ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< VOCK木製クライミングホールドの子供遊戯施設 | main |
2019.05.15 Wednesday

パッション!

この度ご注文いただき製作させていただいたミルフィーユホールドです。

 

スローピーガバ

 

大ガバ

 

スローパー

 

ガバ

 

スローパー

 

スローパー

 

それからこれはカラーリングホールドでガバセット。

 

これらのホールドは北海道池田町のボルダリングジムレッドポイント様でそのうち登場するでしょう。

 

このジムは地域おこし協力隊が作ったジム。地域おこし協力隊とは国の制度で3年間の任期で地域活性化目的で各自自体に派遣され働く制度です。

 

そんで、その地域おこし協力隊の方が前年度で任期を終え、こないだの町議選に立候補して上位当選したんだよ〜。

 

地域おこし協力隊としては最大の躍進でしょう。

 

私の住む村にも地域おこし協力隊が何人も派遣されてくるんだけど、そこそこの割合で任期中に残念ながら辞めてしまう。理想と現実のギャップがあるのだろうと思う。

 

そういう現実もある中、この度の躍進は眼を見張るものだと思い、応援したいと思います。

 


 

さて、私の住む占冠村はというと・・・

 

この度こちらの壁の増設が国に認可された次第です。

パチパチパチパチ。

 

左側に垂壁を増設して壁全体がL字型になる予定です。

 

これもなかなか大変で、昨年度に私、自主的に要請を出しまして、ミニスケールのモデルを作り、消防法に適う材料探しをし・・・とVOCKとしてはには全くお金にならない時間を費やして・・・ついに今月認可されたんですね。

 

今後、壁増設も手伝うんだけど・・・もはやボランティア状態。

 

加えて、壁ができたらいくつかハリボテを寄贈しようと思って用意しているのです。

 

地域活性化事業としてホールドと講習に予算をつけて頂いているので、私としてもできるだけ良い環境を整えて楽しんでもらいたいと考えております。そのためならば身も削りましょうと!!

 

木も削りましょうと。

これは増設のときに使おうと思って作ったホールド。

 

理想と現実のギャップを埋めるのはパッションだよね。

 

 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album