ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2009.06.05 Friday

木のテープ台を作るのだ 大きいの編

先日お客さんからテープ台を作って欲しいと依頼を受けた。やった事ないけど出来るよと安請け合いさせていただきました。

思ったより難しいと思い始めた時には失敗作がひとつ出来上がっていた。

想定の範囲内、だ!!いつだってそうだ。思ったより簡単だった試しがない。「ほらやっぱり」と予想通りの喜びと「ああやっぱり」予想通りだった残念が入り混じるへんてこな感情を出汁に僕は手を動かし頭を使い目をしばたかせ木と精神を削るのです。









で、ちゃんとできるところが怖い。これはいいよ。

自身のブログで自画自賛しちゃうのもけっこう怖い。

実はまだ小径のテープ台もつくらにゃならん。頑張ろう。そしてウッド文房具業界にも進出だな。



にほんブログ村 雑貨ブログ ナチュラル雑貨へ

にほんブログ村 雑貨ブログ ナチュラル雑貨<div class=
2009.01.23 Friday

迷彩柄のイメージ

DNAの螺旋には46億年の記憶が記されている、らしい。

ティラノだったあの頃は…と不意に思うことは無いな。

でもやっぱり冬は眠たくなりませんか?これは冬眠していたあの頃の名残なんじゃないかな(あの頃っても知らないけど)、と思うのだけども。冬は頭の芯が痺れてしまう。

まあ、年がら年中そんなこじつけでこの眠気は僕のせいじゃないと思い続けているだけなんだけどもさ。僕の走馬灯はきっと僕を笑わせてくれるんじゃないかなぁと期待しつつ今日もなんとなく生きています。



↑これ昨晩の続きで完成形です。キーホルダーだけども紐かけりゃネックレスにもなるわな。お得!!

このカラビナがA&Fってメーカーなんだけど材質が航空機アルミで作られているのですって。最初なんとなく廃航空機のアルミを再利用して作られているってニュアンスだと思ってVOCK好みだなと思ったんだけど材質が同じってだけみたい。

ところでこのカラビナのデザインの中に迷彩柄があって勢いで購入してしまったんだけど、よく考えたら迷彩柄は買わないって自分の中で決まりを作っていた事を忘れていた。

理由は単純で戦争を喚起するものを日常に持ち込まない運動を高校生の頃よりしていたんだよ。最近あまり考えてなかったから忘れてた。

そもそも迷彩柄はハンターのおっちゃんとかも着るんだからいいじゃんってのもあるんだけど現代においては戦争のイメージの方が突出してる。(迷彩柄のそもそもの起源はたぶんハンターの方だと思うけど)

本来の目的が背景と同化し気付かれず敵を殺す、捕まえるだからやっぱり血生臭い感じがするでしょ。迷彩柄好きの人には悪いんだけど。

僕らアウトドアスポーツを嗜む者はむしろ遭難救助してもらう場合を想定して派手な格好で山に入る。

同じアウトドアというフィールドにあって対極の存在だと感じておるわけです。


まあ、ただこれが世間の認識だとは思わないんだけどもね。そこまで考えているのは一部の変わり者でしょう。きっと。

そこで世間をお客さんとしてる僕はあくまで世間のニーズを理解しなくてはいけないわけだ。迷彩柄もあくまでデザインとしてみれば面白い。

むしろアンケートしたいのだけどこのブログを読んでくださっている方はどう思います?コメントいただけたらと願います。


考え方が粘着気質で勘太郎氏がキモイとかは無しね。


にほんブログ村 雑貨ブログ ナチュラル雑貨へ

にほんブログ村 アウトドアブログ クライミングへ
2009.01.22 Thursday

木ーホルダー復活の兆し

今日はVOCKで使わせてもらっているガラスを作ってくれているガラス職人に頼まれていたウッドホックを届けに行った。

といっても5分くらいで着くんだけど。

去年まで他の仕事と掛け持ちしていたけど今年からガラス一本に絞って本格始動するようです。来月にはHP作るんだって。出来たら紹介します。

これから出かけるって聞いていたのにちょっと長居してしまった。ここの娘さんが一歳とちょっとでいつの間にかにわかにしゃべるようになっていた。僕も名前を覚えてもらおっと。


