ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2016.06.27 Monday

【表札】長谷川

ちょっと前に妹が結婚したってんで表札をプレゼントした記事を書きましたが、嘘みたいなんだけど矢継ぎ早に姉も結婚。

 

姉にも表札を作って送らないとバランスが・・・。

 

そんなわけで

IMG_4856.JPG

HASEGAWA。ちょっと趣向を変えてみました。焦げ茶の木の上に薄茶の木を貼り、削ったとこが焦げ茶になる作戦。それとちょっとポップに。

 

にしても

IMG_4857.JPG

HASEGAWA。実は姓が変わっていないのです。旦那さんがマスオ・・・というわけでもないのです。同姓の結婚だったわけ・・・でもないのです。

 

なんか、長谷川が良かったんだって。詳しくは知らないけど、気に入ってそっちにした的な。

 

旦那さ~ん、優しすぎねーか!?

 

ま、余計なお世話か。そんな年下の旦那さんとお幸せに!!

2016.04.26 Tuesday

【表札】萩原

今回の表札は・・・
IMG_4077.JPG

IMG_4079.JPG

IMG_4080.JPG
萩原さん。

今回はご依頼ではなく、プレゼント。妹が結婚して萩原になったのですよ。

長谷川(旧姓)も萩原(新姓)も「は」で始まるから、言い間違いそうになっても一文字目で気づけば修正可能で良かったね、と言った。

「は・ぎわらです」だな。
2016.02.23 Tuesday

【表札】渡邉→わたなべ

最近、なんだか忙しいんです。万華鏡開発部・来月4日に11月に続き若者のプレゼンテーションin札幌の準備・確定申告・・・などなど。

で、今日はその中のひとつ、確定申告が終わってホッとしました。

ホールドとキャンパスラングお待たせしておりますが、数日内にはアップロードしたいと思います。

万華鏡開発部は四苦八苦しながらも進捗しております。

プレゼンは前回と同じでもいいとの事だけど、折角なので新しく作り中です。

そんな感じでブログが疎かである言い訳をさせていただいた次第です。

疎かにしていたので、紹介していない最近の仕事、表札。

今回は渡邉さん。

ん~、「渡」はいいとしても「邉」は難しい。渡辺ではないし・・・。

ということで「わたなべ」。これなら違うってこともないし。

そんなわけでこちら。
IMG_0143.JPG

IMG_0144.JPG

IMG_0146.JPG
ひらがなは可愛らしい感じでいいよね~。

※VOCKの表札はご覧の通り文字を貼り付けているため、基本的に完全な屋外を推奨していません。屋外用塗料を塗って屋外専用の木工接着剤を使用していますが、貼り付けたものなのでどうしても剥離する恐れがあります。風雨に直接さらされない半屋外仕様とさせていただいております。
2012.11.23 Friday

表札 奥田さん



奥田さんです。

「米」の部分が細かくて難しかった〜。









文字はウォールナット。下地はオニグルミ。下地はリクエストで風をイメージしています。

石はアマゾナイト。ホープストーンと言わる希望をもたらす石です。

新生活を開始するにあたっての表札のご注文だったので新たな希望を込めてこの石を選ばせていただきました。(もちろん、石そのもののリクエストも可能ですが)

ちなみにまた新たな展望があるような場合は表札の石は入れ替え可能です。20ミリの石であればぴったりはまります。裏面はビスで木蓋を閉じてあります。

とかくまずは新たな生活に新たな希望の種が多く発芽いたしますように。
2012.11.21 Wednesday

奥田さん

我が家の愛犬は奴郎(やっころう)君。



そして居候犬、花子。



花子の飼い主さんが海外へお勉強しに行っている間居候しています。一週間が過ぎました。

二匹はつかず



離れず



仲睦まじくやっているのです。来月の後半まで家族として過ごします。

ムスビはというとこれまた仲良くやっているのです。


さて、VOCKの話。

先日便箋でお手紙が届きました。それもとても綺麗な手書きの手紙です。

内容は表札の制作依頼。

感動でした。

もちろんメールでも電話でも注文は受け付けるのですが、手紙って嬉しいですよね〜。しかも美しい文字に丁寧に書いてくれたんだという感慨がある。

送り主様が奥田さん。

現在表札制作中です。



文字を紙面に印刷し確認しながら作りますよ。
2012.10.26 Friday

小林さん

ここ最近仕事もせずにクライミングにかまけているように見えるかと思うけど、遊び呆けるほど度胸はなく、ちゃんとVOCKの仕事もしております。

ありがたい事にはここのところオーダーメイドの仕事が多いのです。それってプレゼントだったりするからブログ記事に出来ない。

やっぱし当ブログからプレゼント情報漏れたくないじゃん!!

