ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【インストラクション】身体ごと! | main | 【木製クライミングホールド】滑り込み柿渋塗装 >>
2018.06.23 Saturday

【クライミングホールド】修行の一環

ブログの内容が課題セットやイントラばかりで、いよいよ鞍替えしたのか!?・・・と思われていやしないかってVOCKの代表としてはドキドキっす。

 

しっかし、それらも全て良いホールド作りのための修行の一環だったのです!!

 

【セッター業を受ける事でセッターが欲するホールドを身をもって知れるの巻】

シェイパー一辺倒だとシェイプしていて楽しい方向、つまり作り込みがち。しかしながらセッターは幾通りもの持ち方ができちゃうようなホールドは迷惑だったりします。なぜなら行動を制限させることで特定のムーブに導き面白さを演出したいからです。なわけで、基本的にシンプルな方が良い。

 

【インストラクション業を受ける事で初心に返れるの巻】

悲しいかなありがたいかな、クライミング歴が20年近くなり8級〜4級あたりに苦慮する感覚が喪失しています。通常触りすらしないグレードとなってしまっておりますが、実はクライマーとして大半の人は4級以下のグレードを楽しんでいるわけです。インストラクションとして初心者に教えたり一緒に登ることで初心を取り戻せます。つまり初心者の気持ちに寄り添ってシェイプ出来るのです。

 


 

とまあ、理由を後付けしてみましたがホントです。

 

シェイプもセットもイントラもひとつの環であります。その環を巡回しながらそこかしこで学べる機会を得られている現在は非常に恵まれた環境であるのです。感謝。

 

最近はスクリューオンホールド製作。お子様施設からのご注文でお作りしております。

 

多めに作っているのでネットショップの方にもまわしたいと考えています。

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album