ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 違和感 | main | 階段の手すりは木製クライミングホールド >>
2014.02.28 Friday

バックカントリー 十勝岳

 ちょいとご無沙汰でした。

ここのところVOCKブログネタが全然ありませんでした。

どーでもいい話としては・・・
  • 専務ちゃん(妻)の用件で病院に行き、ついでだったので僕も腕にあるイボを取ってもらっちゃおうと軽い気持ちで受診したら切開して縫われた。そして会計で専務ちゃんの6倍の金額でついで感ゼロに。おえーっ。
  • 村からの仕事である雪下ろしがハードで手の平には人生初の雪かきダコが出来た。
  • 確定申告を専務に任せてみたところ・・・殺気を放ち始める。身の危険を感じて途中から手伝い無事生還。

などなど。

して、今日の記事は・・・バックカントリー・・・なのです。

昨日、最高の晴天に恵まれ十勝岳に行ってまいりやした。

十勝岳は活火山で火口よりモクモクと硫黄臭のきっつい煙を吹き上げています。

その煙を見上げながら黙々と歩きます。



雪山にTシャツの人がおります。そうです、僕です。快晴で風も弱かったので厚くなって途中からTシャツに!!

余談だけれども、僕は運動発熱が多いようで痩せてるくせに運動中は周りが長袖でも一人だけ半袖である率が高い。先日、子供クライミング教室である子供が「あ〜もう、勘太郎くんモードでやるわー!!」と言ってTシャツになってた。

連日の晴天のため、雪面には無数の滑走痕跡。


でもあったんです、誰も滑っていない斜面。

それは登り返しが面倒な斜面。

でも・・・行きました。



一本のラインを描くコースケ氏。


テレマーカーのカトー氏。

そして

姿を消すタケ氏。

僕は





今回は転ばす。

そして、スキー板を拾うタケ氏をよそに滑り抜けていくワタク氏。


5人分のラインを描いてきました。

それから登り返し、今度は頂上付近を目指します。



高度が上がるほどに雪面がアイスバーン化し歩きにくいことこの上なし。

さらに上がると

風でストライプ状になったアイスバーン。

そして辿り着いたのが

ここ。この小山の裏が火口だと思われ。

そして帰り道は

こちら。

行ってきます。

・・・・帰りはほとんど写真を撮る間もないほどあっちゅー間に駐車場。

見事な一日でありました。


コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album