ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 11/10:THE NORTH FACE CUP 2014にVOCK出店 | main | 減量 >>
2013.10.19 Saturday

クライミング文化交流 村民クライミング体験会



先週、雨天で中止となった村民クライミング体験が占冠村観光協会の情熱で早くも一週間後の今日、実施されました。

要は占冠村村民とクライミング文化との文化交流の場です。相互理解をする事によってより良い未来を築きたいね〜、という場。

初心者にあまり優しくない赤岩青巖峡であったけれど、この度はこのイベントのために初心しゃ大喜びの門馬フェースが整備され初心者の為の門が広まった次第です。

そしてイベントに際し秀岳荘さんからも多大な協力をいただきシューズ、ハーネスのレンタルを始め参加者への景品まで用意いただきました。



さらに、門馬フェースの由来である門馬さんにも多大な協力をいただき、レンタルシューズを集めていただいたり、また本日もビレーヤーとして参加いただきました。



それから、あれ、ほら、僕と専務ですよ。村民クライマーとしてお手伝い参加。

と、おかげ様で道具はやたらめったら充実したのだけど・・・参加者は4名。大人2名、子供2名です。先週だったらもっと賑わいのある人数だったようだけど、都合がつかなくなったのね〜。
仕方ない、初回だしまずまずとしてやろう!!
ちなみに子供二名はゆっく子供クライミング教室の生徒です〜。

さあさあ、登りますよ。






こちらは

親子共演。お兄ちゃん、門馬さんにビレーされて登る門馬フェース。それってなんか貴重!!


お母さん、初めての岩場クライミング。超頑張った。

それから赤岩青巖峡における数少ない初心者人気課題のニンジンへ。



お兄ちゃん、勘太郎仕込みで鍛えているので完登。

お次はお母さん



「お母さん、もう親越えさせちゃっていんですか」と囁き脅して完登してもらった。

家がすごい近所の役場の彼



「表情がいい」と誉めそやして完登さす。

そんな第一回村民クライミング体験会でした。
村民の生の声でクライミング文化が村に伝わることでしょー。
二回目はあるのかな?あるとしたら春だろうねぇ〜。もし開催されるようなら村民の皆様是非参加下さい。

体験会終了後、トライした13aの課題。

今日の体験者の皆様と違って全然登れなかったよっ。青春18クライミングですな。



今回の作家の頭の中は「実にどうでもいい話なんですけど、今朝方にクライミングの準備をしてて、外に出るため靴を履いたら刺されたんですよ。親指の付け根の側面です。何らかの蜂の類だと思うけど犯虫は不明。一日我慢したよ〜、今も痛いよ〜」でした。
コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album