ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2016.05.13 Friday

【ボルダリング】其処にボルダー!?

本日は快晴。

で、専務ちゃんと義母がニニウに山菜を採りに行くと。

仕事しようと思ったけど~、そんなら午前中はニニウ手前の赤岩青巖峡に捨ててってもらって一人ボルダリングしよ~。

狙いは侵略戦争(二段)だ!!

というわけで、AMボルダリングで赤岩青巖峡を訪れました。

初めて触る侵略戦争は指に厳しく、一時間ほどで指皮ズルムケ黄色信号が灯る。

気分転換に散歩をしていたら・・・「こんな近くにいい感じのボルダーがあったんだ」と驚く。

こんな近くとは駐車場からニニウ方面にほんの20~30メートル下った道路っぷちです。ちけー。

駐車場から上がるばかりで下がった事がなかったので気が付かなかった。灯台下暗し、死角だったぜ。

というか、ニニウに下る際に見てるはずなんだけど・・・。

予定を変更してそのボルダーを触ってみる事に。あまり登られていないようで上部ガバとリップは苔まみれ。でもガバは苔があっても持てるでしょう。リップはなんとかなりそうな形状。

苔を落とそうにも苔掃除セット持ってきてねーのです。

ところで、先に断っておきますが、この岩は以前に吉田和正氏の発行したトポに記載があるらしい。僕はその幻のトポを未見なので岩の名前も課題名も分からないので便宜上死角のボルダーと呼ばせてもらいますが、本当の名前は別にあるので知っている方がおりましたらお手数ですが教えて下さい。訂正したいと思います。


追記:早速情報頂きました。ありがとうございます。

岩の名前はゲートボルダーでした。



動画と解説ありますが、ネタバレなので見たくない人はここより先を見ないように!!

ゲートボルダー ヤラセ6C+
 
サイドガバからのシットダウンでスタートしてみた。スタートガバにヒールフックをして出す三手目が面白かった。それからトゥーフックに変えて四手目と五手目は程よいカチ。そしてガバ帯に行って、リップです。

ゲートボルダー 秋晴れ7a
 
こっちのが俄然難しい。ガバスタートから激悪のカチに右手が一手目。そしてガバを浅く持ち直してヒールスペースを作りヒールフック。これがとても狭い。で、頑張って左手をサイドの舐めた縦ホールドに。この一連が面白かった。で、サイドを持てたら右面の薄カチにデット。これも悪いっちゃ悪い。足を踏み変えて右手をガバ帯に送れれば勝ちですな。

右の課題はスタートは下地が良いけれど、左に進むにつれ段差の下地帯へ。左の課題は最初から段差の下地なので注意です。

にしても、駐車場から最も近く、課題的にも面白かったので未見の人は行ってみてはどうでしょうか?・・・あ、上部が苔苔だからね。その点は留意して。


両課題を登ったところで山菜組が戻ってきて丁度終了。侵略戦争はまた今度だね。
2016.03.20 Sunday

【イベント出店】クライミングジム十勝 15周年記念イベント

日のイベントとは、クライミングジム十勝の15周年記念イベントだったのです!!

ネット非告知はオーナーの意向でジム内のみで告知するとの事だったので僕の口からは出せなかったのでした。

それもそのはず、無料開放な上に無料で食事が振る舞われ、豪華賞品の貰える抽選会まであり、ネット告知しては人が殺到してオーバーユースの危険を孕んだ大盤振る舞いイベントだったのです。こんなクライミングジムイベントがいまだかつて有ったでしょうか!?

そして、僕の課題設定はこの無料開放イベントに向けた取り組みの一つだったんだよね。

で、蓋を開けてみて課題に対して皆様がどんな反応を示すのかドキドキしてたわけです。

新しい壁は傾斜があるので猛者系の人々が集まっておりました。
IMG_2794.JPG

IMG_2807.JPG



IMG_2835.JPG

IMG_2782.JPG
やっぱりさ、狙い通りに落ちてくれたりするとそれはそれで嬉しいのね。仕掛けた技が綺麗に決まったみたいな感じで。その後、抜け道に気がついてくれて登ってくれたら尚嬉しです。

雰囲気的に楽しんでいただけていたようで胸を撫で下ろした次第です。

さて、VOCKの出展ブースでは
IMG_2844.JPG

なにやら椅子に書き置きが・・・
IMG_2843.JPG
いまだかつてこんなにゆるい店主がいたでしょうか!?

