ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 異種木工 | main | クライミングホールド用ボルト >>
2009.10.30 Friday

自由業なクライミングホールド屋さん

昨日、約二週間ぶりにカメラが修理から帰ってまいりました。ネット上で商売する身としては翼をもがれた鳥のごとき気分でしたが、ほっとした。

その間にも色々やっているわけで机だのネックレスだのホールドだのホールドだの。













ホールド屋なんだ。僕は。今在庫が無くてあれだけど。

写真のものは別にまだセットではありません。セットを組むのはこれから。

それにまだ完成していないものプラスもう少し作ろうかと。


カメラが戻ってきて安心した。このブログ見て僕のことをすげー遊び人だって思った人がいたんだけど、ちゃんと仕事してるぜって言える。僕はクライミングに行ったその日の晩はホールド作ったりしてるんですぜ。自宅が仕事場なので泊まりにでも行かなければ明確な休みが無い。家にいれば昼夜問わず仕事が出来る状態だから時間があればなにかしらしてる。

以前テレビ出演した際に収録中に「暇さえあれば二階の工房で仕事をしている」と受け答えしたらば、放送で「暇な時は工房でホールドを作っている長谷川さん」的なナレーションいただいた。

分かるかな?この屈辱。

暇だからやってんじゃなくて仕事だからやってんだぜ。ちょっとしたニュアンスの差異なんだけど。明確に仕事と自分の時間が分かれていない分そう受け取ってしまうのかもしれない。

以前書いたような気がするけれど、近所の知人の宅にその知人の親戚が都会からやって来て滞在していたんだ。その親戚の子供に高校生がいて社会化見学的に僕の家を見せてやって欲しいと言うので色々説明をしながら一通り見せてやったの。これこれこういうものを作っているんですよ、と説明してあげたら、最後に高校生から「で、仕事は何をやっているんですか?」って聞かれちゃったのね。

ずーっと仕事の説明をしていたんだけどなー、と。

まあ、僕も高校生くらいの時はサラリーマンになると思っていたので分からんでもないが倒れそうになった。高校生くらいでは仕事とは勤めに出ることなんだろうね。

まあいいの。僕は一生懸命やって認めてもらえるように励むだけでやんす。頑張れ、オレ。


そんなガラス細工の心を持っている木工屋さんはいい事思いついた。


<表>


<裏>

両面ホールドの試作。表はカンテやマントルの抜け、垂壁に。裏返せばインカットホールドになるのでハングに。

ねえねえ、誰でも思いつきそうなんだけど他のメーカーやってる?だとしたら偉そうに書いて恥ずかしいんだけどさ。

にほんブログ村 雑貨ブログ ナチュラル雑貨へ

にほんブログ村 アウトドアブログ クライミングへ
コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album