ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2020.05.28 Thursday

【お客様ウォール】ガバ玉ホールド

この度紹介させていただくのはこちらのVOCKクライミングホールドユーザーのお客様ウォールです。

どうやら二階へ抜けられるタイプのクライミングウォールです。壁に爪ナットの施工はなく、ネジ止め仕様のホールドを利用しています。針葉樹合板の木目を残す形で塗られた白がセンス抜群です。

 

ペンキを塗って乾く前に拭き取ると地の木目を残す事も出来ますよ。たぶんそのように塗ったと思われます。何はともあれ参考になりますね。

 

また、2階に抜けるだけではなくトレーニングとしても活用されています。

 

しかしながら、指先だけのキャンパシングが奥様には厳しいようで楽しめていないとの事。(キャンパスラングとペグボードはVOCKのものではありません)

 

そこで、旦那様が一計を案じてVOCKのインスタグラムに懸垂用ガバとして紹介させていただいていたホールドをご注文下さいました。

 

 

(こちら、当木材の仕入れ状況的に商品化してないのですが、材料の確保次第で商品化するかもしれません。ぶら下がっても皮膚が痛くなりにくいようにファットになっているのが特徴です)

 

そしてバージョンアップ!!

 

奥様もトレーニング可能になったとのことです😊

 

旦那様、優しい!!

 

 

この度は素敵なお写真をお送りいただき誠にありがとうございました。

 

 

2020.05.28 Thursday

【クライミングホールドの新商品】木に顔=親しみ

VOCKWebShopに木のクライミングホールド追加いたしました。

 

スクリューオン4セット

 

 

 

 

ボルトオン1セット

 

顔ホールド1セット

この度、新発売となったのがこちらの子供向け木の顔クライミングホールドです。

 

それぞれに名前をつけてもいいくらい。もちろん命名権は購入者様のお子様のものですが。

 

 

 

 

 

 

 

私の子供の頃は樫の木おじさん。

 

最近ではジュモクさん

 

そう、我々は木に顔があるのに親しんで幼年期を過ごすのですね。当ホールドもその中の一つとしてどうでしょうか😄

 

 

 

 

 

2020.05.21 Thursday

【お客様ウォール】最高の笑顔

めちゃくちゃ可愛い姉弟と共にお客様ウォールの紹介です。

 

 

 

部屋の一角がこのようにクライミングスペースとなっております。

 

クライミングホールドを製作させていただいた私としては、楽しそうな姉弟の表情がとても嬉しいです。顔出しはお母様より許可を頂いておりますが、この素敵な二人を合わせて紹介できて良かった。

 

仲が良くて最高!!

 

日常にクライミングのある楽しい日々をお過ごし下さいな。

 

ちなみに、この度のセットはこちら。

 

 

この度は誠にありがとうございました。

2020.05.20 Wednesday

【告知】24日クライミングジム十勝にてスクールやります

3/24日からだいたい週2でクライミングジム十勝に通い、約2ヶ月。

 

雨とも戦わず、風とも戦わず、新型コロナから逃げ逃げ、ただひたすらに一人でテープ課題を作ること多分170本!!

 

昨日、とりあえずの完成と相成りました。

「最初の方の課題はもう忘れたよね」の笑顔😄

 

そんな有様ですが、24日(日)に課題質疑応答と初心者クライマースクールを開催することとなりました。

忘れた課題は一緒に考えるから大丈夫!!何でも聞いてください。文句はマイルドに、称賛は大げさに、でOKです。

 

それから14:00〜スクールです。私は、かれこれクライミングスクール歴が10年以上。それも子供を中心に教えていたので難しい言葉を使わずに分かりやすく伝える努力を続けてまいりました。是非、この機会にご参加ください。飛び込み歓迎です。(無料とありますが、施設利用料は別途必要です)

 

また、初心者の定義とは・・・ですが、自身の心に問い合わせて、心が「初心者です」と応えた謙虚な皆様の事です。グレード、年数関係ありません。

 

十勝クライマーの皆様、24日はクライミングジム十勝でお会いしましょう!

