ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2016.03.12 Saturday

【子供クライミング教室】アヨロボルダー

IMG_2174.JPG
連日でアヨロボルダーへやってまいりました。

昨日より今日、そんな好天に恵まれました。

とはいえ、到着した時の気温は一度。恒例のウォーミングアップ、砂浜ダッシュで身体を温めまっす。
IMG_2088.JPG

そして登り。
カメラ目線。それと、マットの上でボーっとするな!!


めちゃくちゃ幸せそう。

IMG_2131.JPG
楽しそう。

IMG_2190.JPG
真剣っす。

IMG_2159.JPG
本日キレまくりだったのはこの人。

IMG_2121.JPG

IMG_2166.JPG

IMG_2209.JPG
登り中に眼鏡がズレること二回。それでもオレンジスラブ完登。六年生でオレンジスラブを登れる子って偉いよね~。

さて、年度末。実は引っ越しや学校卒業でクライミング教室では6名も卒業することとなりました。今日来てくれた子も3名卒業です。

なので3パターンも集合写真撮ってしまいました。甲乙つけがたく全部載せとく~。
IMG_2218.JPG

IMG_2219.JPG

IMG_2221.JPG
寂しくなるね~。
2015.12.05 Saturday

子供ボルダリング草コンペ 第四回HKC開催

今年もやってまいりました長谷川勘太郎カップ(HKC)2015。と思ったら2月にもやっていた長谷川勘太郎カップ。開催時期が適当です。開催はいつもクライミングジム十勝。

というわけでHKC2015改め、第四回HKCが開催されました。(第一回第二回第三回

今年は六人。三人チームで対抗戦です。

ルールはオンサイト5ポイント。その後トライ数が増えればポイントが減り、5トライ以上の完登は1ポイント。それからK点ではトライ数に関係なく5ポイント貰えます。

チーム戦なので応援にも力が入るのです!!

以下コンペの様子です。

IMG_0003.JPG
まだクライミング歴三ヶ月
IMG_0021.JPG
高さにも負けません。

IMG_0040.JPG
気になる率ナンバーワンの男。

IMG_0056.JPG
余裕のオンサイトでした。

IMG_0072.JPG
小さいからこそ軽さを生かして登ります。

IMG_0085.JPG
気持ち悪いクロスも何のその。

IMG_0114.JPG
目がいいよね。

IMG_0150.JPG
高さにも怯まないのです。

IMG_0246.JPG
ゴールに狙いを定めて。バッチリ決めました。

IMG_0296.JPG
カンテって楽しい。

IMG_0316.JPG
しっかり足を上げて安定のゴール。

IMG_0333.JPG
狭くて苦しいところ・・・。

IMG_0367.JPG
足・・・どこ?

IMG_0373.JPG
マッチでゴールだよ。

IMG_0414.JPG
ゴールはその黄色いデカスローパー!!

IMG_0469.JPG
コーナーのクライミングは得意です。

IMG_0514.JPG
この高さデットです。

IMG_0614.JPG
ゴールの瞬間!!

二課題づつ、計6課題を登ってなんとこの時点で同点。凄い拮抗だ。

勝負の行方はランジ大会へ。距離に応じて1P・2P・3P・5P・10Pです。一人3回トライ、最高30Pゲットだぜ~。
IMG_0669.JPG

IMG_0725.JPG

IMG_0741.JPG

IMG_0748.JPG

IMG_0783.JPG



ランジ大白熱の結果・・・まさかの1ポイント差で勝利チームが決まりました。本当に拮抗したなー。

IMG_0816.JPG
勝利のカメムシ軍団(子供ら命名)。真ん中の子はその中でもMVP受賞で雪眼鏡ゲットです。

更にクライミングジム十勝様より全員にチョークを頂きました。
IMG_0831.JPG
他はVOCKより手提げ袋×2ブラシ×2・どんころ野外学校よりタオル。

全員に賞品が当たりました。

課題設定は僕が全部やっている。勝手知りたる生徒さんに難しさを調度良く調整していつもり。しかしここ一番の爆発力がみんな出て登られまくっちゃいました。ふ、ふ、普段からその力を出すんだーっ!!!!と思った。

出来るかどうかの瀬戸際を攻めて設定しているので登ってくれると彼らの成長を感じれてとても嬉しいのだけどね。
2015.11.19 Thursday

天登虫キッズのおニューおろしたて

みんなで新しい天登虫Tシャツを着てパチリ。
IMG_4260.JPG

背面も見てね。
IMG_4268.JPG
みんなは天登虫が一匹だけど先生は六匹です。みんなは単色だけど先生はマーブルです。

だって、先生だから!!

