ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2019.08.18 Sunday

【お客様ウォールの紹介】4歳と1歳の登るプライベートウォール

お客様ウォールの紹介です。

 

この度はこちらです!!

4歳と1歳のお子様のクライミングウォールです。ワシワシ、ガシガシ元気いっぱいに登っている姿が可愛らしい。

 

食後、お風呂の後には日々登っているそうです。課題もあり、カンテも駆使して登るんだとか。クライマーの低年齢化が著しい昨今、まさか1歳でも登るものなんだと衝撃を受けた次第です。

 

我が家にも1歳の娘。まだ早いと思って全然積極的に触らせていなかったですが、もう少し近づけてあげようと思います。ありがとうございます。

 

両サイドは窓。

とても自然豊かな土地なのだとお見受けしました。

 

お父様はクライマーで長年ご愛用いただいているお客様です。この度は子供用の壁を作ったとの事でご連絡いただき次のような感想をいただきました。

 

「VOCKの商品はデザイン的にもホールドとしても本当に素晴らし いです」(抜粋)

 

大変ありがたいお言葉をいただきました。これからも日々研鑽に努めてまいります!!

 

 

デザインに関して、10年以上ホールドのシェイプを続け、年々シンプル化してきています。それはセッターの仕事をするようになってからより顕著なのですが、シェイプする方からするといろんな持ち方が出来るシェイプがしたくなります。しかし、セッター側ではいろんな持ち方が出来るホールドは厄介で、動きを限定して面白くしていきたいのに、ケースバイケースですが使いにくい場合が多いと感じています。

 

作り手としては作るのが面白いので凝りたくなり、しかしそこを堪える事でクライマーが面白くと考え取り組んでいる次第です。

 

これからも日々を積み重ねてより良いホールドを!!

 

お写真ありがとうございました。モチベーションアップです😊

@vock_climbing_hold

2019.08.15 Thursday

【新商品】ブリリアントカットストーンのペンダントとピアス

ブリリアントカットストーンと木のペンダントとピアスの新作です。

 

 

↑各々、画像クリックで売り場へ移動します。

 

ピアス作ったのすごく久しぶり。

 

以前はブリリアントカットストーンの先端のように尖っていた私ですが、このお盆休みはアンパンマンショーを見に行ったり、トンボを捕りに彷徨ったり、手持ち花火を袋から出す係を担ったり・・・お父さんを楽しんでおりました。

 

そんな私ですから、石を優しく木に包み込んだ次第です😊

2019.08.06 Tuesday

占冠村ふるさとまつり クライミング体験ブース2019

今年も占冠村ふるさとまつりクライミング体験ブースを担当させていただきました。

 

お祭りの当日、朝から準備です。

 

バン!!

今年は6段階。頑張ったぜ。

 

午後からお祭りで今年も子供たちが来襲!!

 

 

 

クライミング体験ブース、今年で6年目。ここで毎年顔を合わす子供がたくさん来てくます。

 

二日間終えてぐったりの私と子供ら。

 

今年も怪我人なく無事終えることが出来ました。

 

また、毎年やらせていただいているのでだんだんとこのようなイベント向きの課題の作り方や、難しさの程度など分かってきたので始めた頃より安全性、面白さ共に良くなったのではと自負しております。

 

また来年も多分あるでしょう。子供たち、また会いましょう!!

2019.08.05 Monday

トマムボルダリグウォール パワーアップ!!

かねてより、予定しておりましたトマムボルダリグウォール増設計画が先月ついに実行されました。

 

まずは既存のウォールからホールドをすべて外します。

 

一年間頑張ったホールドは洗浄。

 

続きまして新しい壁となる合板を設計図通り切断し、穴あけ。

 

爪ナット叩き込み作業は妻と一緒にやりました。

 

このボルダリグウォールのある施設は役場の支所。ゆえに、消防法の縛りが厳しく、合板は特殊な【防炎】合板を取り寄せました。

特殊な薬剤に漬けてあるんだとか。燃えません。

 

枠組みは鉄筋です。

 

特殊なネジで合板をはっていきます。

 

この作業が鉄筋へのネジ打ちが地味にすげー力が必要。

私はインパクトドライバー歴が長いので大丈夫だけど、一緒に作業をした若者が死にそうになってた。

 

体重の預け方が重要で、力も必要だけどコツもあるのでした。何事も経験だなぁ〜。若者、頑張れ!!

 

さて、続きましてホールドとハリボテの設置です。ホールドは大きいのからつけ始めると後でバランスを取りやすいです。

そして、この度ハリボテのリニューアル。前回の小さいハリボテもVOCK寄贈でしたが、今回の大きいハリボテも・・・VOCK寄贈品。

 

役場の人はほとんど誰も知らないので、占冠村の皆さん、役場の人に合うたびに「あれはVOCKさんの寄贈品」とお伝え下さい😁

 

さらに、これらの何日もかかる作業自体、人件費を計上せずに奉仕です。「あの壁の一部はVOCKさんの奉仕の精神で出来ている」と役場の人に会えば思い出したようにお伝え下さい😝

 

何故にそこまでしてやるのか?

