ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2016.09.26 Monday

【クライミング大会】NAC子供コンペ

昨日は札幌のクライミングジムNACへ子供クライミング教室の生徒さん達を連れて子供コンペに参加してきました。

 

参加に向けて、9月は猛練習のはずだったのだけど、台風災害でそれどころじゃなくなってしまい、直前に猛練習をして挑みました。

 

コンペに向けて作ったゆっく子供クライミング教室【クライミング秘伝の書】です。

秘伝ってなんか嬉しいかなって思って・・・ただの基本ですね。

 

して、この秘伝の書を前夜に15回以上読み込んだという男が彼。

IMG_4104.JPG

クライミング歴半年で3・4年の部で4位入賞してしまった。凄い!!・・・秘伝の書がじゃなくて彼がね。

 

他の子も一生懸命頑張りました。

IMG_4118.JPG 

 

IMG_4188.JPG

 

この子は一番のベテラン。

IMG_4168.JPG

毎年、呪いのように落とされていたこの壁を今年は完登してやりました。5・6年の部4位。

 

みんなとても頑張りました。

IMG_4217.JPG

NACスタッフの皆様、お疲れ様でした!!

2016.07.08 Friday

【子供クライミング教室】まもなくCMデビュー

IMG_5983.JPG

先月に子供クライミング教室でテレビ撮影が入った件、詳細は後日と書きました。

 

この撮影の趣旨は北海道のアウトドアスポーツを頑張る子供達です。

 

そして番組ではなくCMです。

 

放送局はNHK。

 

NHKはCM無いじゃん、って思うでしょう。企業CMではなくリオオリンピック盛り上げCMなんだって。

 

番組と番組の合間にアウトドアスポーツを頑張る子供達の映像が流れ、スポーツ気運をリオオリンピックに向け高めるという寸法だと思う。

 

30秒のCMにラクビーキッズ、サーフィンキッズ、スキージャンプキッズ、クライミングキッズと紹介されるので単純に考えてゆっく子供クライミング教室が映るのは約7秒ほどかと。

 

なので、それらしきCMが流れたら凝視して下さいませ。一瞬だぜ。

 

放送は11日より1ヶ月間ほど。いつ、どのタイミングで放送されるのかは・・・いまんとこ謎。放送されるのは北海道内だと思う。

 

もやもやしててごめんなさいね。あまり情報入ってこないっす。分かったら追記します。

 

かわかっこゆい子供達に期待だね~。

IMG_6066.JPG

 

2016.06.12 Sunday

【クライミング教室】ニニウボルダーへ

今日は子供ら5名を引き連れてニニウボルダーでクライミング教室を開催致しました。
IMG_5683.JPG

見てこのボルダーマットに対する身体の小ささ。
IMG_5748.JPG

教えたりスポットしたりで、まんべんなく写真を取ることが出来なかったので登ってる写真は二人だけ。
IMG_5852.JPG



そんな僕の撮影とは別に何やら熱心に撮影する人達がおりましたよ。
IMG_5983.JPG


実はこの度のクライミング教室はテレビ撮影が入ったのです。詳細は今度お伝えしまーす。

テレビ撮影の企画の話を頂いた時に伝えられた話で「ゆっく子供クライミング教室以外では屋外の岩場まで行って教えている子供クライミング教室ははぼ無い」との事。考えてもみなかったけど、もしかしたらそうなのか!?

そんなわけで撮影に来て下さったのでした。ご苦労様でした。

この度もグレード更新もあり怪我人はなし、良いクライミング教室になりました。
 

ではクライミング以外のネタを。

この川の中の岩を見て下さい。


この岩を円形に処理すると
IMG_5995.JPG
なんという事でしょう・・・木星に。(専務ちゃんの反応は「はぁ?」だった(汗))

勝手に木星岩と呼びたい。

そして宇宙飛行士もおりました。


宇宙飛行士さーん。


ここニニ宇宙界隈では
IMG_6070.JPG
なんだってさー。横断されてー。

(宇宙飛行士さんは生徒さんの妹で、付き添いで遊びに来た。ゴーグルは水の中を覗く道具)
2016.05.08 Sunday

【教室】子供クライミング体験会

GWの最後は子供クライミング教室の生徒さん募集のクライミング体験会でした。

クライミング初体験の子供達、果敢に挑戦しました。

怖がったり悔しがったり喜んだり、微笑ましい時間だったなぁ。

以前にも書いたけど、進学や引っ越しで5年目に突入したクライミング教室は生徒さんがごっそり抜けてしまいました。そんなわけで、これから新メンバーを迎え、気持ち新たに盛り上がってまいります。

にしても、トマム(僕の住んでるとこ)の過疎進行が・・・ヤバーイ!!