この日は六人だけど、全部で13人分作りましたよ。
2015.11.15 Sunday

天登虫キッズ

今日はシルクスクリーンでっす。
IMG_3953.JPG
実は毎日せっせとクライミングホールドをシェイプしていたら腱鞘炎の兆候があり、手首に優しい仕事をばやろうと。右手首サポーターは予防です。

そう、何回も腱鞘炎になっているので腱鞘炎の兆候に敏感です。

ところで三月以降Tシャツは新しい物を出していないです。それは、Tシャツ部門の専務ちゃんご懐妊でご解任になられたからです。春から初夏にかけてひどい悪阻で、僕にとっては介護生活のようなもんでした。

その後は腹が出てきたのでシルクスクリーンをやる気分にもならず、コキも使えず・・・まあ、仕方なしという感じで。

して、この度、この季節になぜTシャツを作るのか。そして、僕がTシャツ部門に復帰したのかというと
IMG_3942.JPG
これです。

ゆっく子供クライミング教室の子供たちのチーム天登虫(てんとうむし)のTシャツを作っています。
IMG_3946.JPG
ぎゅ〜
IMG_3948.JPG
ぽん。

以前に作ってから一年が過ぎ、新しい子も入いり、みんなも成長した。

ずらーっと並ぶ新しいTシャツが出来ました。
IMG_3983.JPG

IMG_3984.JPG

今回も自分のだけ特別バージョンを作ってしまいました・・・。それは後日自慢します・・・・・・。

その繋ぎになるかどうか・・・我が家の奴郎(やっころう)くんが鼻先に米粒を付けている写真をば。
IMG_3976.JPG
米、好きなんだよね。
2015.10.29 Thursday

チビスポッター

ここいらはすっかりクライミングがオフシーズンに入った感じです。

しかしながら南富良野町総合型スポーツクラブゆっく子供クライミング教室は変わらず盛況しています。
IMG_3521.JPG

最近のブームはランジ系のようです。
IMG_3496.JPG
指の皮がズルっと剥けたりしつつ、やめられないみたい、ね。そんな頃が僕にもありました、よ。

IMG_3531.JPG
ゆっく子供クライミングではボルダリング専門施設ではないので据え置きマットがあるわけではありません。ボルダリングマットとマットレスを課題に合わせて移動させながら使用しています。

要は岩場と一緒です。

そして、場合によってはスポットに入るように指導しています。

その劇的可愛らしい瞬間がこちらです。
IMG_3526.JPG
自主的、そして瞬発的にこれが出来る子供って・・・あんまりいないと思われ。(マットが殆ど見えないけど、左上する課題なので全部左寄りにひいてあります)

「皮が剝けるような課題をやらせたり、子供にスポッターをやらせたり・・・なんてとんでもない教室なんだろう」と言う人もいるかもしれないけれど、ちょっと怪我したり、たとえスポッターでふっ飛ばされたりしてもそれも危険に対する学びだと思うんだよね~。

もちろんそうなるように仕向けるなんて事はありえないけど、そうなってしまった時、誰が悪い、彼が悪いではなく、どうしてそのような状況になって、どのように判断出来れば防げるのかという事を一緒に考えたい。

ちびちびスポッターの姿に「ウムっ」と頷くのです。


 
2015.10.11 Sunday

ジュニアカップ北海道2015

ゆっく子供クライミング教室で土曜・日曜と札幌のレインボークリフへジュニアコンペへ参加してまいりました。三年連続三回目です。(一回目)(二回目

一日目はロープ。

小学生の部
IMG_1806.JPG IMG_1826.JPG IMG_1851.JPG IMG_1858.JPG IMG_1882.JPG 

中高生の部
IMG_1939.JPG 
 

中高生の部3位とビギナー中高生の部2位入賞。

よく頑張った!!
 

二日目はボルダリング。

小学生の部
IMG_2955.JPG
IMG_2897.JPG anigif.gifやったー!!
  IMG_2643.JPG

中高生の部
IMG_2334.JPG
IMG_2517.JPG IMG_2305.JPG
IMG_2442.JPG

結果・・・
IMG_3396.JPG
中高生の部総合3位と・ビギナー中高生の部ボルダー3位・小学生4〜6年生の部ボルダー3位と入賞。中学生たちは二人共3年生なので、ゆっく子供クライミング教室も今年度いっぱいで卒業。三年間出場した大会で有終の美を飾りました。

その立役者の一人と言っても過言ではないのが今大会でも圧巻だった北海道コンペクライマーで有名な武者君(あだ名じゃなくて本名)。その活躍を彼が高校一年の時からこの大会で観ており、子供たちの憧れの的。
IMG_3147.JPG
 

この度は決勝も含め全課題完登で圧倒的優勝を果たした。彼は高3でジュニアコンペからは卒業。

この度の彼らのメダルは武者くんに憧れ、目標にしたからこそこの度得ることが出来たのでしょう。
IMG_3409.JPG
ゆっく子供クライミング教室を代表して「ありがとう武者君」。そして何気にVOCKのTシャツを着て優勝してくれてVOCKを代表して「ありがとうよ〜、武者君」。

