ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 新宿で見かけたVOCK | main | 【キャンパシング】VOCK的キャンパトレーニング法 >>
2016.02.29 Monday

【アヨロボルダー】キャンパシング特訓の成果

昨年の今頃、FIVE TENの亜咲ちゃん(札幌のボルダリングジム、ウィップスオーナーで出店などで大変お世話になってるよ)の登るブラックホークダウン動画を見て、これは得意系に違いないと確信し登別はアヨロボルダーに訪岩。(その時の記事

好感触を得たものの、その後訪れる機会を逃しシーズン終了。

アヨロボルダーのシーズンは晩秋から春先。「晩秋は子供が生まれるので行けないとして・・・春先に狙いを絞るっす!!」と考えた。

しかしながら、晩秋からはクライミングができなくなるので春先の僕は大抵弱ってる。

でもVOCKにはキャンパスラングがあるじゃない!!

そこで晩秋から春先にかけてキャンパトレーニングを実施し、春先に結果を出しVOCKキャンパスラングの有用性を証明するという営業をすればいいんだ!!!!と天啓を受ける。

と、そのような流れで僕は晩秋から週2くらいのペースで営業キャンパトレーニングをしていたんです、よ。

「ちょっと営業するわ」

と言ってキャンパシングをした冬の日々。

そしてこの季節、天気予報を眺めつつ、ベスト日を見定め、白羽の矢が立った昨日、1年の時を経てアヨロボルダーに一人と一匹で訪岩したのです。
IMG_0957.JPG
(セルフタイマーで撮ったらちょうどよく襲われました)

そして・・・

登ってしまった。

ブッラクホークダウンは7c+だか8aなので三段。
山と渓谷よりのCLIMBING-netより

自己最高グレード更新しちゃった。週2のVOCK垂壁用キャンパスラングで更新しちゃった(営業トーク)。ぐふふ。

動画見てから登った点については、ちょっちズルだったかなぁ~と思うけど・・・完コピじゃないし!!・・・なんてなんて。

ポイントは三手目を取ってからのクロスの足送り。それから五手目の後の狭い足上げのコツは岩に頭をグリグリ押し付ける・・・かな。

そんで登れた感動を堪能する前に、「死ねる!!」と思えるパートが残っているのですよ。

↓この画像をご覧ください。(この写真はこの日初めて会った方が撮ってくれてわざわざ送ってくれた。ありがとうございます)

動画の上端がちょうど僕の立っている位置。(矢印は大体です。これが正解だと思い込まないようお願いします)

簡単なんだけど命がけのパートがあるんです。上部の枯れ熊笹ゾーンまで行って20~30メートルくらいのトラバースしたら降り口がある。

人がたくさんいて、マットをたくさん積んでもらえば飛び降りも可能なのかも・・・。それでもかなり嫌だよ、きっと。

登れて良かった&降りれて良かった。そういう意味で感動のある課題、それがブラックホークダウン。ごちそうさまでした。

で、時間が余ったのでスタートが同じで直上の課題『マッコウクジラ』二段の触りだけでもやっておこう、と思ったら・・・

ぬわっ、登れたっ!!(動画の頭で暴れてんのは寒かったから身体をほぐしてんの)

なんて、なんて、なんてすごいんだVOCKキャンパスラング!!!!

営業トーク炸裂!!!!!!

4手目が核心だと思う。動画では伝わらないけど4手取りの際の足が嫌な感じに内に入っていて妙に出辛い。右手の弱々しいホールドの保持力が鍵かな?

家に帰って他の方が登っている動画を見てみたらその方は右足を上げる別ムーブ。

↓別のムーブ



僕のやり方はブラックホークダウンにしろマッコウクジラにしろ長身ムーブだと思われ。

二度目の命がけゾーンは一度目よりは気持ち的に楽でした。

何はともあれキャンパシングの効果実証が出来た。それでは次回、どのような方法でトレーニングをしていたのか紹介したいと思います。



ところで、岩場へ行くの意で【訪岩(ほうがん)】と普通に使ってみたんだけど、どう?

それから、関係ないけど波飛沫で出来た氷柱がありました。
IMG_0985.JPG
塩っぱかろうね。
コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album