僕のショップHPに関して。誰も知らないだろうけど三日前からクレジットカード決済とコンビニ決済が可能になったのですよ。そう、審査通った。ブログで書いた手前審査通らなかったら恥ずかしいから何事も無かったように過ごそうと思ってたけど通りました。

そんなわけでVOCKも今年から(仮)が外れたな(そんなのついてなかったし)。やっとネットショップらしくなった。

それから最近ネットショップのノウハウ本を買ったのです。えっ!?いまさら!!って感があるけども、最初にネットショップを始めるには的なスタートノウハウ本を一冊最初に読んで満足してたというか面倒くさくなっていたというか…ね、僕の本分は物作りだからさ。

とはいえ物作りだけしてりゃいいってわけでもなくてマーケティングという仕事もこなさなければならない。だいたいパソコンもそんなに詳しいわけじゃないし勉強しなければならないことは山積しているのだ。

今年はそっちのスキルアップも目指そっと。






↑こちら様アステリズム行き。右の二つ以外はキーホルダーです。そう木ーホルダーとして以前VOCKでも販売していたもの。これに小さいカラビナを通して完成なんだけどカラビナは注文したものが明日届く予定。じゃあ明日載せればよかったのに…と、まあいいじゃないか。明日も載せればいいんだから!!

木ーホルダーは自信満々で世に送り出したんだけどキーホルダーという物のイメージ上値段がつけにくくて手間がネックレスと変わらないけどどうして値段をつけづらくて僕の中で静かにお蔵入りになっていたのね。

でもアステリズムさんから注文いただいて作っていたんだけど値段それなりでも売れ筋とはいかないけど売れるみたい。僕もそろそろお蔵出ししようかなと目論みだしたところ。

毎月の手づくり市でも少しでもラインナップが多い方が良いし。

あっ、今思い出したけどカチホールド型木ーホルダーとか言ってカチと勝ちをかけて受験生相手に売りさばくって言ってたような気がする。我ながら怖い人だなぁ。

そうそう、以前はホールド型ネックレスも木ーホルダーもかなりホールドを意識したデザインだったのね。これはガバでこれはポケットで、ピンチで、スローパーでと言えるように。ただそれだと思い切ったデザインになりにくいのです。

soillのホールドなんか見てるとはっちゃけちゃってる。VOCKもはっちゃけようと思って分りやすいホールドらしさという概念を取り払ったんです。何だってホールドになり得る事がクライマーにとっての快感なのだから。

そのような変遷をたどって今のようになったわけです。

そうだ、また思い出しちゃったけど最初はリアルホールドネックレスだったのだ。小さ目のホールドに紐をお通す穴を開けて紐を通してネックレスと言い張ったのが最初だ。

小さ目のホールドとはいえデカイとの声が多く僕はミニチュアに走ったのだあった。インドアジムでネックレスをはずして壁に取り付ければいつでもどこでもお助けホールド!!ってコンセプトは時代を先取りしすぎたのかもしれない。欲しい人いたらすぐ作ってあげる。




にほんブログ村 雑貨ブログ ナチュラル雑貨へ

にほんブログ村 アウトドアブログ クライミングへ
2008.12.17 Wednesday

ウッドテトリス

昨晩、ふとクレジットカード決済を導入しようと思った。

だいたい、銀行振り込みと郵便振替だけってのはいまどき不親切だよなぁ、とは思っていたのです。

代引き決済はちょっと理由があって導入していないのだけど。

僕の場合クレジットカード決済をするならば代行会社に委託する形になります。まずは審査があってそれに1ヶ月ちょいかかるらしい。

とりあえず申請はしてみた。どうなるかな?