専務ちゃんが子育ての為、数年ぶりに一人出店。その顛末はほぼ遊んでいるという始末ですよ。そんな状態でも買い物に来て下った皆様、本当にどうもありがとうござました。

そしてセッションしてくれた皆もどうもありがとう。ボロボロにボロボロを重ねてボッソボソのガッサガサになるまで楽しんだよ。もう駄目という充実感。また登りましょう。

そして何よりクライミングジム十勝15周年おめでとうございます。これからも道東のクライミング文化の起点として輝き続けてくださいませ!!

 
2016.03.17 Thursday

【課題セット】クライミングジム十勝 最終三日目

今日は札幌のグラビティーよりツヨツヨクライマーのトーマ君が合流し、セット最終日。

とにかく彼の保持力が凄いんだ。そんなトーマ君の担当は一級・初段です。足を切りまくってふわらふわら登ってた。

僕は今日も2級・3級・4級を作らせてもらってこの3日間で2級/12本・3級/12本・4級/10本を作らせて貰いました。

もはや、ヘロヘロ。にしても楽しかったなー。楽しんで作ったのできっと皆さんにも楽しいはずよ。

 
2016.03.16 Wednesday

【課題セット】クライミングジム十勝 二日目

昨日に続き課題作り~。

2級を7本と4級を5本作りました。

いよいよ明日が大詰めです、な。
2016.03.15 Tuesday

【課題セット】クライミングジム十勝

今日はいつもお世話になっているクライミングジム十勝にホールドセット&課題セットに行ってまりました。
IMG_2224.JPG
オーナーが大体大きいホールドとハリボテは付けてくれていた状態からスタートです。

オーナーと二人で黙々とというよりおしゃべりしながらホールドを配置していきます。
IMG_2226.JPG
これが開始二時間後くらい。こうなったらもう課題を作りながらホールドを付けです。

そして夕方。
IMG_2231.JPG
今日の僕は3級・2級担当なので3級を9本と2級を3本作りました。

誰も触っていない壁で遊べる働ける喜びにを噛み締めなつつ、リーチ系にならぬよう、辛すぎるグレーディングをせぬよう心がけて作業しました。

明日も続きます。一日中見上げていたせいで今一番辛いのは首だわ。
 
2016.03.11 Friday

【アヨロボルダー】 テロリスト

天気が良かったので、ちょいとアヨロボルダーへ。

ちょいとと言っても片道三時間だけど。

先日、マッコウクジラとブラックホークダウンを登って、そうなってくるとテロリストを登らない訳にはいけない気がしてしまったのだ。

これら、三部作というわけではないのだろうけど(もしかしたらそうなのかもしれないけど)三部作っぽいでしょう。


誠に勝手ながら【三部作】完成です。凹角限定課題とのこと。多分あってると思うんだけどな~。
 
悩みながら登ってます。

何はともあれ満足した。

時間があったのでアヨロ海岸を見に行きました。
IMG_2027.JPG
波打ち際過ぎる登れそうな岩がある。あ、この時、雪降ってます。

潮を見て時間限定で登れるのかなぁ~。まずまず。

して、実は明日もアヨロボルダーへ行ってきます。明日は子供クライミング教室だよ~。
2016.02.29 Monday

【アヨロボルダー】キャンパシング特訓の成果

昨年の今頃、FIVE TENの亜咲ちゃん(札幌のボルダリングジム、ウィップスオーナーで出店などで大変お世話になってるよ)の登るブラックホークダウン動画を見て、これは得意系に違いないと確信し登別はアヨロボルダーに訪岩。(その時の記事

好感触を得たものの、その後訪れる機会を逃しシーズン終了。

アヨロボルダーのシーズンは晩秋から春先。「晩秋は子供が生まれるので行けないとして・・・春先に狙いを絞るっす!!」と考えた。

しかしながら、晩秋からはクライミングができなくなるので春先の僕は大抵弱ってる。

でもVOCKにはキャンパスラングがあるじゃない!!

