ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< クライミングホールドの話と全然関係ない話 | main | 開花に間に合った桜の机 >>
2008.04.03 Thursday

嵐が来て嵐が去ったと聞き、違う嵐ともすれ違い、指は痛い

僕が通いながら机を作っている家具工房飛鷺は嵐のように急がしかったみたい。

大きな仕事が先日終わってホッと一息を着いている飛鷺の船長と工場長のところに工房にいるときの半分くらいだべって仕事を邪魔する男久々に見参!!…まあ、僕の事ね。

僕の大きな仕事桜の机を終わらせねばならない。先月末までに納品の予定を飛鷺の大仕事が終わらない事には搬入の為のトラックも借りられないので7日まで延ばしていただいていた。

今日は天板を磨いて本格的な組み立ては現地で。



鼻息も荒く張り切ってしまったわけだけども、気合の余分なエネルギーによる空回り元気の為の突発性油断事故発生。死ぬほど思い天板にかするように指を挟んでしまった。

さすがは死ぬほど思い天板だけあってあいにく僕は死にはしなかったんだけど右手人差し指の側面皮をガッチョリ剥がされた。

いや、最初あまりにガッチョリだったからこれは病院かな?と思ったほど。工場長にも病院に行った方がって言われた。頭をよぎるのは「今保険証持ってないしなぁ」という冷静な金銭的な心配。

傷部位をめくって観察。自己診断すると皮だけ大丈夫ってセルフドクターが。船長に絆創膏を貼ってもらった。ありがたし。

その後すぐに怪我貧血。暑い様な寒いような感じがして細かい汗をかいてへたり込むあれ。

座り込んでやれる事がなくなったので船長と工場長に今朝見たピュアな夢の話を聞いてもらった。いや、聞かせた。僕は飛鷺に来る時妙にピュアな夢を見る傾向にある。いつも聞かされてる二人。きっともう楽しみのひとつになっているだろう。きっと。

昼頃突然のリアル嵐。にわか雨があるかもしれませんと天気予報で言っていたけど、にわか嵐だった。久々の波打つように見える雨を見た気がする。

昼飯を食べ指の痛みは薄らぎ雨も上がり作業、作業。だいぶ工場長に助けてもらいながら日が暮れる頃何とか終えることが出来た。

搬入は明日に決まり明日この仕事も(問題が発生しなければ)終幕となる(問題が発生しなければね)。あと少し、頑張れ自分。
コメント
遠足じゃないけれど、
「無事に自宅に着くまでが仕事!」

「桜のテーブルついに完成!」と設置し終わった写真を
明日はブログにアップしてくださいね。
(つまり、無事帰宅したってこと)

指、お大事に…。
(早く治して、クライミングしましょ♪)

  • s
  • 2008.04.03 Thursday 23:43
あたかも、小学校の先生に言われてるみたいだなん。あたかもね。

常套句としてはこの後に「バナナはおやつに含まない」が入るんだよね。

ままま、自宅が仕事場の僕は自宅に着いても仕事!!だったりしてね。

ブログは夜にアップしますので待って下さい。

指は痛いけど、クライミングはしたいけど、なにかとかにかで頑張ります。

コメントする








 
Powered by
30days Album