ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2014.10.07 Tuesday

スローパーのキャンパスラング

またまた注文頂きキャンパスラング作ってます。
今度はスローパーラングだぜいいぇい。

身体をいじめたいのだなぁ。いじめ抜いた先にある恍惚の達成感を目指し鍛えましょう。苦行という人生のスパイスに痺れましょうぞん。


今回のラングはツルツル仕様になっております。


両サイド使用出来るタイプ。微妙に角度が違います。ちょっと辛いとだいぶ辛いと選べるタイプです。どっちにしろ辛い!!

材は松で長さが50センチあります。前回より10センチ長いのです。その訳はスローパーでは背筋をきかせる為に幅があった方がいいのだとか・・・。マニアック&なんか偉い。そこまで考えてやってんだなぁと僕は感心してしまったよ。

明日柿渋かな。暖かいといいなー。現在22時。北海道の我が家の外はもう氷点下でカピカピに霜が降りています。
2014.09.30 Tuesday

キャンパスラング発売

 キャンパスラング、本日アップロードいたしました。

一本づつ販売いたします。


価格は一本1,380円とさせていただきました。


VOCKならではの痛くなく適度なフリクションと柿渋カラーが特長です。

さらに
こちら撮影用に切断したものをご覧ください。このように指に優しい曲線シェイプになっていますよ。

とりあえず在庫数10本ありますのでよろしければ・・・売り場はこちらです。よろしくどうぞ!!

余談ですが~、ポイズンリムーバーで吸ったから大丈夫と自信満々だった腕は

腫れ腫れパンパンでっす。熱くて痒い!!


↑クリックでVOCKのウェブショップへ
2014.09.28 Sunday

キャンパスラング その4

 専務のトレーニングというわけで今日はどんころウォールへ行って来ました。

どんころウォールに

この端切れのキャンパスラングの取り付けようと予定していた場所があるのです。


ここ、この丸太の断面。

ログハウスならではで良いとは思いませんか。

基本的にキャンパシングは前傾した壁に取り付けて行います。でもこれは垂直。ちょっときき過ぎかな。


でもまあ丸太断面の有効活用が出来たような・・・気がする。

さて、いよいよ仕上がってきたので近く販売しようかと思います。その報告はまたブログで!

また、基本は40センチですが、上記のように20センチが欲しいとか、30センチが欲しいとかのご要望にもお応えすることが出来ますよ。さすがVOCKさん!!

《今日の紛らわしかった》

レッチリのシューズと同化してしまったBOSCHのインパクトドライバー。探した~。
2014.09.27 Saturday

キャンパスラング その3


ロゴを入れて柿渋塗装をしっかり乾かしているところ。

さてさて、自分で使ってもいないものを売るわけに行かないので(さすがに量産前に一度使用感は試しておりますが)キャンパスボードを作ってみた。


キャンパスボードの作り・・・荒いっすね。まあいいか。

早速試してみる。

痛くなくて・・・イイ!!

やっぱし指が痛くないのが大切。痛くないってのは曲面が均一に緩やかで強く当たる場所がないという事です。例えば角材のまんまでキャンパシングすると角材だけに角が強く当たって痛かったりします。

痛いとトレーニングの気持ちが萎えちゃうもんね。
2014.09.26 Friday

キャンパスラング その2

 楽しくなっちゃって沢山キャンパスラング作っちゃった。

それとは別個にホールドの注文も受けておりまして、そちらも少々。

今日は暖かいので柿渋を塗ります。

塗って乾かして出三回塗り重ねます。柿渋塗装によって防虫・防腐・防水・抗菌の効果が得られます。

ぽかぽか陽気で

我々楽しくやっています。

(なぜで猫までリードが付いているのかというと、ここのところ近くのペンションに行って勝手に野良猫ご飯を食べてきてしまうので拘束されいるのです。我が家のムスビ君は膀胱に砂状の結石がたまりやすい体質なので特別食なのよ)


短いキャンパスラングは端切れ。勿体無いから作ったのです。

ちなみにこの度のキャンパスラングの素材はSPF材です。SPF材とはスプルース(Spruce、米トウヒ)、パイン(Pine、マツ類)、ファー(Fir、モミ類)の総称で建材などに使用される安価に入手できる木材であります。

VOCKのクライミングホールドは全て広葉樹系の硬い材を使いますが、VOCKの作り方でそういった材を使用してキャンパスラング作るとキャンパスラングとしてかなり高価なモノになってしまう。

構造的にSPF材でも十分なのでこの度はSPF材を使用しました。もちろん、その分価格を抑えるわけですよ!!やっぱし。

ちなみに・・・

おおよそ同サイズのメトリウスのキャンパスラングLが定価で5本約6,000円(税込)1本あたり1,200円。材は松。


およそ同サイズのsnapのキャンパスラング2が定価で5本約9,500円(税込)一本あたり1,900円。材は樫。樫は木刀などで使用される硬っい材ですよ。


ね、材によって値段が全然違うでしょう。これは材の値段、それから加工性が関係しています。

よって・・・VOCKでは・・・一本1400円(税込)・・・かな?・・・予価です。

ちなみに5本セットではなくて1本売りしようと思ってます。3本でいい人も6本欲しい人も困らないようにね~。


2014.09.23 Tuesday

キャンパスラング

 これは・・・

あれっすな。キャンパスラング。よりパワーアップを目指すクライマーさんが指のトレーニングに使います。

製作依頼をいただきました。

で、キャンパスラングなんて誰でも作れるんです。実際、僕も木工作家になる何年も前に自作したもんですよ。

しかしながら、わざわざVOCKに注文して下さったその期待に応えたい!!

そんなわけでVOCKらしく
フリクション加工。


触れる部分は磨ききらずに残すというVOCKのホールド全てに施されている加工です。

それから
この断面に見る優しいアールのインカットをご覧ください。

ちなみにキャンパスラングで最もメジャーなメトリウスさんでは

こんな感じです。

どっちが良いかというのは好みの問題ですね。

なによりVOCK最大の特徴、それはVOCKといえば工業的モノ作りと対をなす存在でありますから一本一本シェイプしてます。

もちろん同じように作ってはいるんだけど完璧な規格品とはいかないですね。それを温もりと呼んでも良かですか?


あ、フリクションを隔てる波模様は全部同じではないですよ。そういう人の手が入ってる感じがいいよね~。とかとか。

まあ、それも好みの問題なんで押し付けるつもりはないですよ。

これから柿渋塗装を行い、ロゴを入れて完成の予定。

多めに作ってウェブショップの方でも販売したいと思っております。




↑クリックでVOCKのウェブショップへ
Powered by
30days Album