でもほら、僕は度胸がないからブログの読者様から仕事していないと思われてんじゃないかって心配しちゃうわけです。

「いいですね〜自由業って自由で」

とか言われちゃうと、「下に容器があるかどうかわからないのに液体を注いでいるような気分なんだよ!!」とか面倒くさめの反論をしてしまいたくなる、気持ちをぐっとこらえる安心の度胸無し。

ま、そんなわけで時にやってますアピールしたくなるわけであります。



小林さんです。



小さい







表札、小林さん。

鹿角フックで取り付けてもらえる仕様。

北海道の家は大体玄関フードというのがある。ある種の二重扉で外気が直接室内に侵入しないようになっております。

そんなわけで風雨にさらされないのでこんな感じもありかなーと。

石はマラカイト。マラカイトは魔除けとして有名な石。玄関に魔除けがあるって安心な感じ。邪気退散!!

それにこの石は可動なので



なんかのサイン使えるんじゃない?

例えば夫婦喧嘩した時。

黒目が白目に変えたら仲直り申請の合図。その白目が相手に黒目に戻されてたらまだ許さん!ですよ。

互いに黒目のままら怒り冷めやらず〜。

中間なら話し合いませんか?

とかねー。


やってます。やってます。いろいろやってます。あー忙し。
2012.10.15 Monday

小林

表札の依頼です。

今度は



だ!!

林の部分が大変だぜ。
2012.09.08 Saturday

ゲシュタルト崩壊  表札です

なにげに隠れたVOCKの人気商品なんじゃないかと思う『表札』。

今回は内田さんでした。











下地がケヤキ、文字が黒檀、石はローズクオーツ。石は20ミリ玉ならなんでも取り替え可能。

正直、難しい漢字は出来ないどえっす。簡単な漢字なら出来ます。これで2万円です。

この文字をシェイプしている時の僕の認識力はゲシュタルト崩壊状態です。

(ゲシュタルト崩壊: 全体性を持ったまとまりのある構造から全体性が失われ、個々の構成部分にバラバラに切り離して認識し直されてしまう現象。例えばひとつの文字をずっと見つめているとだんだんそれ自体をうまく認識できなくなってるよ。わからない人はやってみなね。)

こんなだっけ?と思いつつやってました。肉?内?肉?内??????

出来たらちゃんと内田だった。あー良かった〜。
2012.02.19 Sunday

注文の表札 



前も載せたけど、これ、家の表札。まあ、こんな感じですげー適当に作ったんだが、これがなんだか好評で・・・。

あっしは複雑です。(VOCKの表札は比較的ちゃんと作ったよ→こちら)

と思っていたのだが、気合を入れて作って欲しいとの注文がありました。

平田さん!!やるよ!!



せっかくだから25?のラブラドライトが入ってる。





板がオニグルミで文字はケヤキ。このケヤキは古民家から出たもので材として使われてから100年以上のモノとの事。木ってちゃんと使っていれば100年以上経っていても磨けばこの通りですよ。



表札を作るにあたってお客さんに申し上げた事は、

「VOCKの理念として化学系塗料を使えない。だから風雨に晒されればそれなりに朽ちていくよ。それを風化と思うか風合いと思うか、後者であるならばお作りします」

この商品はヘンプオイルで仕上げてある。化学系塗料が完全なコーティングであることに対し、これはオイルが木地に染みこんで木を保護する。だから長持ちさせたければ時々オイルを塗ってあげる必要がある。しかし、だからこそ木を触れられるよ。化学系塗料を塗ってしまえば木に触っているつもりが触っているのはそのコーティング剤だからね。(しかし、接着剤だけは化学系なのが課題です。やっぱし米粒かね?)

これで2万3千円。実は結婚祝いだそうです。時と共に風合いを楽しみながらご夫婦仲良く過ごされれる日々の1パーツとして彩られる事を願い、結婚おめでとうございます!!



Powered by
30days Album