 

 

 

 

 

見ているだけでも笑顔になれる、そんな良い時間を過ごしました。

 

我々、バンザイ。

 

このボルダリング遠征は占冠村の自主創造プログラムという制度を利用しています。住民が企画、申請をし、村の助成を得て成り立っています。

 

この度は役場から車も出していただけて(片道2時間)、私としても非常に助かった次第です。素敵な村だなぁ〜。

 

2019.10.12 Saturday

おはよう北海道放映と赤岩青巌峡講習

北海道の皆様、おはよう北海道土曜プラスはご覧になりましたでしょうか?

 

この度は占冠村特集で、その一部として私、登場させていただきました。

 

知らない方も多いと思いますが、移住者として私は占冠村に8年前にやってきて、現在トマム地区にてクライミングホールド製作、ボルダリングウォール設営、そしてインスタクションに至るまで携わらせていただいている次第です。

 

いまだかつてこんなクライミングホールドメーカーがあっただろうか!?・・・しかも木のホールドだし。

 

毎月、2回〜3回のボルダリング教室を実施しています。

 

これは国の地方創生事業として実施しているので講習料は無料で、更に地域活性化が目的なので村民に限定していないので隣町やさらに先の街からも受講生がやってきています。

 

三年の事業で、今年度三年目を迎えています。

 

この教室の利用者も右肩上がりで増えており、

 

1年目述べ127名

2年目述べ203名

3年目述べ222名(9月末時点)

 

と賃上げ要求をしたいくらいです😅(国の事業で予算が決まっているので無駄)

 

年々大変にはなってきておりますが、同時に充実です。

 

このように国と村と共に活気を作り出している次第です。

 

そして

この言葉に続くものとして、私は占冠村独自の制度【自主創造プログラム】という制度を利用し赤岩青巌峡講習も実施しているのです。

 

それがテレビとは別個で本日開催いたしました。

 

この度で第5回目となりました。

 

この占冠村では住民が講習やセミナーなどを企画し申請書が通ると開催する事ができます。これを自主創造プログラムといい、村から一定の予算が支給される次第です。

 

私の赤岩青巌峡講習は回覧板で周知され、参加者を募ります。村が講師料を支給してくださるので参加者は無料で受講できます。

 

この講習では、辛いとか厳しいとかに私の気持ちが萎えるので

落ちたら落ちたことを楽しんで欲しいと思っています。

 

出来なかったよりも、出来たにフォーカスし、褒めあってみんなで伸びるようなクライミングがいいですね。

 

今日は初めてのリードにも挑戦しました。村民クライマー成長中です。

Powered by
30days Album