そんな事をやっていたら色々やりたくなってきた。

そういえばサイトマップというのを作ってないなぁ、と思い出す。ショップを開設した時にまずやる事とマニュアルにあったのだけど、意味が分からなくて放置する事一年二ヶ月。

metaタグというのがあってそれをごにょごにょ…。約400日、まったく成長してないぜ!!としみじみ。いや、しみじみしちゃ駄目だ。

格闘する事数時間、ついにサイトマップが作成されたらしい。

・・・で、なにこれ?と思っているんだけどなんかたぶんアクセスがあがったりするんだろうなっ!!

さらにほんとはHTMLをいじって自分のサイトをもっとかっこよくしたいと思っている。何度かHTMLとは?的なサイトも閲覧した。

説明書の説明書が欲しい。いや、誰かやってくれ。そう思うまでに多くの時間を要さない。

僕の本分は物作りのほうだしっ!!とポジティブ逃避しながらやってきた。

あながち間違いじゃないと思っております。あながちね。

僕が阿修羅マンだったらばたくさんの事が同時に出来るのに。でも友達は出来なそうだな。なんたって悪魔超人だから。

むしろ阿修羅マンじゃなかった事に感謝しながら出来ることをひとつずつこなしていきたいと思います。


こないだmazeさんが木のホックを注文してくれた。そしたらmazeさんの友人も注文してくれた。そしたらそしたらガラス屋さんからも注文が来た。

暇な時は暇で、忙しいときは重なるもんです。これを『寄せては返す波効果』と僕は名づけた。

波がやって来てドッパーン。そして引いていく。そしてまたドッパーン。時々でっかくドッパーン。それは月の引力が影響しているので人知が及ばないエネルギーの作用なのであった。嗚呼、ロマンチスト。

この名称、使ってもいいから。(粗探しはしないで下さい。しばらくたって僕が「何それ?」と言っても攻めないで下さい)


今日のタイトルは『ウッドテトリス』です。それはこれだ!!



ホックを作ったのです。それから調子に乗ってしまったのです。

ではでは。

にほんブログ村 雑貨ブログ ナチュラル雑貨へ

にほんブログ村 アウトドアブログ クライミングへ
2008.12.05 Friday

リングに鉛筆立てに時計

今日はなんだかアクセス数が多くて驚いたしだいです。いつもの三倍くらい。

そしてショップはいつもの二分の一くらいなわけです。

ブログとショップは反比例する!!ってんならブログ書いちゃまずいんだけどそうでない事を信じてこうしてタイピングしております。

8日にお薬師さんの手づくり市だもんで一生懸命物作りに励んでいるしだいです。

まずこのリング



↑正面



↑両側面

こういうのはあまりないのではと思うのだけど、僕が知らないだけだっりするのかな?

それからすごくシンプルなもの



シンプルがいい人もいるからと思って。

横からはこんな感じ



それから鉛筆立て。





この鉛筆立てはリアルホールドサイズの穴を採用しているので鉛筆か細めのペンにしか使用できません。それでもリアルサイズの方がいいと思って。

さらに時計。



紐を通していないのだけど後で通す。一応懐中時計というより首からさげてもいいかなと思うのですが、どうでしょう?もちろん懐中時計でもいいと思うけど。

女性がこれを首からさげていたらさ、胸元を凝視しても「時間が知りたかった」って言えるぞ。だから男性にプレゼント用に買ってもらいたいねぇ。不純だねぇ。いいねぇ。どうっすか?シャイな男性。

まあ、半分本気だけど冗談として(フェミニストは敵に回したくないもんね)、実はこの時計の台を作ろうと思って。机に置いて使いたい時に使えるようなものを。たぶん明日にでも作るので楽しみに。

にほんブログ村 雑貨ブログ ナチュラル雑貨へ

にほんブログ村 アウトドアブログ クライミングへ
2008.11.26 Wednesday

ボーダー鉛筆立て

ネックレスの季節も終わりまして、ネックレスだけじゃああれなんでバングルやリングに挑戦しているのだけども、あれだ、クライミングジムなんか行くとほとんど受付ではクライミングホールドを鉛筆立てにしているでしょう。