みんなよく頑張って超偉かったっす。
2015.09.14 Monday

秋のレベルアップスクール

今日は朝からカラッと晴れた。

そんな平日の今日、学芸会・学校祭の振替休日でお休み三人組を連れて赤岩青巖峡にやってまいりました。


普段はインドアなのでついつい力んでしまう愛おしい彼らの勇姿です。
IMG_9808.JPG

IMG_9771.JPG

IMG_9894.JPG

IMG_9905.JPG





昨日の大雨が無かったかのごとく乾いた岩場で秋らしい心地よい汗を流し、岩場リードならではの冷や汗を流し、フォールしてはロープを流し、拓ちゃんの下ネタを流し、流し流され楽しい一日でした。
 
2015.08.30 Sunday

クライミング教室後期開始とVOCKカメラ部がNACコンペに参戦の告知

今日はゆっく子供クライミング教室で恒例のクライミングジム十勝へ行ってきました。
IMG_3950.JPG

まずまずフォトギャラリーです。
IMG_3945.JPG

IMG_3949.JPG

IMG_3953.JPG

IMG_3938.JPG
今回の写真は全部専務ちゃんです。ピントが微妙です。

さて、一ヶ月半ぶりのクライミングに動きが硬かった面々。最後の方はほぐれつつもバテてたね。ゆっく子供クライミング教室の後期がスタートいたしました。

そんな動きが硬い彼らですが、来月6日にはNAC札幌(クライミングジム)にてロープのKIDSコンペに参戦いたします!!早く仕上げてやらねば、です。

そして、そのNACのコンペでVOCK写真部が仕事をさせていただけることとなりました。

特別協賛企画

これはいい!!

・・・ような気、します?

終了点付近にて撮影し、コンペの迫力を画像に残したいと思います。

ゆっくの生徒も他の子供達も僕は特等席から応援します。わくわく。

選手のご両親様方、L判サイズ(普通と言われるサイズ)のデータをプレゼントいたしますので、その中からもし気に入って大きく現像したいモノがあれば、ご購入いただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。



さて、最後にネタです。

準備運動をちゃんとしよーぜー。
IMG_3932.JPG

アキレス腱も伸ばして、にょー。

・・・でした。
 
2015.06.28 Sunday

ゆっく子供クライミング教室 in ニニウボルダー

ニニウボルダーで子供クライミング教室開催。

マットはかさばるので子供に持たせちゃいます。これも立派ボルダラーになるための修行、かな。


巨大なフキ対オオウバユリの戦い。これは修行じゃないね。


これも修行・・・ではなくて遊んでいるそうです。


岩場の皆様。


躍動感のある髪の毛の感じ!?・・・いえいえこれは寝ぐせです。


登っている画像があんまない(撮ってる暇がなかった)クライミング教室でした。ほんとは、みんな指先がヒリヒリするほどたくさん登ったんだけどね。
2015.06.08 Monday

ゆっく子供クライミング教室 第一回ハセカン道場

山賊現る。
IMG_7505.JPG

わし、襲わるる。
IMG_7520.JPG

本日はゆっく子供クライミング教室の番外、ハセカン道場が開催されました。(ハセカンとは僕の名前の略です。道場の命名は僕じゃないですよ~)

普段、週末は混み合い、近いのに子供たちを連れて来れない赤岩青巖峡。ハセカン道場では少人数を子供達の代休を利用して赤岩青巖峡に連れてきます。今回は運動会の代休。

山と岩の魔力でいきなり山賊と化す子供達を従え、まずは懸垂下降だ!!
IMG_6577.JPG

IMG_6586.JPG

IMG_6602.JPG

実は最近、クライミング教室のメニューに懸垂下降を加えています。

ビレーで下ろしてもらうのとは違い、高いところから自力で降りるという体験がどうも子供達に良いようなのです。オートロック機能のある下降器を使い、ゆっくりと降ります。懸垂下降を通して道具への信頼を得ることが出来ます。また、高さへの慣れにも繋がります。そして自分自身の手によって降りて来られたという達成感がビレーされて降りてくるのとは全く違い、地面に降り立った時になんとも嬉しそうな顔をします。

懸垂下降でまず自信がついたら登りに行こう。

今日のメインメニューは『人参』5.9

この子はスイスイ。
IMG_6853.JPG

IMG_6979.JPG

IMG_6984.JPG

岩場ロープデビューの彼はコワゴワ。
IMG_6992.JPG

そして、初ルート岩場での初リードをかましたのはこの子。
IMG_7141.JPG

IMG_7220.JPG



IMG_7341.JPG

IMG_7468.JPG
RP成功!!しゅごい。

最後は地底探検エリアへ。
IMG_7537.JPG
巨大チョックストーンを見上げる子供らに「早くしないとあの岩落ちてくるよ」とリップサービスしたら超急いでた。槍で脅した仕返しだよーん。
 
Powered by
30days Album