ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 幼稚園ホールド100個出来上がり | main | S字ペンダント・8の字ペンダント >>
2019.02.03 Sunday

進化版の合わせて❤ペンダント

アクセサリーの注文で制作させていただいたVOCKの定番のひとつである合わせてハートのペンダントの紹介です。

 

今回は最後に更にさらなる進化が・・・。

 

まずは単体としての姿がこちら。

 

ペリドット&カリン

 

ピンクトパーズ&カリン

 

 

 

アメジスト&ウォールナット

 

 

アクアマリン&ウォールナット

 

 

そうそう、この度初めてブリリアントカットの石を使用しております。

こういうダイヤモンドなどで良く目にする幾何学的カットです。

 

ちょっと前に無骨こそカッコイイと考え、ラフストーンのシリーズを多く作ったところ、嗜好のリバウンドで幾何学的な感じも素敵に見えてきた次第です。

 

単なる埋め込みではなく、石を光が抜けるように作っております。それでいて丸玉をはめ込むよりは単純なので価格も抑えられます。

 

肝心の合わせてハートの部分がこちら

 

 

さらにここも合います

 

つまり

全てが合わさり、ハートが3つ隠れています。

 

この度はご注文をいただき、それぞれでペアでありながら全ての人が繋がりのある関係であり、ご注文主様より最初は互換性があるように作れないかという相談を承ったのです。

 

ハートの部分の微調整は非常にシビアで、やれるだけやってはみます、とお答えしたものの互換性をもたせるほどの精度が出せず。悩んだ末のひとつの答えとして今回はこのような形で繋がりを表すことが出来ました。

 

果たしてこのような秘されたハートを頻繁に合わせる機会があるのだろうか?

 

つくり手としては合わせる部分に非常に苦労するのだけど、そこはあまり大事ではなくて『世界にひとつのペアになるとハートが現れるペンダントをそれぞれが持っているという繋がりを感じて貰うこと』にあります。

 

また、ご注文主様が選んでいただいた石にはそれぞれ意味があり、その気持も共にお届けなのです。

 

この度は誠にありがとうございました。

 

 

@vock_climbing_hold

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album