ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< NHKと北海道新聞から取材を受けました | main | 【新商品】クライミングホールド8セット >>
2019.10.12 Saturday

おはよう北海道放映と赤岩青巌峡講習

北海道の皆様、おはよう北海道土曜プラスはご覧になりましたでしょうか?

 

この度は占冠村特集で、その一部として私、登場させていただきました。

 

知らない方も多いと思いますが、移住者として私は占冠村に8年前にやってきて、現在トマム地区にてクライミングホールド製作、ボルダリングウォール設営、そしてインスタクションに至るまで携わらせていただいている次第です。

 

いまだかつてこんなクライミングホールドメーカーがあっただろうか!?・・・しかも木のホールドだし。

 

毎月、2回〜3回のボルダリング教室を実施しています。

 

これは国の地方創生事業として実施しているので講習料は無料で、更に地域活性化が目的なので村民に限定していないので隣町やさらに先の街からも受講生がやってきています。

 

三年の事業で、今年度三年目を迎えています。

 

この教室の利用者も右肩上がりで増えており、

 

1年目述べ127名

2年目述べ203名

3年目述べ222名(9月末時点)

 

と賃上げ要求をしたいくらいです😅(国の事業で予算が決まっているので無駄)

 

年々大変にはなってきておりますが、同時に充実です。

 

このように国と村と共に活気を作り出している次第です。

 

そして

この言葉に続くものとして、私は占冠村独自の制度【自主創造プログラム】という制度を利用し赤岩青巌峡講習も実施しているのです。

 

それがテレビとは別個で本日開催いたしました。

 

この度で第5回目となりました。

 

この占冠村では住民が講習やセミナーなどを企画し申請書が通ると開催する事ができます。これを自主創造プログラムといい、村から一定の予算が支給される次第です。

 

私の赤岩青巌峡講習は回覧板で周知され、参加者を募ります。村が講師料を支給してくださるので参加者は無料で受講できます。

 

この講習では、辛いとか厳しいとかに私の気持ちが萎えるので

落ちたら落ちたことを楽しんで欲しいと思っています。

 

出来なかったよりも、出来たにフォーカスし、褒めあってみんなで伸びるようなクライミングがいいですね。

 

今日は初めてのリードにも挑戦しました。村民クライマー成長中です。

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album