そこで晩秋から春先にかけてキャンパトレーニングを実施し、春先に結果を出しVOCKキャンパスラングの有用性を証明するという営業をすればいいんだ!!!!と天啓を受ける。

と、そのような流れで僕は晩秋から週2くらいのペースで営業キャンパトレーニングをしていたんです、よ。

「ちょっと営業するわ」

と言ってキャンパシングをした冬の日々。

そしてこの季節、天気予報を眺めつつ、ベスト日を見定め、白羽の矢が立った昨日、1年の時を経てアヨロボルダーに一人と一匹で訪岩したのです。
IMG_0957.JPG
(セルフタイマーで撮ったらちょうどよく襲われました)

そして・・・

登ってしまった。

ブッラクホークダウンは7c+だか8aなので三段。
山と渓谷よりのCLIMBING-netより

自己最高グレード更新しちゃった。週2のVOCK垂壁用キャンパスラングで更新しちゃった(営業トーク)。ぐふふ。

動画見てから登った点については、ちょっちズルだったかなぁ~と思うけど・・・完コピじゃないし!!・・・なんてなんて。

ポイントは三手目を取ってからのクロスの足送り。それから五手目の後の狭い足上げのコツは岩に頭をグリグリ押し付ける・・・かな。

そんで登れた感動を堪能する前に、「死ねる!!」と思えるパートが残っているのですよ。

↓この画像をご覧ください。(この写真はこの日初めて会った方が撮ってくれてわざわざ送ってくれた。ありがとうございます)

動画の上端がちょうど僕の立っている位置。(矢印は大体です。これが正解だと思い込まないようお願いします)

簡単なんだけど命がけのパートがあるんです。上部の枯れ熊笹ゾーンまで行って20~30メートルくらいのトラバースしたら降り口がある。

人がたくさんいて、マットをたくさん積んでもらえば飛び降りも可能なのかも・・・。それでもかなり嫌だよ、きっと。

登れて良かった&降りれて良かった。そういう意味で感動のある課題、それがブラックホークダウン。ごちそうさまでした。

で、時間が余ったのでスタートが同じで直上の課題『マッコウクジラ』二段の触りだけでもやっておこう、と思ったら・・・

ぬわっ、登れたっ!!(動画の頭で暴れてんのは寒かったから身体をほぐしてんの)

なんて、なんて、なんてすごいんだVOCKキャンパスラング!!!!

営業トーク炸裂!!!!!!

4手目が核心だと思う。動画では伝わらないけど4手取りの際の足が嫌な感じに内に入っていて妙に出辛い。右手の弱々しいホールドの保持力が鍵かな?

家に帰って他の方が登っている動画を見てみたらその方は右足を上げる別ムーブ。

↓別のムーブ



僕のやり方はブラックホークダウンにしろマッコウクジラにしろ長身ムーブだと思われ。

二度目の命がけゾーンは一度目よりは気持ち的に楽でした。

何はともあれキャンパシングの効果実証が出来た。それでは次回、どのような方法でトレーニングをしていたのか紹介したいと思います。



ところで、岩場へ行くの意で【訪岩(ほうがん)】と普通に使ってみたんだけど、どう?