それはもはや文化と呼んでいいのではないか!?まあ、僕は呼ぶけど。

その文化を一般クライマー層にまで広げようと思っています。

仕事はデスクワークってクライマーもパソコンのかたわらにメモ用紙とクライミングホールド鉛筆立てがあればそりゃメモる筆圧も上がるわな。



疲れた時にクライミングホールド鉛筆立てがあれば「ガンバ」ってどこからともなく聞こえてくるわな。



僕たちは共通してクライミングという病を患っているのだからそのくらい幻聴があってもいいと思うんだ。(駄目だけど)

しかも、見たことも無いシマシマの木なんです。

というのは嘘で



このようにガッチガチに張り合わせております。

いくつか作ったら販売ラインに乗せたいと思います。どうぞよろしく。




にほんブログ村 雑貨ブログ ナチュラル雑貨へ

にほんブログ村 アウトドアブログ クライミングへ
2008.10.22 Wednesday

カレーばっか

朝、目覚めると喉が痛かった。

なんだか風邪をひいてしまったみたい。

でも、今日は午前中に近くの小学校のイベントの稲刈りを手伝うと給食が食べるってんで給食が食べたくて稲刈りに行ってきた。

最後に給食を食したのが15歳だからかれこれ13年ぶりに給食を食べた。牛乳がビンでなくなってた。



献立はチキンカレー。奇遇で昨晩と今朝の僕の献立もチキンカレーだったんすけど。いや、夜もその予定だし。

そして今、夜食のチキンカレーを食べてるわけだが、5食連続チキンカレーになってしまった。事件でも起きない限り明日の朝ごはんもチキンカレー。男の独り暮らし恐ろしいけど悪態をつきたくなるほどカレーはうまい。(でも『クソッタレ』は無しの方向で)



そんなカレーづくしで仕上げたキーホルダーがこちらさん。



こちらアステリズムさんでの販売になる予定です。




カレーばっかり食べてるわけだけどカレーって薬膳的な側面があるからカレー連食のおかげで治るんじゃないかな、風邪。

にほんブログ村 雑貨ブログ ナチュラル雑貨へ

にほんブログ村 アウトドアブログ クライミングへ

2008.03.12 Wednesday

まだツボミ

桜の季節が近い。そんな折に桜の開花に間に合わせるように僕は桜の木で机を作るのだった。

はたして僕の仕事は無事開花するのか?咲かせてみせましょ一世一代の大輪の華。特攻服の刺繍のような言葉。僕は心の特攻服を着て締まっていきたいのにこの春の眠気は何?「飛んで行きたいどこまでも。連れて行っておくれ風よ、鼻提灯よ」

それでも今日は家具工房に一番乗りで行って木屑にまみれてきた。



板から材料を切り出す。板の割れ目を避けつつも最大に材料を取れるように考えに考え線を引き切り出す。失敗は許されない。


↑これは工場長。完全にカンナがけをやらせてしまって写真を撮っているのが僕。ほんと、すんません。ありがと。



脚が出来た。机は2500×60が二卓。一卓につき脚が三本つく。

ここまでは切り出しの作業に腐心してきたが、ここからはクライミングホールド屋さんの本領が発揮される!!…はず!!