クライミング教室にも赤岩青巖峡にもそこそこ近いトマム。公住も結構空いてるし、保育所もすぐ入れる。子育て世代、移住してきてくんねーかなー。トマムいいとこだと思うよ~。
2016.04.01 Friday

【クライミング教室】 アヨロボルダー

昨日は、2015年度最後のユッククライミング教室でアヨロボルダーへ行ってまいりました。

いつもの砂浜を走る。
IMG_3094.JPG

IMG_3105.JPG
みんな山の子なので砂浜を走るなんてなかなか無い。すごく走りにくいのがまた面白い。

IMG_3047.JPG
海藻だって面白い!?

IMG_3111.JPG
貝が落ちてりゃ、そりゃ面白い!!

浜辺ってだけで面白いのにボルダリングも出来るアヨロって・・・すんごいとこだよね。
IMG_3243.JPG



IMG_3194.JPG
岩場でのボルダリングにも慣れている面々

と、岩場デビューで苦しむ子。
IMG_3162.JPG

そして
IMG_3141.JPG
上から応援&教え中の優しき先輩キッズ。

と思えば、ごろ寝で応援!?
IMG_3265.JPG

頑張って登れたけど・・・この表情。
IMG_3276.JPG
マジ怖い&痛いっすわ状態。

あいつ・・・
IMG_3282.JPG
スゲーっすわ・・・状態。

親近感を感じるのは・・・
IMG_3348.JPG
イケイケボルダラーの彼女より

大きな砂場で遊んでる
IMG_3359.JPG
彼の方かな。

ここの砂が完全に砂では無くて小石だから楽しんだよね~。
IMG_3369.JPG
岩場の楽しみボルダリングだけにあらず。岩場の自然を存分に楽しんでくださいな。

そんな中黙々と打ち込む彼は第一期生でこの日で卒業。最終的には初段をトライするまでに成長しましたよ。
IMG_3299.JPG
最後の一手まで迫るも時間切れで惜しくも逃したけれど、そんだけ登れりゃもうクライミング教室卒業ごもっともだよね。後は放っておいてもどんどん経験を積んで上手になるだけでしょう。立場が逆転する日も近いだろう。

今回もたくさん岩に指皮くれてやったぞ。
IMG_3371.JPG
楽しかったね。
2016.03.12 Saturday

【子供クライミング教室】アヨロボルダー

IMG_2174.JPG
連日でアヨロボルダーへやってまいりました。

昨日より今日、そんな好天に恵まれました。

とはいえ、到着した時の気温は一度。恒例のウォーミングアップ、砂浜ダッシュで身体を温めまっす。
IMG_2088.JPG

そして登り。
カメラ目線。それと、マットの上でボーっとするな!!


めちゃくちゃ幸せそう。

IMG_2131.JPG
楽しそう。

IMG_2190.JPG
真剣っす。

IMG_2159.JPG
本日キレまくりだったのはこの人。

IMG_2121.JPG

IMG_2166.JPG

IMG_2209.JPG
登り中に眼鏡がズレること二回。それでもオレンジスラブ完登。六年生でオレンジスラブを登れる子って偉いよね~。

さて、年度末。実は引っ越しや学校卒業でクライミング教室では6名も卒業することとなりました。今日来てくれた子も3名卒業です。

なので3パターンも集合写真撮ってしまいました。甲乙つけがたく全部載せとく~。
IMG_2218.JPG

IMG_2219.JPG

IMG_2221.JPG
寂しくなるね~。
2015.12.05 Saturday

子供ボルダリング草コンペ 第四回HKC開催

今年もやってまいりました長谷川勘太郎カップ(HKC)2015。と思ったら2月にもやっていた長谷川勘太郎カップ。開催時期が適当です。開催はいつもクライミングジム十勝。

というわけでHKC2015改め、第四回HKCが開催されました。(第一回第二回第三回

今年は六人。三人チームで対抗戦です。

ルールはオンサイト5ポイント。その後トライ数が増えればポイントが減り、5トライ以上の完登は1ポイント。それからK点ではトライ数に関係なく5ポイント貰えます。

チーム戦なので応援にも力が入るのです!!

以下コンペの様子です。

IMG_0003.JPG
まだクライミング歴三ヶ月
IMG_0021.JPG
高さにも負けません。

IMG_0040.JPG
気になる率ナンバーワンの男。

IMG_0056.JPG
余裕のオンサイトでした。

IMG_0072.JPG
小さいからこそ軽さを生かして登ります。

IMG_0085.JPG
気持ち悪いクロスも何のその。

IMG_0114.JPG
目がいいよね。

IMG_0150.JPG
高さにも怯まないのです。

IMG_0246.JPG
ゴールに狙いを定めて。バッチリ決めました。

IMG_0296.JPG
カンテって楽しい。

IMG_0316.JPG
しっかり足を上げて安定のゴール。

IMG_0333.JPG
狭くて苦しいところ・・・。

IMG_0367.JPG
足・・・どこ?

IMG_0373.JPG
マッチでゴールだよ。

IMG_0414.JPG
ゴールはその黄色いデカスローパー!!

IMG_0469.JPG
コーナーのクライミングは得意です。

IMG_0514.JPG
この高さデットです。

IMG_0614.JPG
ゴールの瞬間!!