 

「半端な壁じゃ忘れ去られるだけ」だからです。

 

このような小さな壁ではホールドの種類と量は非常に重要。私も深く携わる以上、少しでもホールド費用に予算を回し、多くの人が楽しめるボルダリグウォールを作りたいと考えているのです。

 

ホールドたくさん付きました。

 

 

 

さて、次は課題作り。友達のクライマーに試登をお願いする。

 

子供課題は息子に試登させてみる。

 

3歳からいける課題が出来た😁

 

娘はガムテ積み。

 

初心者課題は妻が試登。

OKです。

 

そして、いよいよリニューアル後、初のボルダリング教室開催。

 

 

 

大勢集まるりました。

 

新しい垂壁は小さな子ども達に自信と喜びを与えてくれた。

 

みんな笑顔で楽しい壁出来ました。

 

是非、近隣の皆様ご利用のほどお願いいたします!!

 

 

2019.07.29 Monday

第三回 自主創造プログラム【赤岩青巌峡講習】

昨日の日曜日、占冠村自主創造プログラムで第三回赤岩青巌峡クライミング講習を実施いたしました。

 

本当は6月に予定していた第三回。ここのところの週末悪天候に阻まれ、3回も中止の末にようやっとの開催は7月末。

 

天気予報を何度も見ては焦れに焦れたわけです。先日も大雨明けの晴れ。通常であれば開催を伸ばしたかもしれない状況。

 

しかしながら8月は岩が湿気り、駄目率アップなので太陽と風の力を信じての実施に踏み切りました。

 

岩場に着くと・・・

初心者殺しの5.8こと【たまねぎ】さんならなんとか出来そう。

 

たまねぎは8だと思ってやるとヤバい。10aくらいが妥当だと思う。出だしのホールドが8にしては細かくて繊細・・・とかなんとかゴチャゴチャ言っても他が濡れており、仕方がないのでやるのです。やらせるのです。

 

秘技【ごぼう】さんを伝授しつつ、頑張っていただきました。

ごぼう:ビレイ側のロープを引き、出来ないとこをエスケープする初心者御用達のナイスなテクニック

 

「たまねぎでごぼうしちゃった」という不思議な思い出、一丁上がり。

 

岩場が初めての一発目。緊張で筋力を使い果たした人、二丁上がり。

 

というわけで、私はちゃんと保険もかけております。岩のさらなる乾きと体の回復を願って赤岩青巌峡インスタ映え散策ツアーに出発。

 

知る人ぞ知る、狭々通路。通り抜けできます。

 

ここは課題もある両岸壁の回廊入り口。

 

歩きつつ見上げれば巨大なチョックストーン。

 

日本離れした自然の迫力にはしゃぐ我々。

 

落石に気をつけて一人づつ歩きます。

 

ほぼ出口のとこ。

コウモリも飛んでました。

 

こちらはもう戻ってきてるけど、以前CM撮影にも使われた苔の美しいとこ。(バウのとこ)

 

赤岩青巌峡クライマーならみんな知っている、天然のクーラースポットでもあります。

この覗き込んでいる穴から冷風が吹き出す。

 

岩場ビショビショで誰も登ることがないので、この冷風当たるところで早めの昼ごはんといたしました。

 

ここまで、思っていた以上に岩が濡れていてヤベーと思ったんだけど、参加者女性二人が散策ツアーをとても楽しんでくれ、密かに胸をなでおろした次第です。

 


 

満を持して午後。ついに酋長岩が乾く。

アパッチ5.7は2人とも一撃。

 

 

エカシ10aは最後のハードムーブにやられ2人とも次回へ持ち越し!

 

そしてタイムアップ&エンプティー。

 

というわけで

延期に延期を重ね、やっと第三回の自主創造プログラムが無事完了。自然を満喫いたしました。

 

次回第4回は9月を予定しております。(村民とトマムボルダリング講習に来てくださっている方々を対象とさせていただいております)

 

@vock_climbing_hold

2019.07.29 Monday

【新商品】木製クライミングホールド11セット

木製クライミングホールド11セットアップロードいたしました。

 

ボルトオン

 

スクリューオン

 

もうすぐ7月も終わりですね。前半は花粉症で大変でした。さらに夏風邪も引いてしまい、何日かぶっ倒れてたのも・・・今や朧気。

 

ここは数日はすっかり夏らしい気候になり、妻からは「暑いから触らないで」と言われています。ここで一句。

 

 妻放つ 涼む一言 解夏ゲのゲ 

 

詠んでみました。

 

解夏(げげ):夏安居(げあんご)の制を解くこと。七月一六日以後、または八月一六日以後、一か月以内に夏安居を解散すること。夏解(げあき)。夏(げ)の果(はて)。かいげ。

 

句にも夫婦仲にも特に深い意味はないですぜ!!

