ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2015.09.28 Monday

ご無沙汰

23日

両親を連れて日帰り旅行。

子鹿ちゃんを見る。



24日

赤岩青巖峡にて「わっせ・むっせ・じゅごんす」をワンテンに持ち込む。

秋の深まりを感じつつなんとか今シーズン中に・・・と思う。いや、願う。
IMG_1271.JPG

25日

厚別川をカヌーで川下り。

鮭が遡上していて感動する。
IMGP9952.JPG

微妙な動画を13秒にまとめてみたよ。


それから雲がきれいだった。
IMGP9984.JPG

26日

第三回ボルダリング祭りに参加。楽しすぎてほとんど写真撮れず。
IMG_1283.JPG


27日

バキバキの身体を引きずり、専務ちゃんのフラダンスの発表会で旭川へ。

28日

お仕事。注文のペンダント作りでした。



という感じで、ご無沙汰でした。




 
2015.09.21 Monday

キノコ狩り

44MAGNUMが火を噴く!!
IMG_0979.JPG
今日はキノコ狩り。44MAGNUMは熊よけです。注釈いらないと思うけど、玩具ね。

にわかに紅葉が始まっていて
IMG_0956.JPG
鮮やか。

IMG_0971.JPG
↑これはタラだね。

IMG_0959.JPG
目的のキノコはヌメリスギタケモドキ。

このキノコはキノコ好きに言わせれば二級らしい・・・。でも似ている毒キノコが無いから安心感のあるキノコ。

必ず枯れ木から生えているので、この時期に木をよく観ているとすぐに発見できるのも魅力。
IMG_0962.JPG
そして登って採る事が多いのでクライマー向きのキノコと言えまいか!?この右手の返しにクライマーを感じて欲しいっすな。

すぐに袋一杯採れました。

収穫にほくそ笑んでいたら・・・
IMG_0985.JPG
これ、たぶん雪虫だと思うんだよね。

IMG_0989.JPG
まだ冬は来てくれなくていいです・・・。
 

雪虫(本名:トドノネオオワタムシ)
「雪虫”が目撃されてから約1週間〜10日で“初雪”が降る」と言われている一見すると雪みたいに見える虫。

2015.08.20 Thursday

トンボ

十勝ヒルズという庭園に行ってきました。

睡蓮の咲く沼がありして
IMG_2622.JPG

IMG_2664.JPG

この沼に綺麗なトンボが沢山いて興奮。
IMG_2644.JPG
交尾中の赤とんぼ。オスメスは色違うみたいね。

IMG_2671.JPG
ルリイトトンボ

こちらはオオルリボシヤンマがやってきて
IMG_2697.JPG

水草に抱きつきながら
IMG_2698.JPG

よっこらせと行水。
IMG_2708.JPG
じゃなくて出産だと思う。

出産を終えて
IMG_2711.JPG
「サラバ」と飛んで行く。

トンボいいよね。
2015.08.18 Tuesday

森の妖精 ニポ

僕の住むトマム地区よりすぐ近くにリゾート地がありまして、夏休みシーズンにそのリゾートで友達が羊毛フェルトワークショップを開催し、一ヶ月以上休みなく働く日々を過ごしております。

あまりに大変そうなので昨年より時々サポートに行っています。

手伝っているうちに

羊毛フェルトでニポが作れるまでに成長させていただきました。

ニポとはトマムリゾートの森に住んでいる妖精のキャラクター。



昨日紹介したのは精霊だけどこちは妖精だね。

羊毛フェルトも教えられるVOCKです。教える機会は滅多ないけどね。
2015.05.02 Saturday

縁側の腰掛け

近所に住む義母が縁側の腰掛けが欲しいというので作りました。
IMG_1871.JPG
大物なので室内ではなく外で。

これです。

出来上がって感慨深く座っていたら専務に「阿曽山大噴火にしか見えないんですけど」と言われてしまいました。

知ってますか?阿曽山大噴火を。
hito002.png
この人です。裁判傍聴マニアとして有名なお笑い芸人です。

確かになぁ~、これからは二番煎じとして十勝山大噴火と名乗って村議会傍聴マニアに・・・はなりたくないけど確かになぁ~。

お義母さんには無事喜んでもらえました。
右端の足がお義母さんです。十勝山大噴火も大満足です。
2015.03.20 Friday

「原発事故で地域分断」 北海道新聞に掲載されました



一昨日に富良野市で行った講演の様子が北海道新聞(上川地方版)に掲載されたので紹介します。

記事は上手にまとめられておりまして記者さんに感謝です。少々食い違ってる点として《丸森町へ一時帰宅した時、町外へ避難したことを攻めらた経験》とありますが、直接的に責められたことはありません。帰宅する前の時点で「早く戻ってきて皆に謝ったほうがいい」ということを言われていただけです。細かい事なんですけど。

僕が住んでいた所では当初放射能汚染はないと考えられており、そのように考えていなかった僕を含む少人数が避難していた事を良く思わなかった方が一定数いたようなのです。戻らない事を続け、さらにはブログで危険を説き続けた為、どれ程かは分からないけど怒っていた方がいたようです。ブログにも匿名の町民らしき人から「早く戻ってきて皆に謝れ」という趣旨のコメントをもらっていました。

しかしながら汚染は実態として存在し、昨年、僕の暮らしていた筆甫地区では汚染の実態があることを認めさせるべく東電に対し住民が集団訴訟を起こしたという経緯があります。

