ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ひとしお | main | 増産 クライミングホールドペンダント >>
2014.02.07 Friday

大きな一歩

 皆さん、ついにホワイトフードがストロンチウムの測定を開始したようですよ。

え、まだ原発事故の話してんのかって?そうそう、してんの。してんの。

4号機が倒壊寸前だとか、3号機から謎の水蒸気だとか現在進行形で不安てんこ盛りの放射性物質1000万ベクレル/hとそれに付随する有象無象の情報を垂れ流しているわけですが、4号機の使用済燃料プールを支えることも出来ないし、どこからか漏出してる汚染水を止めることも出来ない我々個人。出来る事は少しでも多くの情報をかき集めて、少しでも少ない被曝で今後の人生を歩む努力です。

そんな中、セシウムばかりがスポットライトを浴び、非常に不気味な存在のひとつだったストロンチウム。これは「計測が非常に困難なため」という理由で無視されてきたわけです。

それをこの度民間企業であるホワイトフードが新技術を取り入れて今までより簡単に計測できるようになったことから計測に踏み切ったとのことです。これは大きな一歩だと僕は思います。

ともあれ、公式・・・のような見解では僕らはこの度発生した原発事故程度の放射能じゃびくともしない丈夫な体らしいんですが・・・・・・ね、ははは。

放射能に怯えるストレスの方が体に悪いって考える人がいることも知っております。

でも知らないって事はほんとうに恐ろしいんだよ。そして希望的観測に逃げこむことも。

知らない人々が搾取されないように貧しい国には学校を作ろうとするんでしょう。

希望的観測で物事を判断すんなって自動車教習所でも言われたでしょ。

知らないばっかりに被曝するのも、希望的観測というギャンブルに負けて被曝するのもやっぱ嫌じゃん。

いざとなったら国が守ってくれるなんていう人にも会いましたが、いざとなって国は神風と若者を特攻させたんだぜ。時代が違う?これは権力者たちの本質の問題だと思われ。

結局、自分でなんとするしかないんだなぁ。

その割に僕の周りには無関心な人ばかり。で、僕は老婆心で心配してんのさ。そんな余計なお世話なもんだから聞き流してくれてもいいのです。どっちにしろ「因果関係は認められない」の一言で済まされる問題ですから。
コメント
原発事故問題は以前より何か異質な感じでタブーな感じになっておりやす。
本当に忌野氏が原発反対って言ってた時代が懐かしい。嫌な世の中になっちまったもんですねぇ。
所で寒くない?^^
  • 阿部
  • 2014.02.08 Saturday 11:35
タブーなのはなぜなのか?それだけでも簡単な答えなんですけどね。

今朝方は−33℃。寒いっちゃ寒いけどなれましたよ(^^)
  • 勘太郎
  • 2014.02.08 Saturday 14:49
コメントする








 
Powered by
30days Album