ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【スクリューオンホールド】ジブス軍団 | main | 【36 WHISKEY'S 2017 ROUND THE FINAL】大会ホールド決定!! >>
2018.03.13 Tuesday

【子宝ペンダント】神秘の領域

娘が生まれて早3ヶ月になろうとしております。

 

グラグラだった首もカクンカクンくらいに成長して元気にムチムチして・・・カワイイ!!

名前は【呼玲】です。読めますでしょうか?「こだま」です。

 

命名は・・・なんと・・・現在二歳の息子なのです!?

 

息子が1歳にならない頃、僕の夢に出てきました。まだ喋れもしないはずなのに妹がいて名前を呼ぶのです。(僕には娘は見えないけどいるらしい感じ)

 

「こだまちゃーん、こだまちゃーん」

 

と。

 

朝起きて「次は娘で名前は『こだま』なんだなぁ〜」と思った。第二子の計画を検討以前だった頃の出来事です。

 

月日を経て、本当に娘が誕生し「こだま?木霊?・・・呼玲!」となりました。

 

神秘だったぜ、と思った僕の話でした。

 

とまあ、神秘関連なんですけど、第一子の時も第二子の時も妊活中に妻には赤瑪瑙(メノウ)のペンダントを付けさせておりました。

 

パワーストーン的に赤瑪瑙は『子宝のお守り』とされています。神社に行って子宝お守りを買い、赤瑪瑙のペンダントも日常的に着用し・・・それらを励みに子供が授かるのを待ちました。

 

そんな話を子供を望む知人夫婦との会話で話題にしたところ、赤瑪瑙のペンダントのご依頼をいただきました。(営業トークじゃなくて結果的によ)

 

こちらお作りいたしました。

 

これぞ生命の赤なんだってよ〜。

光を通すとキレイな赤色です。

 

実は染色なんですが、石器を作る際に瑪瑙を熱したところ赤く発色する事が分かってから行われているらしいので、ものすごい昔から行われているようです。

 

木の部分は黒檀のなのだけど、勾玉型にしてみました。

 

というのも、いざアウトラインを切ろうと思った瞬間にすごい昔繋がりで閃いたのです。古代の装飾である勾玉って胎児の形だから子宝のお守りって言い伝えがありそう!だとしたらこりゃ、あやからねばならん!!

 

そして調べもせずに勾玉型で切り抜いてしまった僕がいたのです。

 

後で調べたら形の由来の一説にやはり胎児があり、子宝のお守りとしても存在しておりました。やっぱり&ホッ。

 

閃きも神秘だったなぁ〜。

 

ご夫婦のもとにも素敵な神秘が訪れることを願ってお送りいたしました。

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album