そんなシッチャカメッチャカな混乱がありました。

統合性を欠いた見解と見解のぶつかり合いで人々の心は疲弊し分断されていく。そしてタブー感はより根深くなっていくのです。

もうさ、いっその事すげー勉強しちゃうってのも手だと思うんだよね。ずっとぼやかされたまま放置されている内部被曝について勉強してごらんなさいよ。

ベクレルって何?シーベルトって何?γ線?β線?α線?電離放射線?フリーラジカル?・・・ひとつの合点が新たな疑問を見出す。その疑問の連鎖を解いてみて欲しい。明解な解を得られるわけじゃないんだけど、「想定外」という言葉を軽薄に吐かないで生きていけるように。「想定外」の次の軽薄トレンドは「因果関係が証明できない」ですな。

原発推進政府の下、放射能汚染問題はタブーなので取り残される。そして記憶の中だけで風化し、身体の中では蓄積していくのでしょう。(そもそも堂々と推進している立場の者が自己否定になる活動などしない)

この放射能汚染から出来る限り自分自身を守る事、もし余裕があれば家族も守る事。それが出来れば十分だと思う。そのような小さな守りがある一定数を越えてしまえば誰もが無関心ではいられなくなる社会が形成される。するともう守りは放置しても加速的に広がっていくでしょう。

そのキッカケになれるよう願って時折活動している次第です。




それから記事に関してもう一点、僕はトマムでお店はやっていませんよ。ネットショップ経営です。結構間違えて来て下さる方がいるのですが、僕が不在なこともあるので何人も無駄足を踏んでしまったようです。要注意です!!
 
2015.03.14 Saturday

《原発事故から逃れて 富良野講演》

 本日《原発事故から逃れて 富良野講演》を開催いたしました。

プロジェクター利用して画像を交えながらお話させていただきました。

この度は28名の方に話を聞いていただけました。


中には僕と同じように自主避難者の方もちらほらおり、共感する部分多々あり素敵な人との出会いにも恵まれました。

予想以上の人の入りに緊張し、しゃべっていて迷子になる部分があり、お見苦しい点あったかと思います。また、ちょっと小難しかった点など反省もありです。

何より、僕が終了時間を間違えて30分長くなってしまった点、失敗したなぁ。ほんとすいませんでした。

色々思うとこありますが、この度このような機会を設けて下さった3.11に学ぶ@富良野さんと、一個人でしか無い僕の話を聞きに来て下さった皆様に大変感謝いたします。ありがとうございました。
2015.03.12 Thursday

雪ん中

この3日間、時折停電する程の大雪。

んまー、今まででダントツの積雪量。ハシゴ無く屋根に上がれるようになった。

一日に何回も雪かき。かいてもかいても雪が溜まる。

仕事場を発掘です。


工房も入れない。


発掘。


工房の窓も埋まったぜ。

吹雪だったせいか氷柱が変。


屋根雪も窓を割りそうな勢いなので除去。


断面がをみたら巻き込みがスゴイ。この屋根雪は3日間で降った雪のみでこの有り様という凶暴さ。

しかし巻き込みの内側が

なんかキレイ。

今シーズンはトマム周辺は雪少なめだった。「でも最後はトントンになるから」と言われていたんだが、まさかこんな強烈なしわ寄せが来るとはねー。恐れいった。
 
2015.03.07 Saturday

のどかな昨日とバタつく今日

昨日は良い天気で屋根の雪が各所で雪崩落ちておりました。

物置では氷柱が雪の落ちるのを阻む支えになっておりました。


久しぶりに外に出たムスビは屋外耐性が著しく低下しており、とっても嫌そうだった。のどかだなぁ。

で、本日。明日のイベントの準備のために車に荷積み。荷積み終わって車を移動したら雪上に緑の液体跡。ラジエーターから不凍液が漏れてるっす。

このまま明日帯広に行くのは怖いので急遽富良野の車屋さんへ。見てもらったら車屋さんは「漏れてない」って言うんだよ。じゃああのメロンソーダのような緑の液体跡は一体全体なんだったのか!?

とりあえずホームセンターで補充用に不凍液を買い、ラジエーターの漏れ補修液みたいなのが売っていのでそれも買い、バタバタしてたら専務ちゃんが知らぬ間に買っていたロト6の当たりの1000円を換金したいと言い出し、換金したお金で宝くじとスクラッチを新たに買ったらスクラッチで3,000円当たったのであった。

で、帰宅して今ホッとしているところ。昨日と違ってバタついた一日になりました。明日は朝早いので早く寝ようと思いまっす。
2015.02.14 Saturday

BC富良野岳ツアー

ご無沙汰です。二泊三日バックカントリーツアーに行っておりました。

行き先は芽室岳の予定だったけど数日前に遭難事故があり(遭難者は助かった)、事故直後ということもあり敬遠し富良野岳へ。いつもの事なんだけど、一緒にいく人が体力無限なガイドさん達なのでツアーが決まってからの一ヶ月間、不安で自宅回りの山を歩きトレーニングに励んでいたのです!!

果たしてその成果やいかに・・・!?


富良野岳ジャイアンと尾根にて。

富良野岳滑走。






友達の皆さん。






一ヶ月とはいえトレーニングしておいて良かったっす。

バックカントリースキーではゲレンデスキーと違い不規則に凹凸があったり、木々の間を滑走したりするので切れない集中力が重要。歩きで疲れてきてボーっとしてくるとヤバイ。二日目の終盤にやや呆けてしまい低木に足をすくわれ転倒。気を引き締め直した。

それ以外には特に危ない事もなく楽しめた。

今シーズンはバックカントリーの為に髭も剃り(凍るから)、パウダースキーもなんか上達した気がする。良き友人連中に恵まれ冬を謳歌しております。
Powered by
30days Album