ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【課題セット】クライミングジム十勝と脱力系クライミングのススメ | main | 【重大発表】WHISKEY'S 36 The Final Roundにホールド&セッターで参戦!! >>
2018.02.09 Friday

【ピラコニムウォール】腕は鉤縄だぜ講習

昨晩はピラコニムウォールクライミング講習を開催いたしました。

!?

 

気になるよね。

 

他の皆様

 

 

 

 

最近教えているのは

 

「自分の腕を鉤縄だと思って登って下さーい」の巻

忍者が城壁を登るときとかに使っている、これ、『鉤縄(かぎなわ)』です。

 

指先がフック、腕が縄です。

 

論理はフックを掛け、下に引くことでフックが効きます。つまりホールドに指先を掛け、力を抜き指先に体重を預けるとホールドに対して指先が効いてくるのです。

 

ホールドに体重を預けるという感覚があれば最小限の力で留まることが出来ます。その間に足を移動するなりし先を行く体勢を整える事が可能になるわけです。

 

僕なんかは課題セットで一日7時間〜8時間登り続ける必要があるわけですが、この小手先の技でこなしている部分が大いにあるわけです。いちいち身体を引きつけていたらせいぜい3時間でしょう。 

 

「ホールドを持つ」ではなく「引っ掛けて効かせる」と考えてみると良いかもしれません。それをイメージしやすく言うと「自分の腕は鉤縄だ!!」と思えという話なのです。参考までに。

 

最後に、張り切りすぎて見切れた先生とその生徒達

ちゃんちゃん。

 

次回予定

2月16日(金) 18:00〜20:00
2月22日(木) 18:00〜20:00
申込みは占冠村役場企画商工課地域振興対策室0167-56-2124
コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album