 

 

※現在、自粛中であり、クライミングジム十勝では新規登録を停止中との事。その点ご注意ください。

 

 

2020.05.14 Thursday

【新商品】春と共に

まだギリギリそこら辺に残雪がありますが、あと数日でお別れかと。

 

そして昨日今日と強風が吹き荒みました。春一番じゃない?と今更思います。なぜなら桜もまだまだ蕾なのです。私の暮らす北海道トマムではゆっくりと春が訪れます。

 

そして夏は逃げるように去って、冬が足早にやって来る。

 

春を感じて、妻が突然自転車を趣味にする宣言をしたのでグリーンシーズンは自転車にたくさん乗ることになりそう。そうです、私はお付き合いサイクリストになるのです。おそろいの自転車を買います。

 

実は20年くらい前に私も自転車にハマった時期があって、当時クロスバイクに乗ってツーリングしてたんですが、時を経てクロスバイクを調べたら昔より断然ロードバイク寄りになっていて驚いてしまった。時の流れを感じるタイヤとフレームの細さ。

 

道具の進化ってワクワクしますよね。

 

さてさて、春といえば薄着になる季節。アクセサリーの季節とも!

 

新商品追加いたしましたので良かったらVOCKウェブショップも見てみてください。

 

カボションと木のペンダント

 

丸玉ストーンと木のペンダント

 

ブリリアントカットストーンと木のペンダント

 

 

2020.05.07 Thursday

フェイスホールド

だいぶ前に作っていた猫ちゃん、スカル、恐竜ホールド。

 

 

 

ここまで作り込むと高額になってしまう問題を抱え、以来作ってないのです。作ってみたいという気持ちで作った商品でした。

 

そんな私のもとに、つい先日、「ホールドが顔になったり恐竜になったりしているホールドが欲しい」とのご依頼が。

 

「出来るんですど・・・高いんですけど・・・」としどろもどろになりつつ、考えた。

 

作り込まなくったっていいじゃない!!だってホールドだもの。

 

というわけで、作ってみたいという利己的な気持ちを捨て、作ってあげたいという利他的な気持ちで製作させていただいたセットがこちらです。

 

顔になっているのはこの5つ。

 

 

全然違う・・・。

やさしい。

 

そんなわけで、通常のホールドにほんの少し加工の子供向け顔ホールドシリーズを展開したいと思います。むしろホールドとしては断然使いやすいので慧眼です。

 

それから、こんなのも作りました。

木を埋め込んで模様をつけてみました。

 

これは、この春より商品を置いていただく予定だったお店のディスプレイ用に作ったのですが、そのお店が自粛で6月いっぱいまで休業を余儀なくされてしまったため、まだ陽の目を見ず。

 

次はアマビエホールドが必要かもしれんな・・・。

2020.05.07 Thursday

クライミングジム十勝の日々

ご無沙汰です。

 

4月後半からずーっと保育所が自粛で我が子たちは退屈で退屈で・・・。私も一緒に遊んだり仕事したりでパソコンと向き合えない日々を過ごしております。

 

それでも普段よりもずっと体力を余した子供たちは元気が炸裂し、より体力を削られている父と母は死んだように眠る日々。全国的な現象かと思います。

 

なんとか子供らの持て余しを解消しようと公園に行っておりましたが、ある日公園の遊具も紐で縛られちゃって・・・私は「う〜ん」と唸るしかありません。

 

同様に、全国的にクライミングジムも休業が続き、クライマーの皆様も体力を持て余し久しいことと思います。

 

私は、この自粛中にクライミングジム十勝様よりお仕事をいただき、壁の補修や課題づくりの日々を過ごしております。

 

 

要補修箇所を切り取り、新しく壁を埋め直しました。

 

その他、諸々課題作りなどインスタグラムにちょくちょくアップロードしております。

 

https://www.instagram.com/vock_climbing_hold/

 

自粛明けにはクライミングジム十勝クライマーの持て余した体力を吸い尽くしたいと思って頑張ってますよ〜。

2020.04.08 Wednesday

クライミングジム十勝の課題セット

私の仕事場にしてホームジム、クライミングジム十勝ですが、北海道で非常事態宣言もあり3月いっぱいは臨時休業となっておりました。

 

臨時休業中、私は課題セットの依頼を受け、こちらのエリアのセットをさせていただきました。

画像中の全面。

 

1級から7級まで76本作りました。

 

一ヶ月休業でクライミングジム十勝クライマーも身体が鈍った事と思います。まずはワングレード下げて初めて徐々に取り戻していってください。

 

それからこの度のパンデミック、オーナーも非常に危惧しており、対策の一環としてジム内の全面消毒も行われました。

 

伴い、まさかの新しい課題のテープが消毒薬によって浮いてしまい複数枚脱落する事件がありました。貼り直しはしたのですが、もしかしたらブランクになってしまっている箇所があるかもしれません。その場合、確認し直しますのでオーナーかバイトの子に言伝お願い致します。

 

また、ご存知のように警戒態勢は続いており、

 

・マスク着用

・入店時のアルコール消毒

・上裸の自粛

・風邪の症状のある方の入店をご遠慮いただく場合がある

・場合によっては検温させて頂く場合がある

 

など、施設利用に際して協力が求められております。ご協力お願い致します。

 

 

さて、さらに課題セット続きます。

今月はこちらのエリアをば!

