ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 入園と受注生産 | main | 旧小林寫真館の思ひ出 >>
2020.04.08 Wednesday

別れとワークショップ

ちょっと前、3月末の話です。

 

私のクライミング教室の生徒から、小学校の先生が異動するので贈り物をしたい。個人的にワークショップをさせてもらえないかと相談を受けました。

 

もちろんOK。(すみませんが通常は駄目です。あくまで気持ちを汲んでの了承)

 

というわけで、工房にやって来た彼。

私が木工の指導をして、彼は私にYou Tubeの有用性を説いてくれました。噂には聞いていたけれど、今の子供はYou Tubeをすごい見るのね、と実感した。

 

ちなみに、私は実はホラー大好き人間なので仕事中にYou Tubeで怪談の朗読とか聞いてます。自称ホラー上級者の私は怖がらせようとする意志が強いと冷めます。淡々としている中にゾッと瞬間があるのがいいんだよね〜。あと恐怖の正体の説明とかも駄目。意味不明なのがいいのよね〜。

 

だんだんオネエ化して来ちゃうので止めておきますが、1対1のワークショップの魅力は雑談でした。

 

はい、そんなわけで必要以上に時間がかかって出来たのがこちら。

ペアペンダントです。

 

これ、素敵な意味合いが込められております。

 

異動する先生は結婚して、旦那さんと住むため別天地へと移る事になったのです。そこで、彼としてはおそらく近い将来子供を授かるだろうということも考え3つの埋木をしました。

 

グレーが旦那さん・紫が先生・橙色が子供とのことです。そしてペアで作って、木の重ね方のパターンを旦那さん先生で少し変えています。

 

私は粋な計らいだと思いました。

 

後日先生の引っ越しの日に渡し、喜んでいただけたとのことです。偉いぞ!

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album