2019.07.16 Tuesday

【新商品】ブリリアントカットストーンと木のペンダント

新シリーズでブリリアントカットストーンと木のペンダント制作いたしました。

 

ガーネット

 

スカイブルートパーズ

 

ペリドット

 

 

 

アクアマリン

 

ピンクトパーズ

 

シトリン

 

グリーンアメジスト

 

 

石を単純埋め込むのは簡単なのですが、裏面にも穴が抜けており、光が10日することで石が輝くように工夫しております。

 

また、この度は牛革のロープを使用し、ジョイントも金属製のものを使用しました。

ホックのスライドによる長さ調節はなく、ロープの長さは40センチで決めてあります。

 

今回は女性を意識して作った次第です。もちろん男性もOKです。

 

価格は5800円〜6800円とさせていただいております。プレゼントにもどうぞ。

 

ショップ売り場はこちらです→VOCK WEB SHOP

 

 

 

 

 

@vock_climbing_hold

2019.07.05 Friday

スローパキャンパ

半年ほど前に紹介したピンチキャンパ。

 

取り付けたとの連絡いただきました。

 

 

旭川のボルダリングジムガッツウォールです。

 

オーナー直々に悪いほうが良いとリクエストいただいておりましたので、なかなか悪くしてあります。

 

結果、良い感じにみんな落ちてるらしいよ〜😆

 

厳しさを喜ぶ人種、さすがクライマーズ。くれぐれも怪我なきように励んでくださいませ。

 

そうそう、私は指の故障といえば10年ほど前に一度パキってカチラー自主退学し、オープンフィンガーに変えたんです。最初は気持ち悪かったけど今はあんまり指が痛くならなくていいわ。

 

以前はスローパすらカチ持ちしていた私ですが、カチ持ちはイザってときだけ使ってますが、不思議と以前ほど指が反らなくなりました。

 

 

2019.06.30 Sunday

【インストラクション】トマムボルダリングウォール

最近のトマムボルダリングウォールのボルダリング教室が非常に賑わいました。

 

平日の夜にそれぞれ20〜30人来てくださいました。

 

そして、先日の久々週末開催は4人・・・。

 

ともあれ、3年目の今年度、ますます人が集まってくださって非常にありがたいです。

 

そして、去年の秋頃からずーっと計画していた壁増設計画が7月後半に具体化する運びとなりました。この経緯を書くと紆余曲折が多く長くなる&面白くないので省きますが、私としては念願がもうすぐ叶いそうで楽しみです。

 

何度か記していると思いますが、ボルダリングの良さは辛さの共有だと思います。これはやってみないと分からない。同じところで落ちる人を見ると「同志よ!!」と心が吠えます。

 

辛さの中に楽しさを見出し、楽しさをお供に辛さを乗り越えた時、達成感が突き抜けるのです。同志も貴方の完登を喜んでいます。これすらも辛さの共有。

 

ボルダリングはロープレスだけど心の絆で繋がるのね。これを心のアンザイレンと言いましょう!!

 

アンザイレン: 2人以上の登山パーティーが滑落のおそれがある岩場や急な斜面登る際に、お互いの安全確保の為にザイル(ロープ)で身体を結び合うこと。 1人が滑落しかけた時、他者がつなぎ合ったザイルを持って墜落を阻止することを目的とした方法。

 

ちなみに悪い人は「落ちろ〜落ちろ〜」と念を送ってきます。・・・それも醍醐味の一つと言えましょう。

 

ライバルが落ちろ念波を送ってくる、そんな弱き心すら愛でて、登りで打ち砕きましょう!!

 

 

7月は9日・16日・30日でそれぞれ18:30〜20:30です。

2019.06.30 Sunday

【課題セット】クライミングジム十勝 5月・6月

GW明けからクライミングジム十勝にちょくちょく通い、120°壁から始まって→130°→145°→130°マントル壁と課題づくりをやっておりました。

 

 

私が作っていたのは1級〜4級の課題です。

 

課題数は大量なので中には辛いのもあろうし、甘いのもあろうと思います。

 

辛党の人もいれば甘党の人もいるのが人間模様。お気に召すのがあるといいなと思います。

 

あとマントル壁のマントル課題復活しました。

 

というのも、前の1年間はマントル課題が怖がられて不人気なためマントル壁にマントル課題を作らないという事になっておりました。なので個人的にマントラ無い壁と呼んでいたわけですが、マントル壁にマントルがないのも勿体無いと復活。

 

そしてまたそこそこに不人気を博していると聞き及んでおります。

 

げーっ!!

 

高さがそこそこあるものの、これだけランディングがフラットでマットもしっかりしている環境。マントルの練習に最高でしょう。

 

それこそ岩場に行ってマントル下手なのってしんどいよ〜。怖いよ〜。辛いよ〜。腹するよ〜。

 

そんなわけで無理のない範囲でマントルを鍛えよう!!

 

リップに足を上げると引き返せない、腰から落ちるなどと思っている人も多いと思いますが、リップ上に課題に使わないけ避難用ガバを多めにつけておりたので、先にガバの場所を確認して最悪ガバに逃げる腹を決めてやってみたらいいかもよ。

 

よろしくどうぞです!!

 

 

 

 

 

 

@vock_climbing_hold

Powered by
30days Album