これらの角ばった木材をホールドの要領で形に面白さを持たせる。それはあまり見た事のない机になるんじゃないかな?と本人わくわくしているしだいです。

そんなわけで乞うご期待。





14日夜〜20日夜まで都合により業務を停止いたします。注文はお受けできますが、発送など出来ません。ご迷惑おかけします。


2008.03.11 Tuesday

机も作るクライミングホールド屋

僕の本来の仕事、ネックレスやクライミングホールドは寸法の仕事ではない。こんな感じかなぁ〜で作っています。だから終わり時が難しい。

今月最大の仕事机作りは寸法の仕事。1mmより下の単位で削る事も。全て構想してからそこに向かってどうしたらいいのかを考え、組み立てていく。

差し金(直角になってる定規)で線を引き狂わぬように、狂わぬようにと念じ、切削する。それでもちょっと誤差があったりして発狂しそうになったりならなかったり。シビアな世界。

特に今回の材料は大きく平面、厚みにも多少狂いがあり誤差がなかなかどうしてむずかしい。

ここ最近の作業は脚作り。

まずは脚元に当たる木にホゾ穴を空ける。ドリルで大まかに穴を空けノミで面取りをする×6個。桜、とても硬い。





それから脚の方のホゾを作る。

これはなかなか面白い。

写真のように切れ込みを機械で入れる。





そこに水平チョップを叩き込むと



になる。

そうしたらまたノミで綺麗に面を取る。



それから縦の要らない部分はのこぎりでギコギコ。桜、とても硬い。

今はここまで。


しかし、こう書くととても立派に僕が単独で作業しているようだけど、実は工場長先生がいて非常に丁寧に教えてくださる。かなり手助けをしてくれている。相槌を打ちながらほっておけばもしかしたら全部やってくれるんじゃないかと言う思いもちらほら。いかんいかん。

それからその上に船長大先生もいて時々やって来てすごく的確なアドバイスをくれる。

工場長と船長に関しては いかだに乗った猫たち を是非見てください。悩める人はここのねこまんがを読むと救われるよ。


机のみならずオーダー家具の世界はずごい。思考の嵐。何手も先も読む。

そう考えるとオーダー家具とクライミングは似てる!!…か、も。こじつけね。


余談、この家具工房には一匹の猫がいます。ミチコちゃん。これがすごいんだ。丸くて。

2008.02.29 Friday

木製スプーンと机

ネックレス4つほど新作をアップしました。良かったらショップを覗いて見て下さい。

しかし、最近接写が駄目でござる。(なんか最近侍言葉が流行ってるとか。聞いた事ないけど。この文章の「接写」は拙者の事ではなくてデジカメのことでござる)

上手くいく時と駄目な時の確立が半々。レンズ内に埃が溜まっているのだけど影響してるのか?レンズの内側だから埃取れない。4年目のデジカメなんだけども、そろそろなのかな〜と商売上真剣に考えてしまいます。画像命だもんで。

・・・そう思うのも、友達のネットショップの写真が素晴らしくて。隣の芝は青く、画像はクリアなのであった。腕かもしれないけどもね。


僕は最近スプーンも作っています。



写真はどれも作りかけ。最初は真っ当なスプーンを作っていたんだけど意外と手間な上にネットで木製スプーンを調べたら安い。

そんなわけでだんだんと捩れぐにゃぐにゃに。
小さい子供に持たせたら知育だよ。どうやって持ったら良いか?こう持ってはどうか?等、手の平から脳味噌を刺激!!…って売り方をすればいいよってアドバイス貰ってそのまま書いてみました。

あまり無い物を作りたい。使い勝手の良さ、シンプルさ、シャープな良さを追求した商品がたくさんあるならばそうじゃないものを作るのがVOCK。頑張れ、自分。


それからついには机を作っているのです。貧乏な僕を見て手を差し伸べて仕事を下さった方がいて何事も経験だからってやってます。

これがまたでかい。厚い(10cm)。丸ノコじゃ切れんですよ。



チェーンソーで切って断面をカンナで整える。材質は桜なんだけども、このカンナ屑がすごく良い匂いでね、たまらんたまらんって思いながらのカンナがけ。


↑この写真は日が沈んできて今日はここまで。レザーフェイスの気持ちになりつつちょっと前の大谷のピュアさを感じているところ(←この意味が分かる人とは仲良くなれそ)。後に怪しい目が光ってる!!ホラーな展開に突入する直前だな。きっと。
Powered by
30days Album