 

2020.04.08 Wednesday

旧小林寫真館の思ひ出

北海道最古の写真館といえば・・・旧小林寫真館。

 

知る人ぞ知る、そして私が結婚写真を撮影していただいた写真館。惜しまれつつ先日閉館となりました。

 

 

私の思い出話になってしまうのですが、私は2011年の1月後半に入籍し、3月11日をきっかけに直線距離にしてだいたい50キロの原発が爆発を始めまして半年間の新婚逃避行の末に北海道に移り住んだのです。

 

移り住んだ当時は疲労困憊。将来の見通し濃霧警報。朧気な意識で日々を過ごしておりました。

 

入籍はしたものの、新婚旅行、披露宴、結婚写真、何もしていなかったので、義理の母よりせめて結婚写真を撮って見せて欲しいと頼まれ、正直あまり乗り気ではなかったのですが、撮影スタジオを探して出会ったのが旧小林寫真館だったのです。

 

レトロ&モダン。人生初のシルクハットを被れる。私は俄然やる気が出てきて函館へと赴いたのでした。

 

そして、私達夫婦を待ったいてくれたのはレトロ&モダンな建物にシルクハット、そしてシルクハットに金髪長髪でマシンガントークの館主にしてカメラマンの谷杉アキラ氏という人物だったのです。

 

当時、朧気に生きていた私は、突如としてはチャーリーとチョコレート工場的なファンタジーの世界に踏み込み、夢現に気づけば被写体として顔を作っていたのです。

 

今でも鮮明に蘇るこの記憶、現実だったのか夢だったのか・・・手元にあるアルバムが現実と言っておりますが、夢の線も捨てきれない私がいるのです・・・。

 

 

 

思い出話が長くなりましたが、4月13日のどさんこワイドでこの旧小林寫真館の閉館が特集され、館主の谷杉アキラ氏の印象深かった客人として私達夫婦が取材を受けたのです。

実は、今でも谷杉アキラ氏とは交流があり、非常に懇意にしていただいているのですが、この度、そこまで思いに残していただけていると存じ上げていなかったので、取材の話を頂いた時分には「なんで私なんかが?」と思いました。

 

しかしながら、非常にありがたいことであり、閉館に際して少しでも餞になればと思い了承させていただきました。

 

放送はSTVどさんこワイド(北海道内)で4月13日の18時台と聞いています。

 

取材はVOCKのギャラリーで受けております。また、使用されるかは不明ですが工房での撮影も少しありました。ほんの少しの出演ですが、よければ見てみてくださいませ。

 

2020.04.08 Wednesday

別れとワークショップ

ちょっと前、3月末の話です。

 

私のクライミング教室の生徒から、小学校の先生が異動するので贈り物をしたい。個人的にワークショップをさせてもらえないかと相談を受けました。

 

もちろんOK。(すみませんが通常は駄目です。あくまで気持ちを汲んでの了承)

 

というわけで、工房にやって来た彼。

私が木工の指導をして、彼は私にYou Tubeの有用性を説いてくれました。噂には聞いていたけれど、今の子供はYou Tubeをすごい見るのね、と実感した。

 

ちなみに、私は実はホラー大好き人間なので仕事中にYou Tubeで怪談の朗読とか聞いてます。自称ホラー上級者の私は怖がらせようとする意志が強いと冷めます。淡々としている中にゾッと瞬間があるのがいいんだよね〜。あと恐怖の正体の説明とかも駄目。意味不明なのがいいのよね〜。

 

だんだんオネエ化して来ちゃうので止めておきますが、1対1のワークショップの魅力は雑談でした。

 

はい、そんなわけで必要以上に時間がかかって出来たのがこちら。

ペアペンダントです。

 

これ、素敵な意味合いが込められております。

 

異動する先生は結婚して、旦那さんと住むため別天地へと移る事になったのです。そこで、彼としてはおそらく近い将来子供を授かるだろうということも考え3つの埋木をしました。

 

グレーが旦那さん・紫が先生・橙色が子供とのことです。そしてペアで作って、木の重ね方のパターンを旦那さん先生で少し変えています。

 

私は粋な計らいだと思いました。

 

後日先生の引っ越しの日に渡し、喜んでいただけたとのことです。偉いぞ!

Powered by
30days Album