それから、関係ないけど波飛沫で出来た氷柱がありました。
IMG_0985.JPG
塩っぱかろうね。
2015.10.08 Thursday

パンケボルダー

いよいよ霜の降りる季節に。来月はもう雪です。
IMG_1485.JPG

今シーズンはほとんどボルダリングには行っておらず、先日のボルダリング祭りを除くと・・・2月にアヨロボルダーに行ったきり。

ボルダリング祭りで新エリア「パンケボルダー」が公開になり、ボルダリングもせねばとパンケボルダーに行ってまいりました。


一級以上は動画を撮ってみました。オンサイト狙いの方は見ちゃだめだよ。文章も読まない方がいいよ。

以下

アクセラレータ / 一級

自分のマントルが非常に雑。

インターミッション / 一級

二手目が見えなくて出来なそうに感じるけど・・・そこは意外と出来る。後半のポッケを右手で取るのは難しくないけど、前半でヨレるとすごく難しくなる・・・。

イーグルアイ / 初段

得意系。上部のガストンマッチが核心と思われ。もしかしたら出だしも核心かも。カチラーの為の課題。

半刃刀身  / 初段

これまた得意系。カチラーの為の課題。二手取ってからの足の移動がちょっと悪くて、三手のデットが核心かと。

スターシップス / 二段

今回はこれが登りたくて来た!三手目のスローパー取って右足を右手より手前に上げてアンダーガバにデットするまでの一連が核心かと。とにかく絶妙で面白い。

以上。

「今日はボルダリング、秋の収穫祭じゃった」と僕はほくそ笑んだ。
IMG_1495.JPG

それから注意点あります。

パンケボルダーへと続く林道のゲートが9月30日をもちまして鍵がかかりました。その為、入るのに入林許可を得る必要があります。申請は日高北部森林管理局のページから、入林許可申請をする事でゲート鍵のナンバーを教えてもらえます。

日高北部森林管理局の方もボルダリングの実態を把握しており、ボルダリング目的で話が通じます。

またゲートを閉じた理由としては10月より狩猟解禁になった為だそうです。つまりハンターが入っています。熊や鹿と間違われるような色合いの服装は危険なので、できるだけド派手な格好で行くといいかと思います。

どうぞご注意を。

もちろん
IMG_1530.JPG
熊鈴は必須アイテムで、できれば熊スプレーもあった方がいいんじゃないかと思います。ハンターより熊の方が恐ろしいもんね。
2015.02.19 Thursday

アヨロ旅行

先日、5.10の亜咲ちゃん動画を見て思い立つ。

この動画
 

9:30くらいからのブラックホークダウン・・・得意系っぽいなぁ。

というわけでいざアヨロボルダーへ。

んんん〜、何とか出来そうな出来なそうな~。

とか何とか思って1日目終了。

そう、今回は泊まりです。

宿泊は

白老にある萩野荘。素泊まり2,000円!!安いところ無いかなぁとネット探したらヒットした温泉民宿でアヨロ漁港から15分位。

素泊まりの料金には当然温泉代も含まれており、熱かったけどいいお湯でした。

部屋は広間を仕切った部屋で、襖を開けてみたらお隣さんがいてびっくりした。当然部屋鍵など無い。でも8畳くらいあって床暖房(たぶん温泉のパイプを通していると思う)が効いていて快適。

二日目。



この日最初のトライでリップの一手前まで行けた。それが最高到達点でその後人差し指と薬指に指に穴が空いて僕は終了!!・・・楽しかったな。

そんで専務ちゃんの専属スポッターになる。

先日、シューズを新調した専務。クライミングを始めて初めてフィットするシューズに会えたという。スポルティバのタランチュラです。。


なかなか登れずにいた課題を登ることが出来ました。やっぱしクライミングは立ち込みだーねー。

指は終わったし、専務は満足だし、早々と撤退。白老の道すがらに気になった喫茶「休養林」へ行ってみました。

この扉、分かりづらいけど浮き彫りです。凄みがあってちょっと入りづらさすら感じる。

でも中に入ると

木の温もり全開の素敵空間。

ちなみに扉の内側がこれ。

なんか、なんか凄い。


窓辺の席で美味しいコーヒーを頂きました。

暖かくなる前にもう一回くらいアヨロボルダーも休養林も行きたいっすな。
2015.01.24 Saturday

旭川秀岳荘

昨日、所用で旭川へ。

ついでに旭川秀岳荘(北海道のアウトドアスポーツショップ)へ。

ここはクライミングウォールがあり、最近全然登っていないので登らねば!!


が、この有り様

「だみだぁ〜」を連呼。もうちょっと頑張りたい。この規模の壁を近くに欲しいなぁ〜(ここまで120キロもある)。

専務も頑張って登りました。


最後に秀岳荘でファーストエイドキット袋を新調。

左が14年くらい寄り添ってくれていたファーストエイド袋。ご苦労様。右の袋、これから頼んます。
Powered by
30days Album