ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【ハリボテ】セルリアンブルーのハリボテ | main | 【表札】英さん >>
2017.03.26 Sunday

【開拓】七福岩

占冠村の地図に載っていない(国土地理院の地図にも岩マーク無し)岩、七福岩に遂にたどり着きました!!

どーん!!

 

ちょっと登ってみた。やったーっ!!

 

では順を追って報告致します。

 

ボルダーマットを背負い、スノーシューを持って

見上げるのは

 

この辺。

言われてみれば岩があるような~、無いような~。

 

雪原を抜け

 

踏み入った山の中は

熊の引っかき傷に覆われた樹木の森。ちなみに木に山葡萄のツタが絡んでおり、熊は山葡萄を食べるために登るんだって。

 

そんな山の中にも幾何学的人工物。

送電線までやって来た。

 

かと思えば自然の奇妙な造形ウバユリ。

 

ちょっと触れると種が溢れ落ちてきます。

雪面の種は可愛らしい。

 

などなど、自然を楽しみつつ・・・三時間弱。

 

七福岩に到着。

 

とにかく

思ってたより全然でかい。

 

例えば

これに人が立つと

 

高っ!!

 

更に言うと、積雪が150センチ前後あるので雪解けで下地が出ればもっと高い。

 

これなんかも

 

やばーい!!

 

あ、でもこれはナチュラルプロテクションで登れそうでした。

 

とはいえ、探せば許容範囲のものも(写真じゃ分かりにくいけど)

初心者向け?

 

フェイス

 

ちょっとハング

 

なんか面白そう?

 

フェイス

 

いい感じのハング?

 

全体的に強傾斜のものはなく、そんなに難しいタイプの岩場ではなさそう。

 

っても、正直積雪が150センチ前後あるので解けて全貌が現れなければよく分からないという感じ。

 

それと雪が解けないと下地の状態もよく分からないけれど、基本的に酷い斜面だったりはしない。

 

「ロープに短しボルダーに高し」な感じは拭えないけれど、雪解けを待って改めて可能性を探ぐるだけの価値はあると思いました。なにせ、その昔小学生の遠足コースの目的地だっただけの事はある良い場所なんだわ。

 

ちなみに、今回は3時間弱かけて来ていますが、雪が溶けて林道が使えるとアプローチは10分弱だと思われ。

 

場所は、とりあえずまだ内緒です。機が熟したらお伝えしたいです。

 

何はともあれ雪よ、早く解けてくれ~!!

5月後半頃にまた来てみようと思います。

 

案内してくださったY氏にBIG感謝です!!

 

ちなみに最初の写真の課題らしき。小ハング超えが核心。

その前に掃除ですなー。途中までだけど、3級くらいの感じがした。

 

しっかし今日はマットを背負って長い時間歩いたから肩いたーい。

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album