ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2015年道東ボルダリング交流会 | main | クライミングホールドワークショップ >>
2015.02.24 Tuesday

原発事故から逃れて 3.14富良野講演

VOCKとは関係ないんですけど、3月14日にこういう企画があります。

昨年の暮にトマムで二回開催した(一回目)(二回目)講演会を見に来て下さった《3.11に学ぶ@富良野》さんより招かれる形で富良野講演が決まりました。

まー何と言いますか、僕なんかで良いものかと思う点も多々あるのですが放っておくのも癪だし、ともあれ大人が声を上げて子供らを護る社会じゃないと嫌だよね。

「空気を読む」とかって黙ってしまうのは大人の悪いとこ。

空気も放射性物質も目に見えない。でもそこにあるでしょう。同じ目に見えない同士ならこのご時世、放射性物質の方を読んでやろうじゃないの!!

目に見えないものを見るイマジネーションを養って身を守って未来を繋ぎたいもんね。と、空気をあえて読まずに申し上げますよ。

チラシ的には4年経過と書いてあるけど、来月の11日で4年ですね。何事もないように見えるし、何事もないように見せられている。

実際に今後も何事もなければ何十年も経って「あの頃、頭がおかしくなってて騒ぎ立てちゃったんだよなぁ」と僕は懐古し恥じらいながら暮らせばいい。そして、騒いだせいで迷惑をかけた人達に責められればいい。むしろ笑ってくれるならお礼の一つも言いたいです。

ただ、今現在感じている懸念を放置して、近い将来、懸念が現実になり、その事を後悔しながら過ごすくらいならば少々抵抗したいのだ!!

というわけで、時折、団体や組織的な扱いで十把一絡げに批判してくる人がいるのですが(おまえのような〇〇な奴らは✕✕だ!!的な)個人も個人の活動なのでそういった類の発言はスルーさせていただきます。

それから入場料は会場使用料の関係なので僕の収入ではありません。

《原発事故から逃れて》3.14富良野講演、どうぞよろしくお願い致します。
コメント
先日TV番組の「テレメンタリー2015」で丸森町筆甫地区の放射線被害が置き去りにされている、という観点で特集されたものが放送されました。
その内容についてではないけど、カンタロくん夫婦のコトをFBでチョットだけ書かせてもらいました…
  • くるりんぱ
  • 2015.02.27 Friday 11:06
温かいお言葉読ませていただきました。ありがとうございますm(__)m
僕自身、よく頑張れてるなぁと思っていたりします。それもくるりんぱ氏のような良き理解者に恵まれているからなのだと思います。
件の動画も探したらすぐに見つかり夫婦で見ました。何だかなぁ〜な現実だと思います。絆という言葉は空を切ります。現実なのに噂のように忘れられます。風評被害ではないのに風評という言葉がまり通ります。だから何だかなぁ〜な現実に「何だかなぁ」と言ってやろうと思うのです。
  • 勘太郎
  • 2015.02.27 Friday 14:07
そうねぇ、、、その「何だかなぁ」という空気が放射線被災地でも醸成されているんじゃないかと思う。
ところで、舩橋淳監督の映画「フタバから遠く離れて 第一部」を観て、第二部の制作公開までクラウドファンディングで応援しました。
あの映画を観て言葉を失ってしまった自分の中で、ようやく出てきた呟きにも近い「何だろなぁ」は、3.11がもたらした"分断"というものの中で共通した"溜息"に似たようなモノかもしれないね、、、
  • くるりんぱ
  • 2015.02.27 Friday 15:13
コメントする








 
Powered by
30days Album