二課題づつ、計6課題を登ってなんとこの時点で同点。凄い拮抗だ。

勝負の行方はランジ大会へ。距離に応じて1P・2P・3P・5P・10Pです。一人3回トライ、最高30Pゲットだぜ~。
IMG_0669.JPG

IMG_0725.JPG

IMG_0741.JPG

IMG_0748.JPG

IMG_0783.JPG



ランジ大白熱の結果・・・まさかの1ポイント差で勝利チームが決まりました。本当に拮抗したなー。

IMG_0816.JPG
勝利のカメムシ軍団(子供ら命名)。真ん中の子はその中でもMVP受賞で雪眼鏡ゲットです。

更にクライミングジム十勝様より全員にチョークを頂きました。
IMG_0831.JPG
他はVOCKより手提げ袋×2ブラシ×2・どんころ野外学校よりタオル。

全員に賞品が当たりました。

課題設定は僕が全部やっている。勝手知りたる生徒さんに難しさを調度良く調整していつもり。しかしここ一番の爆発力がみんな出て登られまくっちゃいました。ふ、ふ、普段からその力を出すんだーっ!!!!と思った。

出来るかどうかの瀬戸際を攻めて設定しているので登ってくれると彼らの成長を感じれてとても嬉しいのだけどね。
2015.11.19 Thursday

天登虫キッズのおニューおろしたて

みんなで新しい天登虫Tシャツを着てパチリ。
IMG_4260.JPG

背面も見てね。
IMG_4268.JPG
みんなは天登虫が一匹だけど先生は六匹です。みんなは単色だけど先生はマーブルです。

だって、先生だから!!

この日は六人だけど、全部で13人分作りましたよ。
2015.11.15 Sunday

天登虫キッズ

今日はシルクスクリーンでっす。
IMG_3953.JPG
実は毎日せっせとクライミングホールドをシェイプしていたら腱鞘炎の兆候があり、手首に優しい仕事をばやろうと。右手首サポーターは予防です。

そう、何回も腱鞘炎になっているので腱鞘炎の兆候に敏感です。

ところで三月以降Tシャツは新しい物を出していないです。それは、Tシャツ部門の専務ちゃんご懐妊でご解任になられたからです。春から初夏にかけてひどい悪阻で、僕にとっては介護生活のようなもんでした。

その後は腹が出てきたのでシルクスクリーンをやる気分にもならず、コキも使えず・・・まあ、仕方なしという感じで。

して、この度、この季節になぜTシャツを作るのか。そして、僕がTシャツ部門に復帰したのかというと
IMG_3942.JPG
これです。

ゆっく子供クライミング教室の子供たちのチーム天登虫(てんとうむし)のTシャツを作っています。
IMG_3946.JPG
ぎゅ〜
IMG_3948.JPG
ぽん。

以前に作ってから一年が過ぎ、新しい子も入いり、みんなも成長した。

ずらーっと並ぶ新しいTシャツが出来ました。
IMG_3983.JPG

IMG_3984.JPG

今回も自分のだけ特別バージョンを作ってしまいました・・・。それは後日自慢します・・・・・・。

その繋ぎになるかどうか・・・我が家の奴郎(やっころう)くんが鼻先に米粒を付けている写真をば。
IMG_3976.JPG
米、好きなんだよね。
2015.10.29 Thursday

チビスポッター

ここいらはすっかりクライミングがオフシーズンに入った感じです。

しかしながら南富良野町総合型スポーツクラブゆっく子供クライミング教室は変わらず盛況しています。
IMG_3521.JPG

最近のブームはランジ系のようです。
IMG_3496.JPG
指の皮がズルっと剥けたりしつつ、やめられないみたい、ね。そんな頃が僕にもありました、よ。

IMG_3531.JPG
ゆっく子供クライミングではボルダリング専門施設ではないので据え置きマットがあるわけではありません。ボルダリングマットとマットレスを課題に合わせて移動させながら使用しています。

要は岩場と一緒です。

そして、場合によってはスポットに入るように指導しています。

その劇的可愛らしい瞬間がこちらです。
IMG_3526.JPG
自主的、そして瞬発的にこれが出来る子供って・・・あんまりいないと思われ。(マットが殆ど見えないけど、左上する課題なので全部左寄りにひいてあります)

「皮が剝けるような課題をやらせたり、子供にスポッターをやらせたり・・・なんてとんでもない教室なんだろう」と言う人もいるかもしれないけれど、ちょっと怪我したり、たとえスポッターでふっ飛ばされたりしてもそれも危険に対する学びだと思うんだよね~。

もちろんそうなるように仕向けるなんて事はありえないけど、そうなってしまった時、誰が悪い、彼が悪いではなく、どうしてそのような状況になって、どのように判断出来れば防げるのかという事を一緒に考えたい。

ちびちびスポッターの姿に「ウムっ」と頷くのです。


 
Powered by
30days Album