ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2016.09.20 Tuesday

【クライミング】秋の赤岩青巖峡

最近はエサオマンに手を出しています。

IMG_3252.JPG

三年くらい前にちょっと触って、「これは駄目だ」と逃亡したのだけど、いよいよ触る課題が減ってきて触り始め、今日ついに2テン。

 

各駅から始まって2テンって感動だわ~。次は・・・1テンだ!(完登じゃないかのか!!)

 

楽しいです。

 

パートナーを組んでいるクライミングジム十勝オーナーも

IMG_3696.JPG

秋になり調子を上げ、スピードオーバー(←課題名)がもう少し。(顔が絶妙に見えないのが悔しい一枚)

 

年齢を感じさせないパワフルさが炸裂。

 

そして、毎年お会いする勝井クライミングスクールの勝井さん。今年もムーカムトライ中。

 

凄いので今年も写真を撮らせてもらいました。

IMG_3301.JPG

 

IMG_3324.JPG

 

IMG_3329.JPG

 

IMG_3456.JPG

 

IMG_3529.JPG

 

ムーカム14c/dだって。すっごいね!!

2016.09.15 Thursday

【クライミング】雄冬大壁

春に行った増毛町の雰囲気が気に入って、この度両親が孫を愛で&クライミング旅行に来たので連れて行きました。

 

前回はボルダリングだったけど、今回はロープ。

 

初めての雄冬大壁、すごい奇岩だったわ~。
IMG_3007.JPG

サグラダファミリア10bを登る父です。

 

IMG_3040.JPG

ガリバー(1P)5.8を登る母です。

 

IMG_3086.JPG

アルハンブラ宮殿5・10cを登る僕です。

 

IMG_3093.JPG

いまだかつてこんなにホールドだらけだった事がありましょうか!?

 

ロープが二本なのはダブルロープで登っているのではなく、33メートルあるので帰るためには二本ロープが必要だったから。終了点で連結して懸垂下降して戻ってきました。

 

何はともあれ、これほどのスケールのある課題はそうそう無く、グレード云々ではなく超面白かった。

 

それと、父母、ちゃんとリードもしていますよ。

IMG_2874.JPG

 

IMG_2952.JPG

偉い!

 

ジムのスクールに通って見違えるよに登れるように。

 

しっかり成果を上げ、大満足の雄冬大壁でありました。

 

IMG_2758.JPG

2015.08.28 Friday

どんころウォール ホールド替え1

IMG_3909.JPG
今日は一年に一度のどんころウォールのホールド替え。

IMG_3904.JPG
まずはハリボテもホールドも全部外します。

IMG_3912.JPG
床にホールド散らばり中。

IMG_3908.JPG
あ、これも趣味のクライミングホールドですよ。達磨いいでしょ。

クライマーといえば街を歩いていても登れそうな場所探しちゃうもんです。木製クライミングホールドシェイパーとしてはホールドになりそうなものをついつい探してしまいます。

さて、全部外れたら全部つける。
IMG_3914.JPG
今日は大体半分くらいつけたかな。

IMG_3921.JPG
少しは登れます。続きは明日。
 
2015.08.04 Tuesday

登る父・母

お祭りの翌日、両親を連れて赤岩青巖峡へ。
1.JPG

IMG_1640.JPG
親孝行で写真を撮ってあげた。
 
2015.06.24 Wednesday

おかしな画像?

クライマーが見ればなんかおかしな画像↓


実は・・・

この向きが本来。真横になっているのはムーカムをトライ中の勝井さん。こっちはクライマー以外が見るとおかしな画像という事になるかな?

ビレーを頼まれてお付き合いしたんだけど、登りながら勝井さんはムーブの解説をしてくれる。さらには「ここまでが14aで最後に初段がある感じ」とかとか。

ありがたいんですけど・・・やらねッス出来ねッス!
2014.08.29 Friday

うむ

コイツ↓

要注意。白い犬を連れた変質者かな?いい人かな?クライマーさんかな?

と、ここは赤岩青巖峡管理室前カーブ。

専務はスラブへ。


我輩はデカパン大王へ。


白犬くんは

涼しく見下ろし中。

あ~デカパン大王が出来る気が全然しない。持久力が全然足りてない。だみだ。

僕は奴郎くんにオヤツ(犬用)を投げて遊びました。
 
ナイス


ファール

うむ。
2014.08.12 Tuesday

松島夫婦

本日お会いしたクライマーさんは松島暁人君・由希ちゃん夫婦でした。

して、何故に来道したのかというと、次々回のロクスノ(12月の号だと思われ)での暁人君連載《12では落ちられない》の為に赤岩青巖峡を訪れたのです。

そして、この度は現地カメラマンとして僕が写真を担当させていただきました。

暁人くんが登るのは天国列車。12では落ちられないので落ちたら連載終了なんだって。ん~「ああ播磨灘」を思い出しますね。

さてさて、その結果は・・・もちろんここで言う訳にはいかないですね。ロクスノでの連載をお楽しみに!!

