ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 子宝 | main | 姉2 >>
2013.09.20 Friday


(↑この木すごくない)

 昨今クライミングが流行っている。

その証拠に僕の姉と母がそれぞれクライミングを始めた次第。

なんというかさ、こんなに近くに楽しんでいる人がずーっといたのに、みんなが楽しいって言い出してから始めるなんてカッチョ悪いね〜。なんて意地悪に思ったりすんです、僕は。

ま、それだけクライミング界の裾野が広がり入口も広き門になったのでしょーね。

なわけで、姉がクライミングさせろとわざわざ訪ねて来てくれたんです。



弟くん、赤岩青巖峡で姉に頑張って教えてあげてます。なぜなら僕には歪んだ姉愛があるのです。

さて、時折このブログに登場する鈴キングなる僕の既知の外にいる愛すべきお方がいるけれど、僕の姉もなかなかの既知の外にいるお方なんです。
三十年以上知っていますが決して解ってはいない、いや解らないという事が解ったという存在。

北海道の上陸して空港から我が家の近辺まで来て電話連絡をくれた時の話。
僕が「今日は天気が良くてよかったね」と言ったら

「えっ、今日天気いいの?」


と。なんか箱にでも入れられて宅配でもされてきたのでしょうか?
「今日、一度も空を見てないのかって」聞いたら

「私、あんまり空とか見ないから」


って。ロボコップのような視界で生きてるだなぁ〜と。

クライミング中も右といえば左を見て、左といえば右を見る。それも絶対!!
どうなってんだって聞いたら

「私、方向音痴だから」

とさ。方向音痴も極めると右左の概念の間に鏡が挟まるのよ。

もうね、ネジがずれてるとかじゃないんだよ。
聞き間違えとかも普通は語感が似てたり、イントネーションが似通っているもんだけど全く語感にもイントネーションにも相違点がない聞き間違えをする。だから聞き間違えじゃなくて聞き変換なのよ。どうやったらそんな無駄で高度な事ができんだって目が離せない!!

どんな面白が飛び出すのかって弟でありながらウォッチャーとして常に注目している、それが僕の歪んだ姉愛なのです。

姉に言わせれば僕は道を踏み外しているらしいですが、僕に言わせればあんたは未知を歩いてるんですな。

明日はそんな姉を連れてボルダリングです。どんな面白事件が起こるか楽しみです。



さて、ボルダリングつながりで、もう姉とはもう関係ないけどこの日の昼休憩の合間に赤岩青巖峡の森の中の課題登りました。


↑スタートはもう一段したね。写真ない。












前から気になってたんだよね〜。この日はマットを持っていなかったのでマットなしで。でもご覧の通りかぶってて低いので大丈夫でした。




今回の作家の頭の中は「もちろん姉の許可を得ての投稿ですぞ」でした。

コメント
本当に姉は未知数でわくわくします笑。
  • 2013.09.22 Sunday 08:48
あ、妹だ。
畏敬だわな〜。
  • 勘太郎
  • 2013.09.22 Sunday 12:09
コメントする








 
Powered by
30days Album