ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【お客様のクライミングウォール】出窓の猫 | main | 地方創生事業のクライミング教室終了!! >>
2020.03.04 Wednesday

ここ最近

新型コロナウィルスによる騒動で気の滅入る日々が続いております。

 

一日も早く収束することを願うばかり。

 

ここまでの騒動になる直前の先月25日にトマム地区保育所のボルダリング教室を開催しておりました。

大人たちの教室と違ってほとんど付きっきりで世話を見るため写真を撮れず。最後の方にギリギリ撮った一枚。

 

他の子供らはそのへんを走り回っています😅

 

この保育所クライミング教室は第二回ですが、初回ではイケイケで登っていた子が、今回、親が見に来たら泣いちゃって泣いちゃって・・・親で甘えん坊スイッチが入ったみたい。終始泣きながら登っていました。泣きつつも登るは登るんだなぁ〜と感心した。

 

それから、みんなで着地の練習もしました。登りと着地を合わせてボルダリング。着地が下手だと思い切った動きが出来ません。

 

まだまだ上手とは言い難いけれど、一つ一つ出来るようにまた教えていきたいと思います。

 

と、思った矢先に新型コロナウィルス騒動で3月いっぱいボルダリングウォールも利用休止となりました。役場建物内の施設なので順当な判断かと思いますが・・・寂しい限り。

 


 

私としても、まだまだ雪の中とはいえ、北海道にも春に近づきつつあり、クライミングに精を出す気になっていた時分。

 

ホームジムのクライミングジム十勝も念の為の臨時休業となり、気持ちを持て余していたところ隣町の友人のプライベートムーンボードに誘われ、VOCKホールドを携え登りに行ってきました。

ムーンボードの基本が指先系のホールドなので、せっかくなので変化のため大きめのホールドを持っていき、友人はスローパーやラップに喜んでくれました。しばしここで課題を作って身体作りです。世話になる!

 


 

もちろん、木のクライミングホールド作りも日々続けております。

 

ただただ日常が戻ることを祈りつつ、出来る事を手掛ける日々です。

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album