というわけで、その他の課題での写真をお出しします。

バウ





余裕のあるオンサイトで泣いた。しかも難しいストレートラインの方で。

僕はその間ツリークライミング。

アブミ作って


なるべく高い位置から撮影してました。本当はあと2、3本スリングがあればなぁと思った。

それから奥さんの由希ちゃん。


由希ちゃん、写真映えするね。




そん時の僕。




クライミングも楽しいけどクライミング写真撮るのもすげー楽しいのです。なわけで充実の一日を過ごさせてもらいました。


暁人君、由希ちゃんどうもありがとうねー。
2014.07.29 Tuesday

奴郎君を探せ!!


本日は、久しぶりに赤岩青巖峡へ行ってまいりました。

で、この写真誰が撮ってくれたと思いますか?ちなみに課題はバウです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実は枝に括ったカメラのインターバル撮影機能を使って自動で撮ったのです。

左赤丸がカメラ。右赤丸は固定しているテーピング。真ん中の岩がバウの頂点です。

支点からセルフビレーを取りながらセッテイングしてみました。ちゃんと撮れててすごくね~って思ったんですけど。

ちなみに、一番上の画像内に奴郎君(白犬)が写っています。奴郎くんを探せ!!


JUGEMテーマ:クライミング
2014.07.09 Wednesday

赤岩青巖峡の看板

 最近、赤岩青巖峡にこんな看板が立ったの知ってます?


なんと、赤岩青巖峡の最大メジャールート《天国列車》の前に!!

まあ、登って落ちてもまずぶつからんかな。

でも、なんとなくプレッシャーは感じるだろうね。

で、抗議もあったようで今月だか来月にもうちょっと奥へ移動するらしいですよ。

にしても、赤岩青巖峡の景観地利用を目的に今年度より駐車場を下に移動したのにもかかわらず、赤岩青巖峡で最も目立つ岩の前にそれとは関係のない案内看板を設置してしまうのはどうしたもんか。まあ、色々知り得ぬ事情もあるのかもしれませんね。

えー話題変わります。

好評いただいております、専務プレゼンツのキノコTシャツを着た感じを紹介させてもらいます。

これ、プリントが見えにくいっしょ。プリントが見えにくいという理由で販路を外れ、僕が貰ったやつです。いわばB品。一応こんな感じになりますという参考でご覧下さい。

して、専務ちゃんは成功プリントのやつを持っているのですよ。

頭もTシャツもキノコ専務ここにあり。

問題です。背中のキノコはマジックマッシュルームだったらば、うっかり喰らっちゃて頭の中がHIGH TIME(楽しい時)。
(HIGH TIMEはこのTシャツの前面に書いてある言葉。↓別のだけどこんな感じ)

ではでは、お口の中はどーなってる?

・・・・・・・・・「歯ぁ~痛む」・・・です・・・か・・・ね・・・。

えーーーーー、緊急話題転換!!

専務のミラクルビレーが詰まった一枚の画像を紹介します。

ビレイ中に撮った写真とは思えない。

というか・・・ビレイヤーとして・・・これは・・・駄目だろう・・・。

こちとら足が切れちゃって必死のタイミングで下方より「カシャカシャカシャ」とカメラの連写音。これは落ちれないと思って踏ん張ったおかげでこの後ちゃんとリカバリー出来ました。

おかげ様?あれ、こいつぁー良いビレイヤーなのかな!?(一応オートロック式ビレイ機を使っているよ)

ちなみに専務も超焦ったらしいです。

その頃奴郎くんは・・・

おくつろぎ。



↑クリックでVOCKのウェブショップへ
2014.04.25 Friday

赤岩青巖峡の新しい駐車場ルールに関して

赤岩青巖峡の駐車場の場所が変更になりましたよ。

ぶったまげ岩の下は休憩スペースとなり、メイン駐車場は橋の岩のところになります。

橋の岩の由来である赤い橋は昨年撤去された事に伴い設置されていたゲートも無くなりました。そして広くなった場所に村が砂利を敷き詰め広い駐車スペースに生まれ変わりました。



ちょっと岩から遠くなるけれど、ちょっとでしょ。

管理棟とトイレもこちらに移設されます。

なお、今回の措置は占冠村立自然公園審議委員会最終答申書(PDF)の内容にあるように景勝地としての利用の観点から以前のメイン駐車場の駐車場及びに管理棟、トイレ利用が景観を損なう為、下に新たな広いスペースを確保し駐車場所が移動となりました。

土日の混雑時、駐車場が満杯になった場合のみ管理人さんが休憩スペースの場所を臨時駐車スペースとしてで空けてくれるという利用法になるようです。

詳しくは占冠村観光協会のブログの記事を参照下さい↓
赤岩青巌峡をご利用の皆様へ(お願い) 〜新しい駐車スペースの利用について〜

Powered by
30days Album